日本

「フジノンレンズXF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR」新発売

ミラーレスデジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズのラインアップを拡充
焦点距離150mm-600mmをカバーする超望遠ズームタイプが登場!

軽量設計、強力な手ブレ補正機構、高速・高精度AFにより高画質な写真撮影を手持ちで楽しめる

ニュースリリース

2022年5月31日

富士フイルム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長・CEO:後藤 禎一)は、独自の色再現技術による卓越した画質と小型軽量を実現するミラーレスデジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズ「XFレンズ」のラインアップとして、「フジノンレンズ XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR」(以下、「XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR」)を2022年7月14日に発売します。

「XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR」は、望遠150 mm-超望遠600mm(35mm判換算:229mm-914mm相当)の焦点距離を備えたズームレンズです。軽量設計により、質量約1605g※1を実現。強力な手ブレ補正機構や高速・高精度AFも搭載し、優れた機動性を発揮します。遠く離れた、野生動物・野鳥やスポーツ選手の撮影などで、手持ちで高画質な写真撮影をお楽しみいただけます。

[画像]「XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR」

「XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR」

[画像]ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-H2S」装着時

ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-H2S」装着時

「XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR」は、「XFレンズ」史上最長※2となる超望遠600mm(35mm判換算:914mm相当)の領域まで撮影できるズームレンズです。また、レンズの焦点距離を拡大するテレコンバーター「XF2X TC WR」との組み合わせにより、最大1200mm(35mm判換算:1828mm相当)までの焦点距離をカバー。野生動物・野鳥撮影では撮影距離にとらわれない自由なフレーミングでの撮影や、スポーツ撮影でも広大な競技場にいる選手の動きをとらえ続けた撮影が可能です。

「XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR」は、EDレンズ3枚とスーパーEDレンズ4枚を採用した17群24枚のレンズ構成により、色収差を徹底的に抑制。画像中心部から周辺部までズーム全域で高い解像性能を発揮します。また、幅広い撮影距離をカバーするズームレンズでありながら、軽量設計により質量約1605g※1を実現。さらに、ズーム時のレンズの全長が一定となるインナーズーム方式により、ズーミングによる重心バランスの変化が少ないため、安定した手持ち撮影が可能です。このほか、5.0段※3の手ブレ補正機構や最短約0.15秒※4のAFも備えているため、決定的瞬間を逃しません。

当社は、「XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR」を加えた豊富なレンズラインアップで幅広い撮影領域をカバーし、「Xシリーズ」での撮影の楽しみを提供していきます。

  • ※1 レンズキャップ、レンズフード、三脚座を除いた質量。
  • ※2 2022年5月31日現在。
  • ※3 CIPA規格準拠ピッチ/ヨー方向。
  • ※4 CIPAガイドライン準拠、内部測定方法。「FUJIFILM X-T4」装着時。位相差AF使用時、ハイパフォーマンスモードON時の広角端でのAF速度。

1. 製品名、発売日、価格

製品名 発売日 希望小売価格(税込)
「フジノンレンズ XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR」 2022年7月14日 322,300円

2. 製品特長

(1)高画質を追求した、「XFレンズ」史上最長の超望遠ズームレンズ
  • 望遠150 mm -超望遠600mm(35mm判換算:229 mm -914mm相当)の焦点距離を備えたズームレンズです。「XFレンズ」史上最長となる超望遠600mmにより、遠く離れた、野生動物・野鳥やスポーツ選手などの撮影に最適です。
  • テレコンバーター「XF2X TC WR」「XF1.4X TC WR」に対応。なかでも「XF2X TC WR」との組み合わせにより、焦点距離300mm-1200mm(35mm判換算:457mm-1828mm相当)をカバーします。
  • EDレンズ3枚とスーパーEDレンズ4枚を含む17群24枚のレンズ構成により、超望遠レンズ特有の色収差を徹底的に抑制。ズーム全域で画像中心部から周辺部まで高い解像性能を発揮します。
  • 放送用レンズに使用される、当社独自の多層コーティング処理「HT-EBC(High Transmittance Electron Beam Coating)」をレンズ全面に施すことで、24枚のレンズを採用しながらも高い透過率と低い反射率を実現。シャープでクリアな写真を撮影できます。
[図]EDレンズ3枚とスーパーEDレンズ4枚を含む17群24枚のレンズ構成

