富士フイルムビジネスイノベーション

清掃

  • 清掃には、各手順で指定されたものをご使用ください。
  • 湿拭きをする場合は、水でぬらして固く絞った柔らかい布を使用してください。水気が残っていると、プリンターが故障するおそれがあります。
  • 紙粉の清掃には、一般に販売されているドライタイプの不織布の使用が効果的です。
    不織布は、軽くなでるだけで汚れや埃を拭き取ることができる、柔らかく吸着性の高いものを使用してください。薬品類や研磨剤が付いている不織布は使用しないでください。
  • ベンジンやシンナーなどの薬品類は使用しないでください。プラスチック部品の塗装、コーティングなどを傷めることがあります。
警告

プリンターの性能の劣化を防ぎ安全を確保するため、清掃には指定されたものをご使用ください。スプレータイプのクリーナーは、引火や爆発の危険がありますので、絶対に使用しないでください。

注意

プリンターの清掃を行う場合は、電源を切り、必ず電源プラグを電源コンセントから抜いてください。電源を切らずにプリンターの清掃を行うと、感電の原因となるおそれがあります。

注記

清掃したあとは、確実にカバーを閉じてください。カバーが開いたままだと、エラーになり、プリントできません。

用紙の走行

清掃すると、一時的に白点が多く発生します。清掃後に用紙走行を実施すると、清掃効果が向上します。

  1. C100%とM100%のデータをSRA3、またはA3サイズで作成します。

  2. このデータをSRA3、またはA3サイズの用紙に両面で20枚程プリントします。

外装部の清掃

  1. 水でぬらして固く絞った柔らかい布で拭きます。
    汚れが取れにくい場合は、柔らかい布に薄めの中性洗剤を少量含ませ、軽く拭いてください。

    注記

    水、または中性洗剤以外の洗浄液は、絶対に使用しないでください。

  2. 柔らかい布で、水分を拭き取ります。

消耗品(トナー/コロトロン)の清掃

清掃箇所

清掃箇所

No. 清掃項目 頻度
1 用紙トレイの清掃 毎週(トレイガイド、フィーダーカバー内のローラーに紙粉汚れが目立つ場合)
2 転写ユニットの清掃
転写ユニット部の清掃
ベルトユニット1、2の清掃
毎日
「3a」、「3b」付近 毎日(用紙前端、後端に汚れがある場合)
毎週(用紙前端、後端に汚れがない場合)
3 本体タワー部の清掃 毎週(両面プリントが多い場合)
毎月(両面プリントが少ない場合)
4 本体排出部の清掃 毎週
5 冷却ユニットの清掃 毎週
6 定着器の清掃 毎週
7 大容量トレイC3-DS右側カバー内部の清掃 毎週
注記

清掃後、ローラー表面や用紙搬送面に異物がないことを確認してください。