日本

米国バイオテック企業PhenoVista社へ出資

iPS細胞を用いた創薬支援ビジネスのさらなる拡大に向けて

ライフサイエンス領域のコーポレートベンチャーキャピタルを通じてパートナーとの連携強化

ニュースリリース

2022年12月14日

このニュースリリースは、報道機関向けに発信している情報です。

富士フイルム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長・CEO:後藤 禎一)は、このたび、細胞の画像解析の受託サービスを展開する米国バイオテック企業PhenoVista Biosciences(フェノビスタ バイオサイエンス), Inc(本社:カリフォルニア州、以下PhenoVista社)の第三者割当増資を引き受け、同社に出資しました。今後、当社が有するiPS細胞由来分化細胞と、PhenoVista社の細胞画像解析技術などを組み合わせた、新薬候補物質の新たな評価手法を構築し、創薬支援ビジネスを拡大させていきます。
尚、本出資は、ライフサイエンス領域のコーポレートベンチャーキャピタル(以下LS-CVC)を通じて実施するものです。

医薬品の研究開発においては、前臨床段階にある新薬候補物質の有効性・安全性の評価に、ヒト生体に近い機能を再現したiPS細胞由来分化細胞を活用する動きが活発化しています。近年では、創薬プロセスの効率化に向けて、新薬候補物質に対する細胞の反応を、画像解析により高精度に測定したいというニーズが高まっています。

PhenoVista社は、製薬企業やバイオベンチャーに対して細胞の画像解析サービスを提供するバイオテック企業です。細胞の形態変化や産生物など複数の項目を同時に測定できるハイコンテントスクリーニングが可能な分析機器をはじめ、3次元の細胞モデルを用いた最先端の画像解析技術・ノウハウなどを有しています。
当社の米国子会社であるFUJIFILM Cellular Dynamics(フジフイルム セルラー ダイナミクス), Inc(以下FCDI)は、iPS細胞の高度な初期化・分化誘導技術を生かして、多種のiPS細胞由来分化細胞を開発・提供しています。FCDIは、昨年11月、創薬支援分野でのビジネス拡大に向けて、PhenoVista社との戦略的提携を行っています。

今回、当社は、今年2月に立ち上げたLS-CVCを活用し、PhenoVista社へ出資しました。本出資を通じて、PhenoVista社の最先端技術・ノウハウへアクセスし、同社との連携をさらに強化することで、新薬候補物質の新たな評価手法の早期構築・実用化を図ります。本手法は、FCDIが保有する幅広いラインアップのiPS細胞由来分化細胞と、PhenoVista社の高度な細胞画像解析技術・ノウハウを組み合わせることで、さまざまな疾患を対象に新薬候補物質の有効性・安全性を高精度に評価するものです。
さらに今後、当社は、PhenoVista社と共同マーケティングを実施し、構築した新評価手法の普及拡大を推進。製薬企業などが行う新薬開発の効率化に貢献するとともに、iPS細胞を用いた創薬プロセスのさらなる浸透を図ります。

当社は、自社での製品・サービスの開発に加え、外部パートナーとの連携も強化し、事業の成長スピードを加速させるとともに、事業を通じた社会課題の解決に取り組んでいきます。

PhenoVista社の概要

会社名

PhenoVista Biosciences, Inc

CEO

James G. Evans

所在地

米国カリフォルニア州サンディエゴ市

設立

2014年9月

事業内容

細胞を用いた画像解析の受託サービスの展開

お問い合わせ

報道関係

富士フイルムホールディングス株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報グループ

その他

富士フイルム株式会社
ライフサイエンス戦略本部

  • * 記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。