日本

導入事例

KYOTOGRAPHIE 2019

NEW

京都で開催される日本でも数少ない国際的な写真祭であるKYOTOGRAPHIE2019にて、富士フイルムFP-Z5000を採用いただきました。
限られたスペースでの大画面投写やレンズを回転させた床面投写等、FP-Z5000の特長を活かし、国内外で活躍するアーティストの作品の空間演出に用いられました。
 

京都の歴史的建造物をFP-Z5000でプロジェクション演出

富士フイルムのプロジェクターFP-Z5000を「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭*1 2019」の演出に使用した際の動画です。
スロープ状の床面投写や狭い空間での大画面リアプロジェクション等、FP-Z5000の特長を生かしたユニークな演出がされています。

  • *1 「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」は、世界屈指の文化都市・京都を舞台に開催される、日本でも数少ない国際的な写真祭です。
    京都市内の歴史的建造物やモダンな近現代建築の空間で、国内外で活躍するアーティストが作品を発表します。7回目を迎えた2019年は4月13日~5月12日に開催されました。