日本

ARIETTA 650 DeepInsight

NEW

コンパクトな筐体でありながらDeepInsight技術をはじめとした高画質技術を搭載、臨床領域や検査環境を選ばず質の高い診断を支えるミッドハイレンジモデル。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

超音波のルーチン検査が変わる。 未来基準の「画質」と「使いやすさ」

先進の「DeepInsight」技術を、コンパクトなボディに惜しみなく注ぎ込みました。いつでも、どこでも、だれでも、「リアルな」高画質での検査が実施可能です。めざしたのは超音波検査の「未来基準」。ARIETTA 650 DeepInsightが超音波診断装置の新たな価値を提供します。

超音波画像の未来がはじまる

「DeepInsight」は富士フイルムヘルスケアが提案する超音波画像の新しい形です。「画質の正確性」、「診断の再現性」、「検査の効率性」。高まりつづける要求に応えるべく、富士フイルムヘルスケアは培ってきた技術のすべてを集約し、超音波画像のより深い表現力を追い求めていきます。富士フイルムヘルスケアの考える、これからの超音波画像が備えなければならない条件は5つです。この条件をすべてクリアする超音波画像の理想形、もしくは、実現するためのテクノロジーやイノベーション、それが「DeepInsight」です。

ARIETTA 650 DeepInsightが提案する3つの画像技術

新しいデノイズ技術であるDeepInsight技術、eFocusing LITE、Carving Imagingの組み合わせで組織からの信号を余すことなく表現し、より依存性の少ない高画質を実現します。

DeepInsight Technology

画質処理開発においてAI技術*1を使用したDeepInsight技術は、膨大な情報から必要な情報のみを抽出し、ノイズに埋もれていた微細な組織や複雑な組織構造をより明瞭に表現することが可能となりました。より自然な表現で組織を描出します。
 

  • *1 AI技術のひとつである機械学習を用いて開発・設計したものです。実装後に装置の性能・精度は変化することはありません。

eFocusing LITE

フルフォーカス機能で画像の均一性と感度の向上を実現します。

Carving Imaging

組織構造の視認性を追求した「見やすい」画像を実現します。

DeepInsight OFF

DeepInsight ON

質の高い「音」を極限まで研ぎ澄ます技術がさらに進化。コンパクトな装置に高画質を提供します。

練りこまれたエルゴノミクスデザインと数々の新機能が、スムーズなワークフローをサポートします。

幅広い臨床領域に対応する様々なアプリケーションをラインアップ。新たな臨床価値の創造に貢献します。

販売名

超音波診断装置 ARIETTA 650

医療機器認証番号

303ABBZX00058000

製造販売業者

富士フイルムヘルスケア株式会社

* ARIETTA 650はARIETTA 650DeepInsightと呼称します。