日本

胸部X線画像病変検出ソフトウェア

CXR-AID

NEW

胸部X線画像を自動解析。病変の存在が疑われる領域を検出・マーキングし、見落し防止を支援。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

AI技術を活用し、健診・診療時の胸部単純X線画像診断を支援

撮影した胸部単純X線画像を自動解析。結節・腫瘤影、浸潤影、気胸が疑われる領域を検出しマーキング。その領域を医師が再確認することで、見落し防止を支援します。事前に処理をおこなっているため、放射線技師の手を煩わすことなく処理結果を閲覧できます。
(SYNAPSE SAI viewer 、SYNAPSE5ともにショートカットから処理結果の閲覧が可能)

CXR-AIDが候補領域の解析をおこなったのち、0~100に応じた確信度を色分けして表示。

画像単位の解析結果として、画像内の確信度の最大値が数値で表示されます。

3つの画像所見に対応

本ソフトウェアの検出対象は、主要な肺疾患の画像所見である結節・腫瘤影、浸潤影、気胸の3所見です。
健康診断や日常診療などにおけるさまざまな胸部単純X線検査で幅広く活用いただけます。

結節・腫瘤影
気胸
浸潤影
「ヒトがAI技術と共創する」富士フイルムはその先を見据える

深層学習等の新しいAI技術の進展によって、医療は次なる領域へと足を踏み入れようとしています。
ヒトがAI技術と共創することで、高い次元での医療の確立が視野に入ってきました。
富士フイルムの新しいメディカルAI技術ブランド「REiLI(レイリ)」は、さまざまなAI技術を集めそれらが共創し、新たな価値を生み出す場を作り新たな領域へと足を踏み出します。

REiLI(レイリ)の由来:日本語で聡明・賢いさまを表す言葉「怜悧(れいり)」を意味します。

システム構成例