富士フイルムビジネスイノベーション

らくらくセットアップ

本サービスに登録されているソフトウェア(以下、提供ソフトウェアといいます。)をダウンロードする前に、「注意事項」および「使用許諾条件」を必ずお読みください。使用許諾条件に同意された場合のみ、ソフトウェアをダウンロードして使用することができます。

概要

本ソフトウェア(らくらくセットアップ)は、お使いのコンピューターに弊社の複合機およびプリンターに対応したドライバー/ソフトウェアをインターネット経由でインストールするツールです。
インストール対象のソフトウェアはART EXドライバー、ART EX ダイレクトファクスドライバー、PostScript®ドライバー、Print & Scan Hub、ネットワークスキャナーユーティリティ3、TIFF Viewerです。

ダウンロード

ファイル名 ffeasysetup0100000cml.exe
ファイル形式 自己解凍形式(EXE形式)
ファイルサイズ 1,772,200 バイト

ダウンロードができないときの対処方法

仕様

ソフトウェア種別 らくらくセットアップ
バージョン 1.0.0
登録日 2021年8月30日
対応機種
  • Apeos C2570
  • Apeos C3070
  • Apeos C3570
  • Apeos C4570
  • Apeos C5570
  • Apeos C6570
  • Apeos C6580
  • Apeos C7070
  • Apeos C7580
  • Apeos C8180
  • ApeosPro C650
  • ApeosPro C750
  • ApeosPro C810
  • Revoria Press E1100
  • Revoria Press E1110
  • Revoria Press E1125
  • Revoria Press E1136
動作環境
  • Windows 10 (32ビット) 日本語版
  • Windows 10 (64ビット) 日本語版
  • Windows 8.1 (32ビット) 日本語版
  • Windows 8.1 (64ビット) 日本語版
  • Windows Server 2019 (64ビット) 日本語版
  • Windows Server 2016 (64ビット) 日本語版
  • Windows Server 2012 R2 (64ビット) 日本語版
  • Windows Server 2012 (64ビット) 日本語版
  • Windows 10 (32ビット) 英語版
  • Windows 10 (64ビット) 英語版
  • Windows 8.1 (32ビット) 英語版
  • Windows 8.1 (64ビット) 英語版
  • Windows Server 2019 (64ビット) 英語版
  • Windows Server 2016 (64ビット) 英語版
  • Windows Server 2012 R2 (64ビット) 英語版
  • Windows Server 2012 (64ビット) 英語版
転載条件 転載、再配布、商行為は一切禁止
著作権者 富士フイルムビジネスイノベーション株式会社

注意事項

本ソフトウェアについて

本ソフトウェアは以下の特徴を持ちます。

  1. お使いのPCに接続された複合機、プリンターを自動検出し、最適なドライバー、ユーティリティをインストールします。
  2. 複数の複合機、プリンターが接続されている場合でも、1回の操作でインストール可能できます。

インストールについて

  1. ダウンロードしたファイルを任意の空ディレクトリーにコピーしてダブルクリックします。
  2. ドライバーインストールが起動しますので、ダイアログの指示に従い、ソフトウェアをインストールします。

インストールしたドライバー/ソフトウェアについて

  • インストールしたドライバー/ソフトウェアの詳細は、各ドライバー/ソフトウェアのパッケージに含まれるReadmeを参照してください。パッケージは、インストール完了後にユーザーごとのダウンロードフォルダーに格納されます。
    • パッケージの格納場所: [ダウンロード¥FUJIFILM らくらくセットアップ]

ART EXドライバー及びPostScript®プリンタードライバー

インストール時の注意事項

  • 本プリンタードライバーをダウンロードし、解凍したファイルをコピーするとファイルのタイムスタンプが変更され、正常にインストールできません。
  • PostScript®プリンタードライバーの書体は、お使いのPostScript® ソフトウェアキットに合わせて選択してください。お使いのPostScript® ソフトウェアキットの書体は、「機能設定リスト」、または「プリンター設定リスト」で確認できます。
  • PSプリンタードライバー J2 ︓ モリサワ2書体
  • PSプリンタードライバー J5 ︓ モリサワ5書体
  • PSプリンタードライバー H3 ︓ 平成3書体
  • PSプリンタードライバー H2 ︓ 平成2書体

※ 本ツール内では、「PostScript®」を「PS」と表記します。

ご利用の際の注意

  1. 【認証情報の設定】をする際の留意点はこちらをご覧ください。
  2. プリンタードライバーを削除する際の方法については、こちらをご覧ください。
  3. 本プリンタードライバーはWindows ServerのRemote Desktop Easy Print(RD Easy Print)機能をサポートいたしておりません。

ART EXダイレクトファクスドライバー

インストール時の注意事項

  • 本プリンタードライバーをダウンロードし、解凍したファイルをコピーするとファイルのタイムスタンプが変更 され、正常にインストールできません。

ご利用の際の注意

  1. 【認証情報の設定】をする際の留意点はこちらをご覧ください。
  2. 【ダイレクトファクス送信】をする際の留意点はこちらをご覧ください。
  3. プリンタードライバーを削除する際の方法については、こちらをご覧ください。
  4. 本プリンタードライバーはWindows ServerのRemote Desktop Easy Print(RD Easy Print)機能をサポートいたしておりません。

