日本

FUJIFILM Integrated Inkjet Solutions(FIIS)  活用事例

さまざまなBtoC製品パッケージに活用可能!「追い刷り」で包材在庫が1/2に?

「ほとんど共通、一部だけデザイン違い」なら、複数包材は不要に!
インクジェットによる「追加印刷」で、包材管理工程を大きく削減

シリーズ製品などのパッケージを製造する際、全体デザインはほぼ同じで、一部だけを変えて製造するケースは多いことでしょう。特に、お菓子やパンなどの食品、飲料、化粧品やトイレタリー商品などの日用品を製造するメーカー企業、ブランドオーナーの皆さんには、こんなケースはありませんか。

  • 同じブランドデザインで複数のフレーバー・種類の製品を製造している
  • 同じ原材料で複数産地のものを使っており、なおかつそれら産地の明記が必要
  • 海外向けの多言語展開や、各国の法規制に対応して成分表示の一部を変更したい

パッケージのデザイン・印刷には多くのノウハウが必要ですが、印刷の難しいベースデザインは従来どおり業者に任せながら、上記のような一部のデザイン・表示印刷を内製化するだけでも、実は包材在庫を大幅に削減できます。
これに対応するソリューションとして、インクジェット技術による「一部追い刷りの内製化」が注目されており、これにより包材在庫を半分以下にできるとの期待も聞かれます。

インクジェットなら、共通デザインが印刷された包材への追加印刷(追い刷り)が簡単に!

例えば、他国展開する化粧品パッケージの製品名のみを自社で追い刷りすることができれば、今まで言語別にストックしていた複数種の包材を1つのベースデザイン包材に統一できます。
各製品の包材をその都度、必要な分だけ印刷できるようになり、作り過ぎによる廃棄をなくせるほか、包材の在庫管理や印刷会社への複数包材の印刷発注などの工数が大きく削減できます。

在庫する包材種の削減で期待できる効果とは?

1. 複数包材の手配・在庫管理工程の削減

人員・工程削減

2. 廃包材の削減によるコストダウン

コストダウン

3. 廃包材の削減によるCO2排出量の削減

CO₂削減

版が不要なインクジェットシステムなら、特別なノウハウは必要なく、高品質な追加印刷が可能です。共通包材とデータの用意のみで半自動で印刷でき、一点一点内容の異なる「バリアブル印刷」なども容易に行えます。

FIISでこれを実現

富士フイルムは、自社でプリントヘッド・インクを開発製造しており、その技術をベースにさまざまな分野に向けてインクジェットプリンターを上市してきました。こうした技術やノウハウを駆使して、お客さまごとのニーズや環境に合わせてカスタマイズしたインクジェットプリントシステムを提供できるのがインクジェットインテグレーションサービス「FIIS」です。

貴社の生産ラインに合わせたインクジェットシステム開発をご検討の際には、ぜひ当社までお気軽にお問い合わせください。