富士フイルムビジネスイノベーション

お客様導入事例 株式会社 株式会社ワコー 様

お客様導入事例 株式会社ワコー 様

1959年創業の株式会社ワコー様は、企画・デザインからライティング・撮影、印刷製本、発送までトータルに対応する印刷会社です。「情報のコミュニケーション・パートナー」として、人と人、人と企業、企業と企業のコミュニケーションの活性化を第一に考え、より豊かな社会づくりに貢献することを企業理念に掲げています。お客様とのやりとりをシステム化することで新規ジョブ獲得の時間を創出し、新規顧客開拓につなげていきたいと考えた同社が、「Web to Print」システム構築による業務発注プロセスの効率化を実現した事例を紹介します。

営業部 部長 柏原 一彦 様
CRM推進部 部長 生産部 部長 山本 和央 様

左から)柏原様、山本様

受発注システムの構築により営業力の強化を実現

印刷会社として「コミュニケーションの活性化」に取り組む株式会社ワコー様。需要が高まっているオンデマンド印刷における差別化として、システムの導入により高付加価値なサービスを提供し、より多くのお客様からの継続取引を獲得したいと考えていた。

営業部 部長 柏原 一彦 様

柏原樣:当社は1959年に創業した印刷会社で、企画・デザインからライティング・撮影、印刷製本、発送までをトータルに対応することで、多くのお客様のご要望に応えてきました。「情報のコミュニケーション・パートナー」であることを企業理念として掲げており、人と人、人と企業、さらには企業と企業のコミュニケーションの活性化を第一に考えながら、豊かな社会づくりに貢献しています。

元々は建設業界との取引から事業をスタートしていて、主に図面や建築の記録に必要な完成図書の印刷などをメインに行いながら着実に成長してきました。その後も取引先を広げており、近年ではコンサルティング業界やシンクタンクなどの専門機関、教育業界などの教材の製造・印刷を手がけています。時代とともに常に新しい発見を求め、着実に市場ニーズに対応できるシステムの確立を進めています。

印刷業界におけるデジタル化の流れの一つとして、オンデマンド印刷の普及があります。オンデマンド印刷とは、「必要なものを、必要な時に、必要なだけ印刷する」ことができる仕組みで、在庫を持たず、短納期で少部数でも適正価格でご利用いただけるサービスです。

近年はオンデマンド印刷の知名度が上がってきており活用いただくことも非常に増えています。一方で、各印刷会社もオンデマンド印刷機器を導入し、価格勝負になっているのが現状です。価格勝負は結果として体力勝負になりますから、この状況を何かしらの方法で打開する必要があると感じていました。同時に、お客様とのやり取りをシステム化することで業務の効率化を目指し、営業が新規顧客開拓に割ける時間を増やしたいとも考えていました。

発注しやすい環境作りを整え
高付加価値のサービスを提供する

富士ゼロックスからの提案によって動き出した新システムのプロジェクト。お客様の環境に合った入稿システムを1つずつ作り、提供していくという、付加価値の高いシステムの導入を決定する。

柏原樣:今回、私どもが導入したのは、印刷発注依頼や在庫・費用管理をクラウドサービスで一元管理するWeb to Print受発注システムです。

お客様から新規取引を獲得するため、週刊誌や月刊誌などの定期案件の受注や、多店舗展開する企業向けのサービスの導入を検討していた際に、富士ゼロックスからご提案いただいたのが導入のきっかけです。富士ゼロックスとは、初期のオンデマンド印刷機「DocuTech Production Publisher M135」の導入など、20年以上のお付き合いがありました。

お客様ごとに印刷の受発注が行える仕組みを構築することで、お客様の利便性が高まり弊社へのロイヤリティの向上が期待できると考えています。また、Web受発注サービスの拡充により売上拡大も見込めますし、さらには印刷業務全体のプロセスを効率化できると考えて、導入を決断しました。

CRM推進部 部長 生産部 部長 山本 和央 様

山本様:実は今回のシステムの導入前より、フランチャイズなど多店舗展開するお客様から店舗ごとのニーズに対応した印刷対応の相談がありました。しかし、フルスクラッチでそれに対応できるシステムを作るのは難しいと感じていました。どこかにお願いできないかと検討している折、富士ゼロックスからは既存システムをベースにしたハーフスクラッチで可能だと提案いただいたのが大きかったですね。

