富士フイルムビジネスイノベーション

ファクスのジョブ履歴を確認したい

ファクスの送受信履歴を確認する方法は主に以下の3つの方法があります。ご利用環境に合わせてご利用ください。

 

1.通信管理レポートで確認する

複合機本体の機械確認からレポートを出力する方法です。
通信管理レポートのプリント方法は機種ごとに異なります、以下よりご利用中の機種を選択してください。
※記録件数は最新の200件です。(機種により100件の場合もあります)

 

 

2.Web(インターネットサービス)を利用して確認する

お使いのパソコンからWebブラウザーを介して複合機にリモートでアクセスして確認する方法です。
確認方法につきましては、以下よりご利用中の機種を選択してください。

 

 

3.通信管理レポートやインターネットサービスで表示されているジョブよりも以前の履歴を確認する

「通信管理レポート」や「インターネットサービス」で表示されているジョブ履歴よりも以前の履歴を確認したい場合は、以下の方法でご確認ください。機種ごとに操作方法が異なります。確認したい機種を選択のうえ、操作方法をご確認ください。

  • 一度に取得できるのは3000件です。
  • ハードディスク上に保持している最大値である15000件まで取得可能です。

Apeos / ApeosPro

  1. インターネットサービスを起動します。
  2. 機械管理者としてログインします。  参考:機械管理者IDがわからない
  3. [ジョブ]画面を開き[ジョブ履歴の一括取り出し]を押します。

  4. 取り出したい期間を入力し[実行]を選択すると履歴ファイルがダウンロードできます。

ApeosPort

  1. CentreWare Internet Services(CWIS)を起動します
  2. 機械管理者としてログインします。  参考:機械管理者IDがわからない
  3. [ジョブ]画面を開き[ジョブ履歴の一括取り出し]を押します。
  4. 取り出したい期間を入力し[実行]を選択すると履歴ファイルがダウンロードできます。

ApeosPort-VII / DocuCentre-VII およびそれ以前の機種

  1. CentreWare Internet Services(CWIS)を起動します。
  2. [プロパティ]タブを選択し、機械管理者IDとパスワードを入力します。 参考:機械管理者IDがわからない
  3. [一般設定]>[ジョブ管理]>[ジョブ履歴の一括取り出し]を選択します
  4. 取り出したい期間を入力し[CSVフォーマットで取り出す]を選択し履歴ファイルをダウンロードします

ジョブ履歴の内容(jobhist.csv)

内容
A列 日付
B列 完了時刻
C列 入力(送信)元
受信の場合、相手先のG3ID、局名などがここに記録されます。
ペーパーレスFAX受信の場合「ファクス親展受信」が同時に記録されます。
D列 出力(排出)先
FAX送信の場合、ここに宛先名、FAX番号が出ます。
E列 ジョブ情報
文書番号、ファイル形式(TIFF、jpegなど)が表示されます。
F列 ページ情報
白黒、カラーなど
G列 ページ
出力枚数ではなく、原稿のページ数です。
H列 枚数
用紙出力した枚数です。 ※スキャン、FAX送信、親展受信などではカウントされません。
I列 ジョブ処理状態
正常終了・異常終了など。異常終了の場合はエラーコードが表示されます。
J列 関連ジョブ
同じジョブIDを持つジョブには、先頭ジョブに「関連ジョブ」と表示されます。
次の「ジョブ番号」を確認すると、同一のジョブが次の行に記載されています。
K列 ジョブ番号
1ジョブに対して何段にもジョブ履歴が分かれてる場合でも、 ここが同じであれば、そのジョブに対しての履歴であることが分かります。
FAX送信の場合は、1件の送信に対して、全て同じジョブ番号で 統一されて記録されますが、親展受信などはジョブ番号が統一されません。

 

 

4.参考情報

ジョブ履歴配信

複合機のジョブ履歴をCSVファイルで取得することができる複合機・プリンター追加型の無償アプリケーションです。

 

 

問題が解決しない・その他ご相談は

弊社カストマーコンタクトセンターまで、お気軽にお問い合わせください。

 複合機の操作・設定に関するお問い合わせ  
(webからのお問い合わせ)

 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答