日本

ワイヤレス超音波画像診断装置

プローブとの接続ケーブルが不要な、ワイヤレスタイプの超音波画像診断装置です。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

「iViz air」は、軽量コンパクトでしかもプローブとの接続ケーブルが不要なため、さまざまな場所に持ち運びがしやすく、検査時の取り回しもスムーズに行えます。

隔離病棟やベッドサイドで超音波画像診断装置を使用する場合、感染対策として都度、カバーを装着し、消毒を行う必要があります。特に操作ボタンやケーブルは、接触頻度が高く、感染対策には多くの手間がかかります。
ワイヤレス超音波画像診断装置「iViz air」は、ケーブル不要かつコンパクトで、操作部もシンプルなため、感染対策がしやすく、検査業務の負荷軽減に貢献します。

  • コンパクトなのでカバーをかけやすい
  • ワイヤレスなのでプローブ全体をカバーできる
  • 本体にボタンがなく清掃がしやすい
  • タッチパネル画面はディスポ袋上から操作が可能

取扱説明書より清浄・洗浄・消毒などのお手入れ方法を記載した箇所を抜粋した「iViz air 清浄・洗浄および消毒ガイド」を提供しています。皆さまのさらなる院内感染予防に向けて、ご活用ください。