具体的には、どちらかというと在庫管理的な活用方法がメインだった元のデータに、お客様ごとに合わせた入稿システムを新たに構築し、当社が1社1社に提供していく仕組みです。カスタマイズはこちらで行い、最終的なハンドリングはお客様に任せるようにし、ASP(Application Service Provider)のように使ってもらうイメージです。

システムの構築にあたっては、富士ゼロックスがメーカーさんと当社の間に入り、メーカーさんと連携してシステムを作り込んでいくところで大いに助けていただきました。プロジェクト管理全般をお願いできているのは、非常に助かっています。

対面営業&ECの両刀によるオムニチャネル化も実現

お客様ごとの新システムは使いやすく、離脱防止にもつながっているという。営業担当の業務も効率化でき新規開拓の拡充など営業活動の活性化にもつながっている。

柏原樣:システム導入による効果としては、顧客の離脱防止には間違いなく成功しています。お客様ごとにシステムを作って活用していただいているわけですから、お客様にとっては非常に便利な環境が用意できているわけですし、それを新たに作り直すとしたら労力もお金もかかります。結果として、ある程度の囲い込みにはつながっていると感じています。

多店舗展開する企業様においては、お客様の本部主導で各店舗にシステムを使っていただくことになります。チラシなどは、本部が用意するフォーマットをベースに店舗ごとにアレンジしたオリジナルのデータ入稿される流れになりますので、当社としては効率よく受注ができ、印刷工程に回すことができています。

お客様もチラシやメニュー表などを改定する際に、必要な量を必要なタイミングですぐに発注できるので、在庫を持たずに済み、在庫コストを考える必要がなくなります。特にキャンペーン時は、短納期で素早く展開できるメリットを非常に喜んでいただけています。まさにオンデマンド印刷の特徴である、多品種少ロットの印刷を素早く対応する点で、より高付加価値のサービスが展開できていると感じています。

名刺印刷なども、各企業の管理者が窓口となり代表して当社に発注するのではなく、それぞれの社員が当社のシステム上で簡単に発注をかけることが可能になっています。煩雑化していた管理者の業務が楽になり、さらに発注の動きや発注内容の確認、在庫の量などもシステム上で簡単に確認ができるので、安心してお使いいただけているようです。

加えて、当社の営業担当がお客様のところにデータを取りに伺ったりする時間も短縮できています。そこで空いた時間を新規顧客の開拓に活用するなど、業務の効率化や営業活動の活性化にもつながっていますね。

対面営業の強みとECサイトを活用した受注をうまく組み合わせたオムニチャネル化に力を入れようと考えていましたが、今回を機にそうした取り組みもより加速しています。

リモートワークの増加を新たなビジネスチャンスに

利便性の向上によりお客様の反応も上々。今後はヒアリングをもとにサービスの充実につなげていく。リモートワークが増えている今だからこそ、Web to Printシステムの便利さを伝えていきたいと話す。

柏原様:チラシの作成から注文、生産、配送までがシステム化されたことで、利便性につながり、お客様からの継続取引にもつながっています。今後も積極的にキャンペーンを打つなどして、色々なお客様に展開していきたいと考えています。システムをご活用いただいているお客様からの情報もしっかりと吸い上げて、サービスの充実にもつなげていきたいです。将来的には、受注件数や、システム使用料の定額化なども検討していく必要があるかなと考えています。

色々な需要が見えてくる中で、例えばオフセット印刷で受注していた案件をオンデマンドに切り替えるといった動きも増えています。お客様のニーズに、今まで以上に応えていきたいです。

また、新型コロナウイルスの影響で在宅勤務が増えていますが、出社できない状況下では、今回のWeb to Printシステムは多くの人にとって非常に便利なものになるはずです。この状況を前向きに考えて、さらなるビジネスチャンスの拡大だと捉え、営業活動を進めていきたいですね。

山本様:当社ですでに導入している、出力ワークフローの自動化でプリントプロセスの最適化やジョブ処理の効率化を図る「FreeFlow Core」との連動も検討していきたいです。

