日本

TB(テラバイト)超を実現する、独自のテクノロジー

ナノキュービック技術

従来の1/10の磁性層厚で、10倍以上の記録密度を実現します。

1. ナノ・コーティング技術

高分解能を実現するナノオーダーの超薄層磁性層

ATOMM技術はそれまでのミクロンオーダーの単層メタル磁性体テープに対しサブミクロンオーダーの薄層メタル磁性層を実現しましたが、さらなる高密度記録に対応する分解能を得るためには、磁性層をさらにナノオーダーにまで薄くすることが必要です。このためATOMM技術をさらに発展・精密化しナノ・コーティング技術を開発。ATOMM技術に比べ、厚み約1/10の超薄層磁性層を実現しました。

2. ナノ・パーティクル技術

媒体ノイズの大幅低減を実現する超微粒子磁性体

媒体ノイズ低減のために、サブミクロンオーダーであったATOMM技術の磁性体に対しナノオーダーの2種類の微粒子磁性体を開発しました。新たに開発した超微粒子メタル磁性体の粒子サイズは数十nmで、ATOMM技術の約1/2。また、その超微粒子メタル磁性体よりさらに小さな六角板状のバリウムフェライトも開発しています。

3. ナノ・ディスパージョン技術

新開発・特殊高分子バインダーによる均一分散技術

磁性体が微粒子になるほど均一に分散させることが難しく媒体ノイズを低減することが困難でした。この問題を解決するためにナノ・ディスパージョン技術を開発。ナノ・ディスパージョンは特殊高分子バインダーを採用し、超微粒子磁性体ひとつひとつをナノオーダーのバインダー層で均一に包むことにより磁性体同士の凝集を防止します。

1. 高分解能*1、高C/N*2により、従来の10倍以上の記録密度を実現

  1. 高記録密度に対応した高分解能
    デジタル記録での高分解能により、従来の記録ビット長領域からさらに短い領域までフラットな出力特性を実現しました。
    また、磁気エネルギーを最適範囲に制御し、高感度Magnetoresistive(MR)ヘッドで発生しやすい出力飽和による波形歪み問題を解決しました。
  2. 低ノイズによる高C/N特性
    超微粒子メタル磁性体と六角板状のバリウムフェライトの2種類の磁性体を開発し、これを均一に緻密に整列させたことで、媒体ノイズの大幅低減を実現しました。
  • *1 高分解能
    線記録密度を高くするためには、信号の磁化反転をシャープにする必要があり、孤立反転波形の半値幅(PW50)を狭く、かつ低域出力を抑え高域までの出力をフラットにする周波数特性が必要です。このためにメディアは磁性層を薄くすることが必須です。
  • *2 高C/N
    高感度Magnetoresistive(MR)ヘッドを使用したシステムは、機器ノイズが低くC/N向上のためには媒体ノイズを低減することが非常に有効です。このためメディアとしては磁性体の微粒子化が必須です。

2. 塗布型媒体ならではの優れた保存性

高分子バインダー使用の塗布型テープのため、当社評価では蒸着テープに比べて化学的な安定性が高く、長期間の保存にも優れています。

次世代の大容量データストレージテープを担うバリウム・フェライト(BaFe)磁性体

バリウム・フェライト磁性体

「NANOCUBIC技術」を進化させ、ナノ・パーティクル技術から21ナノメーターの超微粒子、バリウムフェライト磁性体を新開発。この磁性体は微粒子化しても、結晶磁気異方性によって高い保磁力を持ち、周波数特性に優れるとともに、従来のメタル磁性体よりノイズ成分が低い特性があります。さらに、ストレージ系次世代磁気ヘッドとして期待される「Giant-Magnetoresistive(GMR)ヘッド」との適合性も高く、高密度記録を実現するには欠かせない磁性体として優れた特長を持っています。

バリウム・フェライト磁性体に富士フイルムのNANOCUBIC技術を採用
NANOCUBIC +BaFe 3つの技術により成り立っています

超薄層塗布と均一分散
高密度の記録と再生を実現するために平滑なテープ表面性が必要とされ、その誤差はテープ長全体でわずか10%未満です。富士フイルムは、NANOCUBIC技術を用いて65nmという超薄磁性層を実現し、ナノ・ディスパージョン技術によってバリウムフェライト磁性体を均一に分散安定化させることに成功しました。バリウムフェライト磁性体は、磁性体を微粒子化しても高い保磁力を持っていることが特長で、微粒子磁性体、高分散技術、超薄層均一塗布技術の融合により、高密度記録を実現しました。

高SNR
BaFeテープはメタル磁性体テープとほぼ同等の再生出力が得られているにもかかわらず、ノイズ成分が非常に低く、SNRで23.5dBとメタル磁性体テープより9dB高い値を示します。

優れた周波数特性
200kfci以上の高い線記録密度領域でメタル磁性体テープより高い再生出力を示します。

「ATOMM技術」と「NANOCUBIC技術」の歴史

1989

世界初、同時重層塗布によるVHSテープ発売

1992

「ATOMM技術」発表
「Hi8 Super DC」発売
「Hi8 M221E」発売

1994

世界初、家庭用ハイビジョンテープ「W-VHS」発売
ATOMM-DISK開発

1995

2倍の高密度化を実現する「ATOMM-II技術」発表
大容量FD「Zip™ !100Disk」発売
Quantum社「DLTtape® IV」発売

1996

D-8データカートリッジ「QG-160M」発売
放送用小型デジタルカセット「DVC PRO」発売
世界に先駆け「DDS3」発売

1999

「DDS4」発売
「Zip™!250Disk」発売
「Clik!®Disk」発売

2000

「LTO Ultrium1データカートリッジ」発売

2001

次世代テクノロジー「NANOCUBIC技術」発表

2002

「Super DLTtape® I」発売
「LTO Ultrium 2 データカートリッジ」発売

2004

「DAT72 データカートリッジ」発売
「3592 テープカートリッジ」発売「NANOCUBIC技術」を採用
「LTO Ultrium 3 データカートリッジ」発売

2005

「Super DLTtape® II」発売

2007

「DLTtape® S4 データカートリッジ」新発売
「LTO Ultrium 4 データカートリッジ」新発売
 ミッドレンジ向けデータテープで初めて
 「NANOCUBIC技術」を採用