日本

手術室情報システム

Prescient® OR

NEW

術中麻酔に関連する各種情報やバイタルサインデータを正確に記録、一括管理。スタッフの手間を軽減。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

手術室の情報記録をもっと素早く、より正確に、簡単に一括管理。

手術室情報システムPrescient® OR は、手術に関連するさまざまな情報やバイタルサインデータを正確に記録、一括管理します。
手術のオーダー受信やスケジュールの作成といった術前作業から、術中の麻酔記録や看護記録、術後の退室時状態・術後回診に至るまで、
手術の進行に生じる煩雑な作業からスタッフの手間を軽減し、より集中した治療に専念していただけるよう支援します。

手術室の情報記録をもっと素早く、より正確に、簡単に一括管理

オープンインテグレーション

マルチベンダーとの接続に対応したシステムです。
異なるメーカーの医療機器が混在する環境でもシステム構築が可能です。(既存の医療機器の有効活用)

スクロール可能なナビゲーションバー

手術業務フローに合わせた機能ボタンをナビゲーションバーに集約、麻酔法や術式毎にナビゲーションバーをカスタマイズできます。

豊富な画面構成・カスタマイズも可能

例えば、縦型タッチパネルディスプレイでスクロールなしの入力を実現できます。表示画面の構成をユーザーが使いやすいようにカスタマイズできます。

ワークフロー

麻酔記録

術中のバイタルサインデータを自動的に刻々と記録、麻酔器や手術室内の各種ME機器データを取り込み、麻酔記録に反映します。画面構成は医師が使いやすいようにカスタマイズできます。また、術中記録はナースステーションや医師控室からリアルタイムに参照が可能です。

豊富な画面構成・カスタマイズも可能

表示画面の構成を医師が使いやすいようにカスタマイズ可能。例えば、縦型タッチパネルディスプレイでスクロールなしの表示を実現するなど、入力の手間を軽減し、より診療に集中できるようサポートします。

麻酔記録画面の特徴

使いやすいナビゲーションバー

ナビゲーションボタンを大きく表示。
ナビゲーションバーはスクロール可能なので、画面に入りきらないボタンを簡単に探せます。
タッチパネルディスプレイならではの動きで快適に操作いただけます。
ナビゲーションボタンの配置は施設毎の業務フローに合わせてカスタマイズが可能です。

好みに合わせて選択できるインターフェースカラー

画面構成をカスタマイズできるほか、インターフェースカラーは2パターンご用意。医師の好みや現場の環境に合わせて使いやすい方を選択できます。

わかりやすい患者属性欄

術前回診・術後回診

タブレット端末を利用することで、術前回診・術後回診に必要な情報をベッドサイドで容易に入力、表示が可能です。

術前麻酔回診ページ

術前看護回診ページ

手術スケジュール

リアルタイムスケジューリング

手術進捗状況を一画面で表示し、簡単に把握できます。スケジュールが遅延した場合は、自動で予定を繰り下げます。麻酔記録の操作と連動し、色や濃淡で手術の進捗状況をお知らせします。

ステータスモニター

大型ディスプレイに手術スケジュールを表示します。表示内容は患者名や感染症情報の有無等が設定できます。

看護記録

看護記録をより簡単にわかりやすく。必要なさまざまな機能を搭載。
また麻酔記録・看護記録間の相互連携で輸液・輸血情報・尿量情報・出血量など、さまざまなデータが相互に反映します。

術中クリニカルパス

入室から退室まで、術式毎に作成が可能です。

術中情報のデータ共有

シェーマを簡単作成

テンプレート化されたシェーマを用いて編集することで、簡単に素早く作成できます。

手術オーダー連携機能

手術オーダー連携

手術室・スタッフスケジューリング機能

手術スケジューリング

手術予定表印刷

術前麻酔情報
術前検査情報
麻酔記録
手術確定情報
術後情報

周術期麻酔情報管理機能

術前看護情報
看護計画
準備器材
術中看護記録
術後看護情報

コスト情報管理機能

コスト伝票作成

台帳機能

手術台帳作成
麻酔台帳作成

WEB機能

手術申込状況一覧表示
手術進行状況一覧表示
麻酔記録参照
術中麻酔記録参照

外部接続

電子カルテ(病院情報システム)接続
生体モニタ接続
麻酔器接続
手術室 各種ME機器接続

  • 麻酔深度モニタ
  • 連続心拍出量計
  • 人工心肺装置
  • 血液ガス分析装置
  • シリンジポンプ など

検索機能

症例検索

統計機能

診療科別統計
麻酔法別統計
手術室利用状況統計
麻酔科医別統計
麻酔学会統計
偶発症例調査統計
偶発症例記録表 など

マスタメンテナンス

-

障害時対応機能

-

製品名

手術室情報システム Prescient® OR

本製品は、利用者に対する安全性と品質を確保するために、ヘルスソフトウェア推進協議会のGHS開発ガイドラインに準拠して開発されています。

GHSマークについては、こちらをご参照ください。