富士フイルムビジネスイノベーション

宛先表に新規の宛先を登録したい

コンテンツID(1850)

概要

機械管理者が、宛先表に新規の宛先を登録します。

注記
  • 宛先表に登録できるアドレス(宛先種別)には、ファクス用、IPファクス(SIP)用、インターネットファクス用、メール用、サーバー(FTP/SMB)保存用など複数の種類があります。
    宛先表に登録するときは、使用する機能に合わせて、宛先種別を正しく選んでください。誤った宛先種別で登録されたアドレスは、必要な機能から呼び出すことができませんので、ご注意ください。
補足
  • 短縮宛先番号は、ワンタッチボタンに対応しています。ワンタッチボタンは、ファクスとIPファクス(SIP)、インターネットファクス、スキャナー(メール送信)、スキャナー(PC保存)で利用できます。
  • スキャン機能で、メールの宛先や保存先のサーバーを指定するときは、数字ボタンでの短縮宛先番号入力や、宛先グループの指定はできません。
  • 一般ユーザーが宛先表に新規の宛先を登録する方法は、宛先表に登録したいを参照してください。

手順

  1. <認証>ボタンを押します。



  2. 数字ボタン、または[キーボード]を押して表示されるキーボードを使って、機械管理者IDを入力し、[確定]を押します。



    補足
    • パスワードの入力が必要な場合は、機械管理者IDを入力したあと[次へ]を押し、パスワードを入力します。
  3. メニュー画面の[仕様設定/登録]を押します。



  4. [登録/変更]を選び、[宛先表登録(短縮宛先登録)]を押します。



  5. 使用していない短縮番号を押します。



    補足
    • ドロップダウンリストから[空き番号を表示]を選ぶと、使用していない短縮番号のみが表示されます。
    • [▲]を押して前画面、[▼]を押して次画面を表示できます。
    • 数字ボタンで4桁の番号を入力すると、指定した短縮番号が画面の一番上に表示されます。
  6. [宛先種別]を押します。



  7. 宛先種別を選び、[閉じる]を押します(ここでは[ファクス]を選びます)。



  8. 設定が必要な項目を押します。



  9. 必要な情報を入力し、[決定]を押します。

  10. 設定する必要のある項目が他にもあれば手順8と9を繰り返します。

  11. 完了したら[決定]を再度押します。

    補足
    • 宛先表にさらに番号を追加するには、手順5~11を再度実行してください。
  12. メニュー画面が表示されるまで、[閉じる]を押します。

    補足
    • [仕様設定]以降または[登録/ 変更]以降の機能を設定した後で、<メニュー>ボタンを押すと1回でメニュー画面に戻ります。
 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答