富士フイルムビジネスイノベーション

トラブル対処方法

Q1:管理メニューにアクセスできなくなりました。

A:ボックス管理ツールを利用して管理メニューにアクセスしてください。

ボックス管理ツール

Q2:ポータル画面が表示されません。

A:LEDランプで授業支援ボックスが正常に動作しているか、通信ネットワークに問題がないか、ご使用のWebブラウザーでJavaScriptを有効にしているか、指定したIPアドレスが正しいかそれぞれを確認してください。

Q3:集計スキャンを実行しようとするとエラーが発生します。

A:LEDランプで授業支援ボックスが正常に動作しているか、通信ネットワークに問題がないか、LMSが正常に動作しているか、授業支援ボックスや複合機に設定したIPアドレスが正しいかそれぞれを確認してください。

Q4:集計スキャンを実行しようとするとカスタムサービスの登録が必要というエラーが発生します。

A:カスタムサービスを再登録してください。授業支援ボックスのネットワーク設定を変更したり、ソフトウェアを更新したりした場合は、複合機にカスタムサービスを登録し直す必要があります。

Q5:得点一覧で採点の手書き文字認識結果が誤っています。

A:記入した手書き文字の品質により誤認識することがあります。
採点の手書き文字を誤認識した場合は、直接LMSにアクセスし登録された採点結果を修正してください。

Q6:得点一覧で学籍番号の手書き文字認識結果が誤っています。

A:記入した手書き文字の品質により誤認識することがあります。
学籍番号を誤認識した場合は、直接LMSにアクセスし、誤った学籍番号で登録された結果ファイルを削除し、正しい学籍番号に結果ファイルを登録し直してください。

Q7:QRコードエラーまたはMISTCODEエラーが発生します。

A:授業支援ボックスで提供するフォームかを確認してください。
また、フォームをコピーして使用する場合、1世代コピー/カラーモードは白黒、原稿画質は文字写真、濃度・コントラストなどは標準・ふつうであることを確認してください。

Q8:CentreWare Internet Servicesでネットワークの接続情報を変更する場合、項目によっては授業ボックスとの間の通信が切断されます。

A:CentreWare Internet Servicesでネットワークの接続情報を変更する場合、項目によっては授業支援ボックスとの間の通信が切断されます。
その場合は、変更後のネットワーク接続情報で、授業支援ボックスに接続し直してください。

Q9:ポータル画面から管理メニューを表示しようとすると、Internet Explorerのエラー画面が表示されます。

A:WebブラウザーでJREを使用しないように設定していると、このような状態になります。Internet Explorer®の[インターネットオプション]ダイアログボックスの[詳細設定]タブで、JREを使用するように設定してください。

Q10:ソフトウェアアップデート時、USBストレージ内のアップデートソフトウェアの更新バージョンが不明と表示されアップデートできません。

A:取得先の選択からUSBを選択し直してください。
なお、USBストレージはFAT32形式でフォーマット済のもので、パーティションの変更を実施していないものが動作対象です。また、ダウンロードページからパソコンにダウンロードした圧縮ファイルを展開してできたsbxフォルダーを、USBストレージのルートにコピーしているかも確認してください。

Q11:設定したIPアドレスが判らなくなってしまった。

A:授業支援ボックスと作業用パソコンを直接イーサネットケーブルで接続して、設定したIPアドレスを確認する手順があります。
作業手順は、商品に付属のお使いいただくまえにをご覧ください。

Q12:得点一覧に貼り込まれた学籍番号や氏名の画像が欠けたりずれています。

A:印刷したフォームを確認して文字やけい線が正しく印刷されていることを確認してください。枠や文字の位置がずれている場合は、プリンタードライバーの設定を確認し指定のプリンターで印刷し直してください。

Q13:集計スキャン時に、実際のフォームのサイズとは異なるサイズでスキャンしてしまいます。

A:複合機の原稿ガイドの位置をフォームの幅にきちんと合わせて、再度集計スキャンを行ってください。

Q14:複合機の仕様設定で初期表示言語を英語に設定すると集計スキャンでエラーが発生します。

A:複合機の仕様設定で初期表示言語は日本語に設定してご使用ください。

Q15:カスタムサービスを登録できません。

A:複合機のプラグイン/カスタムサービスの署名検証機能が有効になっている場合は、複合機へのカスタムサービスの登録ができません。
複合機のCentreWare Internet Servicesの[プロパティ>セキュリティー>プラグイン/カスタムサービス設定>署名検証]で、一時的に無効に切り替えてから、やりなおしてください。

Q16:MISTCODEを使用したフォームをコピーして集計スキャンしたらMISTCODE検知エラーが多く発生した。

A:プリントしたフォームをコピーする際、カラーモードを「白黒」、原稿画質を「文字」モードの「鉛筆文字」を選択してコピーしてください。「鉛筆文字」が選択できない場合、コピー濃度を濃く(+2)してコピーしてください。

Q17:本体のソフトウェアのアップデートに失敗し、「ソフトウェアの署名が確認できない」と表示されます。

A:本体のソフトウェアのシステム・バージョンが1.2.14以前の場合、1.2.15以降へのアップデート時に「署名が確認できない」エラーが発生してアップデートに失敗することがあります。その場合は弊社カストマーコンタクトセンター(または販売店)にご連絡ください。

Q18:ソフトウェアの更新で[取得先の選択]を[Web1]にすると、「現在、ソフトウェア取得先にアクセスできません。」と表示され、ソフトウェアのアップデートに失敗します。

A:本体のソフトウェアのシステム・バージョンが1.2.26より前の場合、2021年1月以降、Web更新ができません。また、1.2.26の場合、2023年1月以降、Web更新ができません。USBによるソフトウェア更新を実施してください。