日本

RFIDサンプル管理システム

R-ISM®

NEW

細胞やDNA等の検体の入出庫、棚卸、保管場所等の管理を素早く、確実に実施可能なトータルソリューション

医薬品・食品・化粧品等の製造業研究所、大学、病院、バイオバンク等で保管されている、検体の入出庫・棚卸・保管管理における問題の解決が可能なトータルソリューションです。

これらの悩みをすべて解決!

  • * RFID:固有のID情報を埋め込んだICタグを無線通信によって読み書きする自動認識技術

システム構成例

使用方法

実際に使用している様子を動画にてご紹介しております。下記リンクよりご視聴ください。

  • * 深江化成株式会社のページへと遷移します。
  • * 動画は深江化成株式会社が作成したものです。

ICマルチジャケット

主要メーカー製・凍結保管用チューブ(1.5~2.0ml)対応

  • ICタグのユニークIDを用いて検体情報を管理します。
  • 後付けが可能なジャケットタイプのため、既に保管しているチューブにも装着が可能です。
  • 当社試験環境にて、ディープフリーザ(-80℃)および液体窒素下(-196℃)での保管から、取り出し直後の読み取り動作を確認しています。

ICタグリーダ

凍結状態でも、ボックスごと一括読み取り

  • ICマルチジャケットのIDの個別読み取り、またはボックスごと一括読み取りが可能です。
  • 市販品フリーズボックス(9×9、10×10)に対応しています。
  • ボックス内の保管位置情報の取得も可能です。

サンプル管理ソフトウエア

「いつ、誰が、どこに」保管したかを一元管理

  • 入出庫・棚卸・保管管理機能を持ち、検体情報の一元管理が可能です。
  • 検体ID、名前、登録者、登録日、ステータス等、様々な条件による検索で、目的の検体をスピーディに探索可能です。
  • ボックス内の検体をリストまたはマトリクス(右図)で一覧表示します。
  • 検体基本情報に加え、検体拡張情報としてオリジナルの管理項目の作成が可能です。
  • 分注・培養情報、親子関係の登録・リンクが可能です。
  • 原本情報の登録により、検体の購入都度の情報入力が不要です。
  • Excelなどの既存データの流用が可能なため、データ移行が容易です。

製品カタログ