富士フイルムビジネスイノベーション

宅配便の送り状など専用の用紙に印刷(プリント)できない

症状

伝票印刷などの専用アプリケーションソフトウェアからプリント(印刷)する際に、指定したトレイや用紙サイズの設定が反映されない。
プリンタードライバーの初期値で印刷(プリント)されてしまう。

 

対処方法

プリンタードライバ―の初期設定を変更し、設定が反映されるかを確認します。

本手順で問題が解消できる場合には、同じ機種のプリンタードライバーをもう一つインストールします。
プリンタードライバーの初期値を変更し、該当アプリケーションソフトウェアの専用ドライバーとしてご利用ください。

プリンタードライバーは複数インストールすることで、印刷するアプリケーションソフトウェアごとにドライバーを選択・利用することができます。たとえば、A5手差し印刷用のプリンタードライバーを用意しておくことで、いつも同じ印刷設定のまますぐに印刷できます。

 

プリンタードライバ―の初期設定の変更方法

  1. Windowsの設定を開きます。
    [スタート]をクリックし、表示されるメニューから[設定]をクリックします。

  2. プリンターとスキャナーの設定画面を開きます。
    [デバイス]>[プリンターとスキャナー]を順にクリックします。


  3. 設定したいプリンターをクリックするとボタンが表示されます。[管理] をクリックします。
    ※ここでは「ApeosPort C2060」の管理画面を例に説明します。

  4. [印刷設定]をクリックし、開きます。

  5. 印刷設定画面が開きますので、ご利用の用紙にあわせた設定へ変更をします。

    ※ご利用の用紙の設定につきましては、各宅配便業者へお問い合わせいただくかwebから情報をご確認ください。
     
    例としてA5の厚手の伝票を手差しトレイから印刷するときの設定を紹介します。

    ①【 基本タブ 】 出力用紙サイズで「A5」を選択。
    ②【 トレイ / 排出タブ 】用紙トレイ選択で「手差しトレイ」を選択。
    ③【 手差し用紙種類 】「厚紙1(106~109g/㎡)」を選択。
    ④【 手差し用紙の給紙方向 】 「よこ置き優先」を選択。

  6. アプリケーションを一度終了し、開きなおします。再度プリントをお試しください。

 

プリンタードライバーの追加方法

希望通りの出力ができた場合は、プリンタードライバーを追加インストール後、印刷設定を登録して専用のプリンタードライバーとしてご利用ください。(さきほどのプリンタードライバーの初期設定はもとに戻しておきます)

【ご注意】
プリンタードライバーの名称を変更すると、印刷設定は初期化されます。名称を変更する場合、先に変更をしてから印刷設定を変更してください。

 

問題が解決しない・その他ご相談は

弊社カストマーコンタクトセンターまで、お気軽にお問い合わせください。

 複合機の操作・設定に関するお問い合わせ  
(webからのお問い合わせ)

 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答