EDレンズ3枚とスーパーEDレンズ4枚を含む17群24枚のレンズ構成を採用。

[画像]© Kiko Arcas

© Kiko Arcas

超望遠600mm(35mm判換算:914mm相当)の焦点距離を生かし、遠くの被写体を大きくクローズアップした写真の撮影が可能。

(2)軽量設計とタフネスの両立により、シーンを問わず長時間での撮影の負担を軽減
  • レンズ前玉にスーパーEDレンズを2枚使用することで、高い解像性能を維持しつつ、レンズ鏡筒の小型化を図るなど軽量設計を追求。超望遠600mm(35mm判換算:914mm相当)でありながら、質量約1605gを実現しています。
  • レンズ鏡筒をシンプルな構造にできる全長一定のインナーズームを採用。軽量化と同時に、重心バランスの変化が少ない快適なズーミングを可能とします。
  • レンズ構成を支えるレンズ内部のベースフレームにマグネシウム合金を採用し、高剛性と軽量性を両立しています。
  • レンズの本体色には、レンズの温度上昇を抑制するマットシルバーを採用。さらに、鏡筒の19ヶ所にシーリングを施した防塵・防滴・-10℃の耐低温構造を備えているため、炎天下や悪天候下での長時間撮影にも安心して使用できます。
(3)5.0段の強力な手ブレ補正機能を搭載
  • 手ブレのセンシング精度などを大幅に向上させたことで、5.0段の強力な手ブレ補正機能を実現。手ブレの影響を受けやすい超望遠領域での手持ち撮影も快適に行えます。
(4)快適な操作で高速かつ静音なAFを実現
  • 小型軽量なフォーカスレンズ群をリニアモーターにより駆動させるインナーフォーカス方式を採用することで、広角端で最短約0.15秒、望遠端で最短約0.25秒※5の高速かつ静音なAFを実現。高度なピント合わせが求められる超望遠領域の撮影でも、被写体を素早く正確にとらえることができ、決定的瞬間を逃しません。
  • 「SETボタン」※6であらかじめ設定した位置にピントを瞬時に移動させることができるフォーカスプリセット機能を搭載。狙った被写体へのピントを再調整する必要がないため、撮影時の操作負担を軽減できます。
  • ピント合わせの際にレンズの駆動範囲を制限するフォーカスリミッター機能※7を搭載。5m以上離れた被写体を撮影する時にレンズの駆動時間を短くすることができ、高速AFを実現します。
  • レンズ鏡筒の先端部に「フォーカスコントロールボタン」※6を配置。「フォーカスセレクトスイッチ」※6で割り当てたお好みの機能を瞬時に呼び出して、スムーズなAF操作を可能とします。
  • ※5 CIPAガイドライン準拠、内部測定方法。「FUJIFILM X-T4」装着時。位相差AF使用時、ハイパフォーマンスモードON時の望遠端でのAF速度。
  • ※6 「SETボタン」「フォーカスコントロールボタン」「フォーカスセレクトスイッチ」の作動には、カメラ本体のファームアップが必要。現行機種「FUJIFILM X-T4」「FUJIFILM X-T3」「FUJIFILM X-S10」については今後ファームアップを行う予定。
  • ※7 フォーカスリミッター機能は「撮影距離範囲切り換えスイッチ」により作動できます。
[画像]「フォーカスコントロールボタン」「撮影距離範囲切り換えスイッチ」「フォーカスセレクトスイッチ」「SETボタン」
ニュース用画像データ

お問い合わせ

報道関係

富士フイルムホールディングス株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報グループ

お客さま

富士フイルムデジタルカメラサポートセンター

  • * 記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。