日本

ER・ICUソリューション

救急や集中治療室といった多忙な現場での運用やエビデンス管理を支援します。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

使いやすさを追求し、多忙なスタッフを支援

ERやICU、NICUでは、重篤な状態にある患者様のさまざまな医療データをすばやく把握することが求められます。富士フイルムのER・ICUソリューションを活用することで、ERやICU等における患者様のあらゆる医療情報を迅速・正確に記録し、一元管理することが可能。操作性の簡素化や見やすく使いやすい画面構成など、多忙なスタッフの負担を軽減するための工夫を随所に施しています。

生体情報モニタや人工呼吸器などの医療機器と接続することで、数値情報を自動取得でき、業務の負担軽減に貢献します。メーカーを選ばず多種多様なME機器を接続可能です。

注射指示、持続薬投与指示、呼吸器指示などを表示する指示簿を、自施設の運用スタイルに合わせて見やすくカスタマイズ。ICUに特化した詳細な指示入力が可能です。

APACHEⅡや、SOFAなど各種スコアリング機能にも対応。算出に手間のかかる重症度評価の計算を自動化します。