日本

参加型写真展「“PHOTO IS”想いをつなぐ。あなたが主役の写真展2021」

10月8日より全国10会場で順次開催

全作品を11月19日よりオンラインでも公開

ニュースリリース

2021年10月8日

富士フイルム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長・CEO:後藤禎一)は、写真を撮る喜び、プリントして飾る楽しさを多くの方に感じていただくため、参加型写真展「“PHOTO IS”想いをつなぐ。あなたが主役の写真展2021」を10月8日から12月12日の期間に、全国10会場※1で順次開催します。まずは、10月8日より富士フイルム東京本社の「フジフイルム スクエア」および東京ミッドタウンの東京会場にてスタートいたします。なお、会場での展示は、新型コロナウイルス感染拡大の防止策を十分に講じたうえで実施いたします。また会場にご来場いただけない方にも本写真展をお楽しみいただけるよう、すべての出展作品※2を11月19日よりオンラインでも公開いたします※3

[画像]2019年に開催された際の会場の様子

2019年に開催された際の会場の様子

応募作品
[画像]応募作品/light shines on
[ロゴ]あなたが主役の写真展
タイトル
light shines on
この写真にこめた想い
コロナ禍で遠出できなかったけど・・・

「“PHOTO IS”想いをつなぐ。あなたが主役の写真展」は、応募者全員の作品を“その写真に込められた出展者の想い”とともに展示する写真展です。今年は、テーマやジャンルを問わない「お気に入りの1枚」部門に加え、「元気のもと」部門を新設。子供のあどけない笑顔や愛らしいペットなど、見ているだけで心が元気になる素敵な作品が多数集まりました。この他にも、日ごろスマホで撮影している写真をプリントして展示する「インスタグラム」部門を設けています。また、本写真展の趣旨に賛同いただいた複数の企業との共同企画も同時開催いたします。

今年の応募作品は、0歳から101歳まで幅広い年齢層の方から計31,581点をご応募いただきました。作品全体のうち、スマホを使って応募された作品※4の応募比率は2019年の53%から63%に増加しました。

コロナ禍で旅行やイベント、実家への帰省などを控える日々が続く中、今年は、以前のような生活に戻りたいというメッセージが添えられた作品や、家族や友人との何気ない日常の瞬間を切り取った作品が例年以上に多く寄せられました。これらの写真を通して、身近なところに小さな喜びや大切なものがあることを改めて感じていただきたいと思います。写真の持つチカラをぜひご体感ください。

「想いをつなぐ」をテーマとする本写真展の会場では、共感した作品の出展者へメッセージをお届けする『絆ポスト』を設置しています。出展者が写真に込めた想いを書き添えて展示し、それを見た来場者が出展者に想いを返すという写真を通じたコミュニケーションが、新たな“絆”を生み出します。

[画像]応募作品例
[画像]絆ポスト 投稿例
作品に寄せられた絆メッセージ(イメージ)
かわいくてたまらないという気持ちがひしひしと伝わってくる1枚ですね!どんな写真をとっているのかとっても気になります!!

オンライン開催では、今年ご応募いただいたすべての作品を、「タイトル」、「作品に込めた想い(メッセージ)」、「氏名・ニックネーム」とともに、2021年11月19日より本写真展のウェブサイト内特設ページにて公開します※3。展示会場や氏名、タイトル、メッセージから作品をテキストで検索でき、気になるキーワードで検索した作品を一覧にして見比べるなど、オンラインならではの楽しみ方をご提案いたします。

さらに、2021年10月8日~2022年1月30日の期間に、本写真展の公式ウェブサイトで、“想い”を伝えたい方へ写真にメッセージを添えてお届けする「今だから届けたいフォトレター」企画を実施します。一緒に行って楽しかった旅行の思い出を友達と共有したり、遠方でなかなか会えないおじいちゃん、おばあちゃんへ元気な孫の姿を見せたり、「フォトレター」を通じて、皆さまの「想い」をつなぐお手伝いをいたします。

富士フイルムは、今後も多様化するお客さまのニーズにお応えし、便利で付加価値の高い商品・サービスをご提供するとともに、「撮る、残す、飾る、そして贈る」という写真本来の価値を伝え続けていきます。