Print & Scan Hub

ご利用の際の注意

  • 「スキャナー(PC保存)の設定」の設定情報は、バージョンアップの際に初期化される場合があります。バージョンアップの際は、完了後に再設定できるよう、必ず事前に設定情報を記録しておくようご注意ください。
  • 共通プリンタードライバー(V4プリンタドライバー)やWSDスキャナードライバーを使用した場合、対応していない機種がデバイスリストに表示されますが、それを操作した場合の動作は保証しません。
    (WSDは、Web Services on Devicesの略称です。)

ネットワークスキャナーユーティリティ3

インストール時の注意事項

  • Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2にネットワークスキャナーユーティリティ3をインストールした場合、デスクトップエクスペリエンス機能もインストールしてください。デスクトップエクスペリエンス機能をインストールしなかった場合、正しく動作しない恐れがあります。

ご利用の際の注意

  1. Symantec Client Securityとネットワークスキャナーユーティリティ3の共存について
  2. ターミナルサービス、 Citrix Presentation ServerTM /Citrix XenAppTMに関する注意事項
  3. パーソナルファイアウォール系ソフトと同時に使用する際の設定方法

ご利用の際の注意

  1. お使いのコンピューターをインターネットに接続した状態でご利用ください。
  2. 本ツールをご利用の際、既にインストールされたドライバー/ユーティリティのバージョンが古い場合、新しいバージョンに更新されます。ドライバー/ユーティリティの更新をお望みでない場合は、インストール対象として選択しないでください。
  3. 個別にカスタマイズされたドライバーをインストールされている場合、本ツールはご利用になれません。
  4. ドライバー/ソフトウェアのダウンロードにかかるパケット通信料はお客様のご負担となります。
  5. 本ツールは、HTTPSプロトコルを使用してインターネット通信を行います。
  6. ドライバー/ソフトウェアがお使いのコンピューターの表示言語に対応していない場合、インストール対象として表示されない可能性があります。各ドライバー/ソフトウェアの対応言語は、弊社ホームページでご確認ください。
  7. ドライバー/ソフトウェアのインストールに失敗した場合は、以下の方法でインストールしてください。
    • 弊社ホームページからドライバー/ソフトウェアをダウンロードして、インストールする。
    • 複合機およびプリンターに同梱されたインストールメディアからインストールする。
  8. ドライバー/ソフトウェアの各注意事項をご確認の上、ご利用ください。注意事項の詳細は、「インストールしたドライバー/ソフトウェアについて」を参照してください。
  9. 他のPCに接続されたプリンターを共有してお使いの場合は、本ツールを利用する前に、適用条件をシステム管理者に確認してください。
  10. お使いのコンピューターから、下記ドメインへアクセス可能な状態でご利用ください。
    https://opencds-fb.fujifilm.com
  11. PostScript®プリンタードライバー、TIFF Viewerをご利用の場合、本ツール内の「利用する機能」画面から「ドライバー/ソフトウェアの選択」画面を開き、チェックボックスをチェックして選択してください。
  12. 対応OSに関する情報はOS対応状況をご覧ください。

変更履歴

2021年8月30日 Ver. 1.0.0 リリース

リリース

使用許諾条件

本ソフトウェア(以下、提供ソフトウェアといいます。)の使用許諾条件は、以下に記載するとおりです。

  1. 提供ソフトウェアの著作権は、富士フイルムビジネスイノベーション株式会社(以下、富士フイルムビジネスイノベーションといいます。)ならびに原権利者に帰属します。
  2. 提供ソフトウェアは、対応する富士フイルムビジネスイノベーション製品(以下、対応製品といいます。)を利用する目的で対応製品を購入した国内においてのみ使用することができます。
  3. 提供ソフトウェアを使用するにあたっては、富士フイルムビジネスイノベーションが明示する注意制限事項等(以下、注意制限事項等といいます。)を遵守してください。
  4. 提供ソフトウェアの全部または一部を修正、改変し、またはリバースエンジニアリング、逆コンパイルあるいは逆アセンブル等により解析することを禁止します。
  5. 提供ソフトウェアを通信回線を利用し頒布すること、フロッピーディスク、磁気テープ等の他の媒体に複製し第三者に譲渡、販売、貸与、使用許諾することを禁止します。
  6. 富士フイルムビジネスイノベーション、富士フイルムビジネスイノベーションの販売会社、特約店および提供ソフトウェアの原権利者は、提供ソフトウェアを注意制限事項等で特定する以外の機器あるいはプログラムと組み合わせること、また提供ソフトウェアを改変することに起因して生じた損害、損失等に関し責任を負うものではありません。
  7. 富士フイルムビジネスイノベーション、富士フイルムビジネスイノベーションの販売会社、特約店および提供ソフトウェアの原権利者は、提供ソフトウェアに関し何らの保証責任および賠償責任を負うものではありません。

以上