富士ゼロックスは色々なハードウェア、ソフトウェアをお持ちなので、特にソフトウェアを活用した新たな展開のところで、今後も新しい提案をいただければと思います。

左から)
株式会社ワコー 営業部 部長 柏原 一彦 様
株式会社ワコー CRM推進部 部長 生産部 部長 山本 和央 様

価格競争になりがちな印刷業界において、顧客の利便性を重視したシステムの導入のより、お客様の離脱防止と囲い込みに成功している株式会社ワコー様。お客様からの反応が上々であるだけでなく、社内業務の効率化や活性化にもつながっているようです。「在宅勤務が増える今の状況をビジネスチャンスと捉え、次の一手を検討していく」と意気込むワコー様の今後の動きにも期待が持てそうです。

まとめ

導入前 取り組むべき課題 解決策 改善効果

◆お客様の利便性を高め、継続取引を増やしたい

  • Web受発注サービス拡充

・付加価値提供(印刷物管理、テンプレート編集機能)による顧客の囲い込み、売上拡大

・リピート性の高い印刷物のWeb受発注化による営業コスト削減

  • 顧客専用サイトの構築
    顧客毎に既存システムを生かしたシステムをハーフスクラッチで構築
  • 顧客の業務利便性の向上

・煩雑化していた印刷物発注担当者・管理者の業務負担の軽減

  • 印刷物発注依頼~在庫・費用管理を一元管理できるシステムの導入
  • 高付加価値サービスの提供を実現

・オンデマンド印刷の特長である多品種小ロットの印刷に素早く対応

◆定型業務を簡素化し、営業が新規顧客開拓に割ける時間を増やしたい

  • 営業活動の活性化

・顧客の元に入稿データなどを取りに伺う時間等が削減し営業活動の時間を確保

  • 印刷業務全体のプロセス効率化
  • 印刷業務全体のプロセス効率化の実現

・複雑な印刷業務の自動化によりミスが低減し、納品迄のリードタイムの短縮を実現

・印刷物の管理機能により、対象商品のステイタスを確認

導入前

◆お客様の利便性を高め、継続取引を増やしたい

取り組むべき課題
  • Web受発注サービス拡充

・付加価値提供(印刷物管理、テンプレート編集機能)による顧客の囲い込み、売上拡大

・リピート性の高い印刷物のWeb受発注化による営業コスト削減

解決策
  • 顧客専用サイトの構築
    顧客毎に既存システムを生かしたシステムをハーフスクラッチで構築
  • 印刷物発注依頼~在庫・費用管理を一元管理できるシステムの導入
改善効果
  • 顧客の業務利便性の向上

・煩雑化していた印刷物発注担当者・管理者の業務負担の軽減

  • 高付加価値サービスの提供を実現

・オンデマンド印刷の特長である多品種小ロットの印刷に素早く対応

導入前

◆定型業務を簡素化し、営業が新規顧客開拓に割ける時間を増やしたい

取り組むべき課題
  • Web受発注サービス拡充

・付加価値提供(印刷物管理、テンプレート編集機能)による顧客の囲い込み、売上拡大

・リピート性の高い印刷物のWeb受発注化による営業コスト削減

  • 印刷業務全体のプロセス効率化
解決策
  • 印刷物発注依頼~在庫・費用管理を一元管理できるシステムの導入
改善効果
  • 営業活動の活性化

・顧客の元に入稿データなどを取りに伺う時間等が削減し営業活動の時間を確保

  • 印刷業務全体のプロセス効率化の実現

・複雑な印刷業務の自動化によりミスが低減し、納品迄のリードタイムの短縮を実現

・印刷物の管理機能により、対象商品のステイタスを確認

Web to Printシステム全体フロー

アドプリLPはこちら

⟨担当営業のコメント⟩
多店舗展開されているお客様が店舗ごとの戦略に沿った広告を展開していきたいといったお客様からのご要望を実現したシステムです。Webを介したシステムのため、コロナ禍で在宅勤務を推奨されている企業様であっても発注担当者は会社に出社せずに在宅からワコー様に印刷の発注をかけることが可能です。プリンター周りのご提案にとどまらず、お客様のビジネスパートナーとして今後ともソリューションをご提供していけるよう邁進してまいります。

富士ゼロックス株式会社 GCS事業本部 GCS営業部 第四営業部 斎藤 大輝

注記:事例の内容は2021年2月時点の情報です。

サービス業向け導入事例

商談やアポイントを希望される方はこちら

お問い合わせ