日本

プレスケール業種別事例

包装(食品・医薬)関連の事例

プレスケールを用いた包装関連の事例集です。
ヒートシール、ゴム貼り合わせロール、射出成形機・金型、産業用協働ロボットの安全性評価、Intersnack社の5つの事例を掲載しております。

【動画でわかる】包装関連でのプレスケール活用事例

目次

(1)「ヒートシールの最適条件の把握と調整」の事例
お客さまの業種:食品、医薬、その他包装
圧力測定の課題:温度・時間のメーターはあるが、圧力にはメーターがないため実技での試行錯誤しか方法がないといった課題
プレスケール導入効果:時間ロス、材料ロスの削減
(2)「ゴム貼り合わせロールの仕上がり評価」の事例
お客さまの業種:ディスプレイ、他
圧力測定の課題:ゴムの厚さムラや偏芯、硬度の不均一性等により、ニップ圧分布が均一でないとラミムラや蛇行等の搬送不良が発生
プレスケール導入効果:品質ロス、時間ロスを削減
(3)「PL面当たり確認、金型・成形機の歪み確認」の事例
お客さまの業種:成形メーカー、金型メーカー、他
圧力測定の課題:PL面の各部品の高さ精度が狙いからずれることにより、強当たりし、当たるべき部品が当たらず、バリが発生
プレスケール導入効果:成形品の不具合発生の原因特定可能に
(4)「国際標準規格に示された「人と協働ロボットの衝突時の圧力値」と比較することで、適正なリスク評価を行う」の事例
お客さまの業種:自動車メーカー
圧力測定の課題:リスクアセスメントの適正な評価ができないため、協働ロボットの導入を断念せざるを得ない
プレスケール導入効果:力と圧力を一度に、高精度に測定することが可能に
(5)Intersnack社(スナック菓子の包装シーリング用途)の事例
お客さまの業種:食品業界
圧力測定の課題:シールバーの圧力測定方法をどうするべきか
プレスケール導入効果:シーリング圧力を可視化することに成功、シールの完全性が向上