日本

プレスケール業種別事例

その他関連の事例

プレスケールを用いたその他関連の事例集です。
カレンダーロール、ロール製品の巻取り、サイズプレスゴムロール、射出成形機・金型、電子写真熱定着部、産業用協働ロボットの安全性評価、軟式野球のボール衝撃圧力のピーク値・圧力分布の安定的な測定の7つの事例を掲載しております。

目次

(1)「カレンダーロールの圧力バランス調整」の事例
お客さまの業種:製紙業界
圧力測定の課題:カレンダーロールの左右の圧力バランスがよくないために蛇行・品質異常が発生
プレスケール導入効果:品質ロス、時間ロスを削減
(2)「ロール製品の巻取圧分布測定」の事例
お客さまの業種:化学(フィルム)、製紙(コート紙、機能紙)
圧力測定の課題:テンション条件の最適圧を確認する術がなく、巻ムラ/ズレ/圧力集中が起きても、状態を正しく把握、検証することが難しい
プレスケール導入効果:時間ロス、品質ロスを削減
(3)「幅切り替え時にサイズプレスゴムロールを摩耗確認」の事例
お客さまの業種:製紙(抄紙工程)
圧力測定の課題:狭幅品から広幅品への切り替え時、サイズプレスゴムロールの狭幅品種のエッジがあたる部分が僅かでも摩耗している場合、広幅品を抄紙するとスジ状のムラが発生
プレスケール導入効果:品質ロス、材料ロスを削減
(4)「PL面当たり確認、金型・成形機の歪み確認」の事例
お客さまの業種:成形メーカー、金型メーカー、他
圧力測定の課題:PL面の各部品の高さ精度が狙いからずれることにより、強当たりし、当たるべき部品が当たらず、バリが発生
プレスケール導入効果:成形品の不具合発生の原因特定可能に
(5)「熱定着時の圧力均一化による高い描画品質の維持」の事例
お客さまの業種:事務機メーカー、保守サービス
圧力測定の課題:加熱定着の際、加熱と加圧のロール間で圧力が均一でないため「部分的な定着不良」や「紙の蛇行」が発生
プレスケール導入効果:不良解析や調整の時間と手間を削減
(6)「国際標準規格に示された「人と協働ロボットの衝突時の圧力値」と比較することで、適正なリスク評価を行う」の事例
お客さまの業種:自動車メーカー
圧力測定の課題:リスクアセスメントの適正な評価ができないため、協働ロボットの導入を断念せざるを得ない
プレスケール導入効果:力と圧力を一度に、高精度に測定することが可能に
(7)「衝撃圧力のピーク値・圧力分布の安定的な測定」の事例
お客さまの業種:スポーツ
圧力測定の課題:圧電素子センサーを使用し、ボールの衝撃圧を計測したところ、ボールの凹凸や縫い目などセンサーの当たる位置により、ピーク値のバラツキ発生
プレスケール導入効果:安定した測定データを取得することに成功