日本
終了

富士フイルムエンジニアリング 2022年度 公開講座

富士フイルムエンジニアリング 2022年度 公開講座
開催期間
2022年6月7日 - 2023年3月9日
概要

設備保全に必要な基礎教育の中で、一部の研修をリモートで開催いたします。ぜひ、設備保全教育、専門保全マン教育、自主保全教育に活用ください。

お問い合わせは富士フイルムエンジニアリングのウェブサイトからお願いいたします。

上期・下期の計2回開催する予定です。

研修名 レベル 研修目的 研修内容 時間 予定 対象
保全の基礎 基礎 保全に必要な基礎知識・技能を知る 1.保全とは、2.点検とは、3.整備とは、4.故障対応とは 3h 2022年6⽉7⽇
2023年1⽉17⽇
保全担当者
自主保全オペレーター
工具と締結部品 基礎 1.工具の管理・使用、2.締結部品
実演:壊れたねじの外し方、ねじの締め方、ねじの作り方
3h 2022年6⽉8⽇
2023年1⽉18⽇
機械図面の基礎 基礎

1.測定器、2.図面の見方書き方
実演:測定器(ノギス・マイクロ)、図面演習

3h 2022年6⽉9⽇
2023年1⽉19⽇
電気の基礎 基礎 1.電気の基礎、2.電気機器概要、3.電気の安全、4.検出器
各機器をカットモデル等で紹介
3h 2022年6⽉14⽇
2023年1⽉24⽇
振動の基礎 基礎 1.振動の原理、2.振動の基礎
実演:回転系の振動例を紹介
3h 2022年6⽉15⽇
2023年1⽉25⽇
機械要素の基礎① 保全作業に必要な機械要素知識を覚える 1.巻掛け伝導装置、2.歯車、3.クラッチ・ブレーキ
実演:Vベルト交換、チェーン交換
3h 2022年7⽉5⽇
2023年2⽉7⽇
保全担当者
機械要素の基礎② 1.軸、軸継手、2.すべり軸受、3.ころがり軸受
ベアリング交換(打ち込み、ベアリングヒーター)
3h 2022年7⽉6⽇
2023年2⽉8⽇
機械要素の基礎③ 1.配管・フランジ漏れ、2.密封装置
実演:エアー漏れ、シリンダー分解、グランドパッキン交換
3h 2022年7⽉7⽇
2023年2⽉9⽇
伝導系初級 減速機の保全作業に必要な知識を覚える 1.モータ、2.減速機の概要、3.歯車減速機、4.その他変速機
実演:伝導系取り扱い、試運転について
3h 2022年7⽉12⽇
2023年2⽉14⽇
材料 保全技術者として、主要材料の性質・特徴等の知識を習得する 1.金属材料の一般的性質、2.鉄鋼材料、3.非鉄金属材料、4.金属材料の熱処理、5.非金属材料、6.材料の選定・記号の見方 3h 2022年7⽉13⽇
2023年2⽉15⽇
腐食・防食 保全技術者として、保全活動に必要な腐食・防食の知識を習得する 1.腐食の原理、2.腐食の種類とその防食
実演:超音波厚み計による診断
3h 2022年7⽉14⽇
2023年2⽉16⽇
潤滑 保全技術者として適切な潤滑管理を実践習得する 1.摩擦の概念、2.潤滑剤、3.給油方法、4.潤滑管理、5.油汚染管理
実演:潤滑油の評価(粘度、色相、鉄粉濃度)の実演
3h 2022年8⽉23⽇
2023年3⽉7⽇
空圧 空圧装置保全作業に必要な知識を覚える 1.空圧機器、2.基本回路、3.点検ポイント、4.作業の安全
演習:基本的な回路(メーターイン・メーターアウト他)
3h 2022年8⽉24⽇
2023年3⽉8⽇
設備管理 設備保全活動(PDCA)を最適に行うために必要な用語・知識を習得する 1.保全管理と保全、2.保全管理のフロー、3.保全評価指標、4.保全費 3h 2022年8⽉25⽇
2023年3⽉9⽇
  • * リモートはzoomを予定しています。
  • * 最低開催人数は5名です。揃わない場合は、開催しない場合があります。
  • * 費用はお1人さま1回受講につき、11,000円(税込)です。
  • * 開始時間は13:00スタートを予定しています。
  • * 受講はお1人さま1台のPCからの参加でお願いします。複数人で受講する場合は、人数分お申込みください。テキストは事前にお送りいたします。
  • * 受講中の録音・録画・撮影は控えてください。
  • * リモートの他、出張教育も承っております。