日本

事業領域|ヘルスケア&マテリアルズソリューション

記録メディア

デジタル化・IT化の進展とともに、社会のさまざまな分野で増え続けるデジタルデータを保存・管理するためのストレージメディアやアーカイブサービスを提供。個人情報をはじめとする重要なデジタル情報をしっかり守り、効率的に運用していくための社会基盤構築に寄与しています。

[画像]LTO Ultrium8
コンピュータ用磁気テープ(データストレージメディア)
NEW

磁気テープはデータの長期保存性能と安全性が高く、コストパフォーマンスに優れています。富士フイルムは、1959年に日本初の放送用ビデオテープを開発して以来、独自の技術を進化させ、磁気テープの性能を飛躍的に高めてきました。近年はコンピューター用バックアップテープの分野で、独自開発の磁性体「バリウム・フェライト」による大容量の磁気テープを提供し、世界各国の企業・政府・金融機関・研究機関で活用されています。

[画像]データアーカイブソリューション
データアーカイブサービス
NEW

企業などの保有するデータは、アナログとデジタル、利用頻度の高いものと低いもの、保存必要期間の長いものと短いものなどさまざまです。アナログデータのデジタル化や、利用頻度に応じて自動でメディアを使い分けて保存する、効率的なデータ運用を支援することで、保存コスト削減とデータの資産化を実現するサービスを提供しています。