日本

NEVER STOP

ヘルスケア

「健康」は人々にとって最も関心が高く、重要なテーマのひとつです。誰もが医療サービスを身近に受けることができる医療インフラを整備し、医療の質的向上を推進するとともに、疾病の予防や早期発見を重視する、健康を第一に考える社会を作っていく必要があります。

疾病の早期発見

疾病の早期発見

最先端の画像診断技術やAI技術を駆使し、医療の未来を切り拓く。

私たちの医用画像情報システムはこれまで様々な医用画像診断装置から得られた膨大なデータを一元管理・解析することで、医療従事者の迅速で的確な診断をサポートしてきました。そして、診断機器のラインアップに新たにCTやMRIシステムを加え、より幅広い製品ポートフォリオを実現。医療機関の様々な診断機器を医用画像情報システムと繋ぐことで、最先端の画像処理技術やAI技術を駆使して、医師の診断をより高度なレベルでサポートしていきます。 膨大な情報量に基づいた診断精度の向上や、AI解析による病巣の見落とし防止をはじめ、画像診断の革新的ソリューションで、人々の健康への貢献をめざします。

アンメットメディカルニーズへの挑戦

アンメットメディカルニーズへの挑戦

がんや感染症など、まだ有効な治療法がない医療へのニーズに応えるため、治療法の開発に挑み続ける

「がん」「アルツハイマー」「感染症」など、世界には、未だに有効な治療法が見つかっていない病気が数多くあります。富士フイルムグループは独自の技術を駆使し、これらのアンメットメディカルニーズを克服するための治療法の開発に取り組み続けています。例えば、薬剤を患部に的確に届け、副作用を抑制して薬効を高める効果が期待できるDDS技術(ドラッグ・デリバリー・システム技術)を活用し、新たながんの治療法の創出を目指すこと。高品質なiPS細胞を提供することにより、再生医療の進歩を加速させること。さらに私たちは、医薬品やワクチンの開発に欠かせない基幹材料の供給、専用の製造設備によるバイオ医薬品の開発・製造受託を担っています。

新型コロナウイルス感染症への対応

予防・診断・治療のそれぞれの領域で、独自の技術を駆使し、世界の人々の健康を守るために闘っています。

Covid-19の対応について詳しくはこちら