  • ※1 新型コロナウイルスの感染拡大防止策を十分に講じるために、作品募集時にご案内した会場と開催日程を一部変更しました。
  • ※2 「インスタグラム」部門の作品は対象外となります。
  • ※3 オンラインでの公開を希望されなかった応募者の作品は、非公開にいたします。
  • ※4 「写真プリント部門」で撮影機材に「スマートフォン」を使用した作品と、「スマートフォン部門」(「インスタグラム部門」含む)の応募作品。

1. 開催概要

開催期間

2021年10月8日~12月12日 全国10会場で順次開催(入場料:無料)

開催会場

全国10会場(札幌・仙台・東京・石川・名古屋・大阪・広島・愛媛・福岡・沖縄)

専用サイトURL

2. 展示部門

(1)「お気に入りの1枚」部門

専用台紙での応募作品
[画像]
[ロゴ]あなたが主役の写真展
タイトル
背比べ
この写真にこめた想い
高校生の放課後
ウェブサイトからの応募作品
[画像]
[ロゴ]あなたが主役の写真展
タイトル
ママの目に映る幸せ
この写真にこめた想い
春に家族でネモフィラを観に行った時の1枚です。綺麗なネモフィラと雲一つない青空、そして愛する家族の姿。この一瞬を忘れたくない!と撮りました。

(2)「元気のもと」部門

専用台紙での応募作品
[画像]
[ロゴ]あなたが主役の写真展
タイトル
はじめてのおうちプール
この写真にこめた想い
夏の思い出
ウェブサイトからの応募作品
[画像]
[ロゴ]あなたが主役の写真展
タイトル
家族旅行で誕生日のお祝い
この写真にこめた想い
ワンコが子供の我が家。毎年お母さん(私)の誕生日はお父さんの夏休みなので旅先でお祝いしてもらってます。

(3)「インスタグラム」部門

応募作品
#おうち時間
[画像]おうち時間 応募作品
#大切な家族
[画像]大切な家族 応募作品
#最高の仲間
[画像]最高の仲間 応募作品
#誰かに見せたい景色
[画像]誰かに見せたい景色 応募作品

3. 特別企画

「心に響いた100選」(専用台紙から応募された作品限定)

著名人・プロ写真家10名が、選出した合計100作品を「心に響いた作品」として特別展示します。

また、著名人・プロ写真家ご本人の作品も展示します。

著名人
 小山薫堂さん、佐野史郎さん、Dream Ayaさん、広瀬すずさん、松任谷正隆さん
写真家
相原正明さん、織作峰子さん、鶴巻育子さん、むらいさちさん、善本喜一郎さん (五十音順)

4. 共同企画

今年も本写真展の趣旨に賛同いただいた複数の企業との共同企画を開催します。

(1)アニコム損害保険「どうぶつ変顔展」

応募作品
[画像]

ついついクスっと笑ってしまうような、見た人を笑顔にしてくれるペットの愛おしい変顔写真を展示します。

タイトル
ねむいにゃ~
この写真にこめた想い
アクビしてるところがたまたま撮れました。小さいお口を一生懸命開けています。

(2)ノハナ「家族の笑顔」

応募作品
[画像]

ひとつひとつの家族に笑顔が咲けば、世の中はきっと幸せに満ちてくる。日々生まれる、抱えきれないほどの愛情が込められた家族の笑顔溢れる写真を展示します。

タイトル
軽井沢に全員集合!
この写真にこめた想い
5年に一度、大好きな軽井沢に都合を合わせて、集合して、写真を撮ります。いつまで、全員集合できるかな。

(3)ハウス食品グループ本社「おいしい笑顔写真」

応募作品
[画像]

ご家族の団らんやお子さまの食事風景、仲間や友人との食事会の思い出などの「おいしい笑顔写真」を展示します。

タイトル
2人だと2倍おいしい!
この写真にこめた想い
妹がアイスを食べていると、お兄ちゃんがぼくもー!と一緒に食べ始めました。2人で食べると美味しいね!

