富士フイルムビジネスイノベーション

495 J Continuous Feed おもな仕様と機能

基本機能/プリント機能

項目 内容
プリント方式 LED・ゼログラフィー方式
書き込み解像度 600 dpi
定着方式 フラッシュ定着
対応OS注1 Windows 10 (32ビット)
Windows 10 (64ビット)
Windows 8.1 (32ビット)
Windows 8.1 (64ビット)
Windows 7 (32ビット)
Windows 7 (64ビット)
Windows Vista (32ビット)
Windows XP (32ビット)
Windows 2000
Windows Server 2016 (64ビット)
Windows Server 2012 R2 (64ビット)
Windows Server 2012 (64ビット)
Windows Server 2008 R2 (64ビット)
Windows Server 2008 (32ビット)
Windows Server 2008 (64ビット)
Windows Server 2003 (32ビット)
Windows Server 2003 (64ビット)
連続プリント速度注2 片面 230ページ/分(A4カット紙換算、18インチ幅用紙にA4・2UP)
両面 460ページ/分(A4カット紙換算、18インチ幅用紙にA4・2UP)
用紙種類 内部ホッパー・スタッカー使用時 送り孔付き折り畳み連続印刷用紙(1P注3 )
前後処理機使用時 送り孔付き連続印刷用紙(1P注3 )
用紙サイズ 用紙幅 : 6.5~18インチ(最大印字幅17.1インチ)、 用紙長 : 3.5~18インチ(1/6インチ刻み、後処理接続時)、 用紙長 : 7~14インチ(1/6インチ刻み、スタッカー排出時)
用紙坪量 64 g/m2~157 g/m2(連量55~135 kg)
給紙 オートローディング機構、 用紙箱の高さ300 mm以下(64 g/m2用紙で3000枚程度)
排紙 折り畳みスタッカー、 用紙箱の高さ300 mm以下(64 g/m2用紙で3000枚程度)、 用紙長 : 7~14インチ
電源 3相4線注4 、AC200 V±10%、50/60 Hz±3 Hz
消費電力 通常 稼動時 : 約18 kVA、待機時 : 約0.9 kVA
高印字率モード 稼動時 : 約19 kVA、待機時 : 約4 kVA
発熱量 通常 稼動時 : 約59 MJ、待機時 : 約3 MJ
高印字率モード 稼動時 : 約62 MJ、待機時 : 約13 MJ
質量 1440 kg
温度条件 稼動時 : 15~32℃、 待機時 : 0~35℃
湿度条件 稼動時 : 40~70%RH(但し最高湿球温度26℃)、 待機時 : 20~80%RH(但し最高湿球温度26℃)
  • 注1最新の対応OSについてはダウンロードサービスをご覧ください。
  • 注2ジョブの種類によっては、プリント速度が低下することがあります。
  • 注31P(1パーツ)とは一枚ものの連続帳票をあらわします。
  • 注4電源工事の際にはお客様によるD種接地工事が必須となります。

製品の環境基準、法規制および安全情報一覧

項目 内容
エコマーク 本体注1 ×
カートリッジ注2 対象外注3
グリーン購入法 本体注1 ×
カートリッジ注2 対象外注3
国際エネルギースタープログラム注4 ×
EU-RoHS対応 非対応
J-Moss対応注5 対象外注5
電波法 対象外
電気通信事業法 対象外注6
電気用品安全法注5 対象外注5
  • 注記◯:適合 ×:非適合
  • 注1商品類型は複写機・プリンタなどの画像機器Version1.3。
  • 注2新たに購入する補充用の商品が対象です。プリンター本体購入時に装着または付属しているものは含みません。
  • 注3トナー容器タイプのためエコマーク、およびグリーン購入法のトナーカートリッジ基準では対象外となります。但し、プリンターの調達時にトナーカートリッジ単体としてもグリーン購入法適合を求められた場合には、トナーの化学安全性が確認されていることをもって、特定調達物品等と同等に扱うことができます。当社のトナーはすべてグリーン購入法「トナーカートリッジ」の要求事項を満たしています。化学安全性が確認されています。
  • 注4Version 3.0。2020年6月1日以降生産分からの適用となります。
  • 注5プリンターはJ-Mossおよび電気用品安全法の対象外となります。
  • 注6ファクス非装着のため、対象外となります。

ご購入にあたっての注意事項

ご購入にあたって、商品購入前に確認いただきたい情報をご案内します。

補修用性能部品の最低保有期間

補修用性能部品の最低保有期間は、機械本体製造中止後7年間です。

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について