日本

サステナビリティ

富士フイルムのサステナビリティ(CSR)の取り組みをご紹介します。

富士フイルムグループの創業の原点といえる写真フィルムは、製造時に「大量の清浄な水と空気」が不可欠であり、撮影前に試すことができない「信頼を買っていただく商品」です。そのため、環境保全、ステークホルダーからの信頼は当社ビジネスにとっての大前提という考え方が、事業活動の根底にあります。これが富士フイルムのCSR(企業の社会的責任)の原点であり、DNAとなっています。

富士フイルムグループのCSRの考え方

富士フイルムグループの考えるCSRとは、誠実かつ公正な事業活動を通じて企業理念を実践することにより、社会の持続可能な発展に貢献することです。

わたしたちは、経済的・法的責任を果たすことはもとより、

  1. グローバルおよび地域の様々な環境・社会課題を認識し、事業活動を通してその解決に向けた価値を提供していきます。

  2. 私たちの事業プロセスが環境・社会に与える影響を常に評価し、その継続的な改善を進めるとともに、社会にポジティブな影響を広めていきます。

  3. ステークホルダーとのコミュニケーションを通して、社会の要請や期待に適切に応えているか、私たちの活動を常に見直していきます。

  4. 積極的に情報開示を進め、企業の透明性を高めます。

 

富士フイルムグループは、持続的に発展していくための経営の根幹をなす計画として、2030年度をゴールとするCSR計画「Sustainable Value Plan(サステナブル・バリュー・プラン)2030(SVP2030)」を策定しています。この計画の下、革新的技術・製品・サービスの提供などで、事業活動を通じた社会課題の解決により一層取り組み、サステナブル社会の実現にさらに貢献する企業を目指しています。

CSR計画「Sustainable Value Plan 2030」

富士フイルムグループのCSR活動をご紹介します。環境・健康・生活・働き方・サプライチェーン・ガバナンスについては、各アイコンをクリックすると詳しい内容を見ることができます。

顧客対応

迅速・親切・的確・公平性を基本とした対応を図るとともに、お客さまの声を業務プロセスや製品開発の改善につなげる体制を構築しています。

社会貢献活動

事業活動を通じて社会に貢献するとともに、企業市民として地域社会とも積極的に交流を行い、社会の持続的発展に貢献していきます。

品質向上への取り組み

製品の安全管理の徹底と迅速な情報開示に取り組んでいます。

調達

環境配慮・環境保全を基本理念ととらえ、基準をクリアした調達を推進しています。

生命倫理

生命科学にかかわる研究・事業を行うにあたり、倫理審査を通じて、適正に推進しています。

医療機関等との関係の透明性確保への取り組み

透明性の高い企業活動を目的として透明性に関する指針を定め、情報公開を行います。

サステナビリティレポート

富士フイルムホールディングス株式会社が発行する「サステナビリティレポート」最新版およびバックナンバーは、富士フイルムホールディングスサイトにてご覧いただけます。