日本

トップメッセージ

代表取締役会長・CEO 古森重隆(左)
代表取締役社長・COO 助野健児(右)

富士フイルムは、写真フィルムの需要が激減した2000年以降、全社一丸となって事業構造の転換を図り、複数の成長事業分野を持つ企業に生まれ変わりました。現在、「ライフサイエンス」、「メディカルシステム」、「バイオCDMO」、「医薬品」、「再生医療」などからなるヘルスケア領域、「ディスプレイ用フィルム」、「半導体材料」などの高機能材料領域、コンピューター用磁気テープなどの記録メディア領域、インクジェットデジタルプレスなどのグラフィックシステム・インクジェット領域、デジタルカメラや放送用レンズなどの光学・電子映像領域、インスタントカメラ“チェキ”「instax」などをはじめとする写真に関わるイメージング領域において、ビジネスに取り組んでいます。

特に、成長領域と位置付けるヘルスケア領域では、機能性化粧品やサプリメントの「ライフサイエンス」に加え、内視鏡などの医療診断機器や医療ITシステムなどを担う「メディカルシステム」、バイオ医薬品のプロセス開発・製造を受託する「バイオCDMO」、抗がん剤やアルツハイマー治療薬をはじめとする「医薬品」など、「予防」「診断」「治療」をカバーする総合ヘルスケアカンパニーとして幅広く事業を展開しています。

私たちは、創業以来写真事業で培った、高度かつ多彩な技術を保有しています。それは、精緻な化学反応をコントロールするファインケミストリーにはじまり、メカトロニクス、オプティクス、エレクトロニクス、各種の生産技術など、多様かつ独自性の高い専門技術であり、これらを最先端のAI・IoT技術と組み合わせることで、今までにない革新的な製品・サービスを生み出し、事業成長の加速と同時に社会課題の解決に取り組んでいます。

新たな価値創出に向けて、“Never Stop”の精神で決して立ち止まることなく挑戦を続けていく私たちに、皆さまの変わらぬご理解とご支援をお願い申し上げます。

代表取締役会長・CEO 古森重隆
代表取締役社長・COO 助野健児