日本

6000システム LCI/BLI画像アトラス

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

榊 信廣 先生

早期胃癌検診協会茅場町クリニック 榊 信廣 先生、 中島 寛隆 先生 
医療法人社団同友会 春日クリニック 太田 秀二郎 先生
順天堂大学附属浦安病院 稲見 義弘 先生

消化器内視鏡の進歩には目を見張るものがあります。胃カメラ、ファイバースコープから電子スコープに変わり、優れた特徴を持つ機器が次々に開発されてきました。光源もタングステン電球からハロゲンランプ、そして電子スコープではキセノンランプが用いられてきました。その進化系が富士フイルム株式会社で開発された、LED光源(6000システム)とレーザー光源(LASEREO:7000システム)です。

LED光源搭載内視鏡システムは、高出力LED照明を用いており、私が使用した印象では全体が明るくバランスがとれた色調で診断しやすい画像が得られました。さらに、白色光と短波長狭帯域光を併用し画像処理を加えることで優れたLCI(Linked Color Imaging)画像およびBLI(Blue Light Imaging)画像を得ることができます。これらの画像強調によって、例えば、長く診断できないと思われていた腸上皮化生が、LCIでは紫色、BLIでは緑色の局面として診断しやすくなりました(図1)。

本アトラスではLED光源搭載内視鏡システムで撮影した代表的な食道、胃、大腸病変を紹介いたしますが、その中で「京都分類による胃炎診断」を特に取り上げました。ピロリ未感染者が増加すると共に、2013年にピロリ胃炎に対する除菌治療が保険適応になったために、内視鏡検査で観察される日本人の胃粘膜は大きく変わりました。今から50年前には日本人成人の90%前後はピロリ現感染者であったと推測されますが、2018年7月に我々の施設で内視鏡検査を受けた方では、その61%は未感染胃、32%が既感染胃で、現感染胃は7%に過ぎませんでした。

ピロリ未感染・現感染・既感染のそれぞれで発生する胃癌の内視鏡所見が大きく異なることが分かってきました。そのために胃の観察においては、最初に「胃炎の京都分類」を参考にしてピロリ感染状態を鑑別して、それぞれ異なる視点で胃癌を探していくことが効率的な検診につながると考えています。

早期胃癌検診協会 榊 信廣

食道 GERD

2時方向に短い線状の粘膜発赤が見られ、LCIでは9時と7時方向に柵状血管像を認めた。BLIでは2時方向に線状、7時方向に舌状のbrownish mucosaの伸び出しが見られた。

早期胃癌検診協会附属茅場町クリニック 中島 寛隆 先生 提供

使用機種:EG-6600R

食道 Barrett 上皮

白色光で扁平上皮(sq)、Barrett上皮(Ba)、胃粘膜(Ga)の粘膜像が見られた。Barrett上皮表面にはLCIで柵状血管、BLIではHoneycomb様の微細血管と扁平上皮島(矢印)を認めた。

早期胃癌検診協会附属茅場町クリニック 中島 寛隆 先生 提供

使用機種:EG-6600R

腸上皮化生

白色光観察では診断困難な症例が少なくないが、 LCI観察を利用すると腸上皮化生はラベンダー色として診断しやすい。

早期胃癌検診協会 提供

使用機種:EG-6600R


a 白色光観察でも観察可能な前庭部の隆起型腸上皮化生

使用機種:EG-6400N
 b 白色光観察では診断困難な前庭部の平坦型腸上皮化生

使用機種:EG-6400N
c 白色光観察では診断困難な胃体部の平坦型腸上皮化生

胃癌 Gastric cancer H. pylori 既感染( 除菌成功例)

胃体部後壁の病変である。白色光で軽度の粘膜不整が見られ、LCIでは粘膜不整部位に一致して、黄白色と淡いマゼンタの色調変化が認められた。BLI-brightではbrownishな顆粒状の粘膜変化が見られ、同部位のBLIの接写像では僅かな粘膜模様の不整が認められた。高分化型腺癌の所見であった。

早期胃癌検診協会附属茅場町クリニック 中島 寛隆 先生 提供

使用機種:EG-6600R

大腸過形成性ポリープ

上行結腸の6mm大の扁平隆起。WLIでは光沢のあるわずかな発赤、LCIでは白色調と赤色調の部分があることが認識できる。BLIでは赤色調の部分に密に表面微細血管が観察された。EMR後の組織診断は過形成性ポリープだった。

医療法人社団 同友会 春日クリニック 太田 秀二郎 先生 提供

使用機種:EC-6600P

大腸 LST-NG

白色光観察において、上行結腸のひだ上に25mm大のLST-NG病変を認める。LCI観察では通常粘膜よりやや韓紅色が強く認め、病変の視認性は向上される。BLI-bright観察では病変部の腺管構造は全体的にⅢL pit patternを呈する。

順天堂大学医学部附属浦安病院 稲見 義宏 先生 提供

使用機種:EC-6600P