日本

ミクロフィルター

非対称構造のメンブレンにより高流量、高捕捉性、耐久性を実現します。

そもそも“ミクロフィルター”とは何か?精密ろ過と呼ばれる高機能製膜の一種で、「0.1~数μm程度の微粒子・微生物をろ過によって分類するために用いる膜」と定義されています。

富士フイルムは、長年の写真事業で培った①製膜技術②精密化学技術③品質管理技術を応用して、精密ろ過フィルターを1970年に商品化しました。いくつもの技術改良を経て開発されたポリスルホン製(PSE)の膜は「非対称構造膜」という独自の膜構造を持ち、その特徴的な濾過性能を活かして様々な分野に貢献してきました。高い技術力を持つ富士フイルムだからこそ作れたアブソリュートタイプ*1のメンブレンろ過フィルターになります。
ビール、ミネラルウォーター、ワインなどの飲料ろ過、電子部品、液晶パネルなどの精密ろ過(超純水ろ過)など、国内外の幅広い産業用途で使用されています。

「非対称構造膜」とは

富士フイルム独自の膜構造で、入水側(一次側)と出水側(二次側)で、異なる孔径(ポアサイズ)が分布している膜になります。一枚のメンブレン膜内に、異なる孔径を分布させることで、大きい異物から小さい異物まで、効率的に捕捉することが可能です。同一膜内に、孔径を連続的に分布させる技術は、富士フイルムが独自に実現しました。

ロングライフ(高耐久性)の実現

従来のろ過フィルターは孔径のサイズが均一でした。これは入水側(一次側)で異物が捕捉されると、その時点で目詰まり(表面閉塞)を起こしてしまいます。これに対し、富士フイルムの非対称構造膜は、大きな粒子は表面の粗い穴で、小さな粒子は深部の緻密な穴で捕捉し、膜の厚み方向を最大限活かすことが可能です。これによりミクロフィルターの長寿命化を実現しています。

高流量の実現

一次側の孔径を大きくしているため、初期の圧損が生じづらくなっています。さらに、最も抵抗値が高い緻密層を薄くすることで、高流量を実現しています。処理流量が増えることで、お客さまの生産効率向上が期待されます。

高捕捉性の実現

富士フイルムの高い製膜技術によって、精緻な膜孔径分布を実現しています。孔径分布のバラつきも少なく、お客さまの安定生産に寄与します。