(4)ベネッセコーポレーション<こどもちゃれんじ>「じぶんでできた!」

応募作品
[画像]

「できた!」の達成感を親子でわかちあえる、お子さまの写真や、お子さまが撮影した写真を展示します。

タイトル
トマト収穫!
この写真にこめた想い
プランターで育てたトマトを収穫!収穫したトマトは私が全部食べるよ(^^)

5. 開催スケジュール(全国10会場)

新型コロナウイルスの感染拡大防止策を十分に講じるため、作品募集時にご案内していた会場および会期日程を一部変更し、下記スケジュールで開催いたします。

都市 会場名※5 期間
東京会場 フジフイルム スクエア/東京ミッドタウン 10/8(金)~10/13(水)
札幌会場 札幌ファクトリーホール※6 10/23(土)~10/25(月)※6
仙台会場 せんだいメディアテーク※6 12/10(金)~12/12(日)※6
石川会場 イオンモール白山※6 11/12(金)~11/14(日)※6
名古屋会場 名古屋コンベンションホール※6 11/12(金)~11/14(日)※6
大阪会場 グランフロント大阪  10/29(金)~10/31(日)
愛媛会場 エミフルMASAKI 10/15(金)~10/17(日)
広島会場 紙屋町シャレオ シャレオ中央広場 11/19(金)~11/21(日)
福岡会場 ソラリアプラザ 11/5(金)~11/7(日)
沖縄会場 サンエー宜野湾コンベンションシティ※6 10/29(金)~10/31(日)※6
  • ※5 新型コロナウイルス感染拡大に対する政府および自治体の指針に従って、各会場での開催を中止する場合がございます。
  • ※6 作品募集時にご案内していた会場、会期日程から変更いたしました。

6.本写真展に連動した特別企画 「今だから届けたいフォトレター」(本写真展の公式ウェブサイト限定企画)

専用フォームに写真とメッセージをプリントした「フォトレター」(ましかくプリント152 mm×152mm)に、おうちでも飾れるフォトスタンドを同梱して、送りたい相手の方にお届けいたします。本写真展の公式ウェブサイトにて、お申込みいただけます。お申込み価格は1件300円(税・送料込)です。

(実施期間:2021年10月8日~2022年1月30日)

遠方に住むおじいちゃん、おばあちゃんに元気な孫の姿を見せるなど、富士フイルムは「フォトレター」を通じて、皆さまの「想い」をつなぐお手伝いをいたします。

[画像]フォトスタンド使用イメージ
[ロゴ]THIS IS MECENAT 2021

本写真展は、2021年、公益社団法人企業メセナ協議会※7より、「芸術・文化振興による社会創造活動」として「THIS IS MECENA 2021」の認定を受けております。

  • ※7 企業による芸術文化支援(メセナ)活動の活性化を目的に1990年に設立された、日本で唯一のメセナ専門の中間支援機関。

2021年7~8月に「フジフイルム スクエア」で開催し、ご好評いただきました企画写真展「日本人の魂・富嶽今昔(こんじゃく)三十六景」~北斎と4人の巨匠たち~で、展示した日本を代表する写真家4名の個性あふれる富士山の作品の一部を迫力の銀写真プリントで、下記の会場で展示いたします。

展示会場
札幌会場、仙台会場、名古屋会場、大阪会場、広島会場、福岡会場の6会場
[画像]「山波」撮影:岡田紅陽、収蔵:岡田紅陽写真美術館

「山波」
撮影:岡田紅陽 
収蔵:岡田紅陽写真美術館

[画像]南アルプス千枚岳から「雲海と富士」、 撮影:白簱史朗 

南アルプス千枚岳から「雲海と富士」
撮影:白簱史朗 

[画像]山梨県勝山村(現富士河口湖町)から「桜と富士」、 撮影:竹内敏信

山梨県勝山村(現富士河口湖町)から「桜と富士」
撮影:竹内敏信

[画像]©Yukio Ohyama

©Yukio Ohyama

忍野村を拠点に「富士山写真」の礎を築いた岡田紅陽氏(1972年没)、世界の山々を写真で制覇した山岳写真の第一人者白簱史朗氏(2019年没)、写真で「日本人の原風景」として富士山を希求し続ける風景写真家 竹内敏信氏、富士山麓に居を構え、日々第一線で富士山を撮り続ける大山行男氏の4名による、四季折々に刻一刻と姿を変える富士山に心を奪われ、その魅力をそれぞれにとらえた巨匠達の作品を展示いたします。

お問い合わせ

報道関係

富士フイルムホールディングス株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報グループ

お客さま

富士フイルム“PHOTO IS”事務局

(月~金 午前10:00~午後5:00/土・日・祝日・年末年始を除く) 

公式ウェブサイト
公式フェイスブック
公式インスタグラム

  • * 記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。