富士フイルムビジネスイノベーション

パソコンが変わったため、宛先表情報を変更したい

コンテンツID(6005)

設定の流れ

ここでは、パソコンでの操作と複合機での操作が必要です。パソコンでの操作は[PC]、複合機での操作は[複合機]と明示しています。

本操作ではセキュリティー設定の変更を行います。
お客様が運用しているセキュリティーのルールに従って設定してください。
また、パスワードを設定しないでログオンしている場合や、ユーザー名が漢字やひらがなの場合は、スキャナー側からアクセスできません。

[PC]パソコンで事前に準備する

スキャンした文書をパソコンに保存するには、パソコンを操作して次の情報を確認します。

  • 「フルコンピューター名」
  • Windowsにログオンするための「ユーザー名」と「パスワード」
  • 文書を保存するための「共有フォルダー名」

確認した情報は本機に入力する必要があるため、メモ用紙などに書きとめて管理してください。

コンピューター名を確認する

  1. [スタート]>[コンピューター]を右クリックし、表示されるメニューから[プロパティ]を選びます。

    補足
    • Windows® 8 の場合、スタート画面で、[icon]+[X]キーを押します。Windows® 8.1(マウスを利用)の場合、スタートアイコンを右クリックします。表示されたメニューから[システム]を選びます。
    • Windows® 10 の場合、[スタート]>[エクスプローラー]を右クリックし、表示されるメニューから[プロパティ]を選びます。

    image

  2. 画面左側の[システムの詳細設定]をクリックします。

    image

  3. [コンピューター名]タブを開き、[フル コンピューター名:]に表示されるコンピューター名を書きとめ、[OK]をクリックします。

    image

Windowsにログオンするためのユーザー名とパスワードを確認する

  1. Windowsにログオンするためのユーザー名とパスワードを書きとめます。

    image


    注記
    • ユーザー名が漢字やひらがなの場合
      • スキャナー側からアクセスできません。システム管理者に確認してください。
    • ユーザー名が分からない場合
      • システム管理者に確認してください。お客様の環境によっては、ユーザー名を “ドメイン¥ユーザー名” 形式で入力する必要があります。ユーザー名を入力した場合、パスワードなしでは運用できません。
    • パスワードを忘れた場合
      • パスワードをリセットする必要があります。リセット方法については、システム管理者に確認してください。
    • パスワードを設定していない場合
      • そのままではスキャン文書をパソコンに保存できません。パスワードを設定してください。パスワードなしのままパソコンに保存したい場合は、セキュリティーポリシーの設定が必要です。リスクを伴いますので、システム管理者に確認してください。

    補足
    • Windows® 8、Windows® 8.1(マウスを利用)とWindows® 10 の場合、画面上をクリックしたり、キーボードを押したりすると、ログオン画面を表示できます。

パソコンに共有フォルダーを作る

アクセス権を設定する

  1. [スタート]をクリックし、表示されるメニューから[コントロールパネル]を選びます。

    image


    補足
    • Windows® 8 の場合、スタート画面で、[icon]+[X]キーを押します。Windows® 8.1(マウスを利用)、Windows® 10 の場合、スタートアイコンを右クリックします。表示されたメニューから[コントロールパネル]を選びます。
  2. [ネットワークとインターネット]をクリックします。

    image

  3. [ネットワークと共有センター]をクリックします。

    image

  4. [共有の詳細設定の変更]をクリックします。

    image

  5. [ファイルとプリンターの共有]の[ファイルとプリンターの共有を有効にする]にチェックを付け、[変更の保存]をクリックします。

    image

共有フォルダーを作成する

  1. 任意の場所にスキャンした文書を保存するフォルダーを作成し、フォルダー名を書きとめます。

    注記
    • フォルダー名は、半角英数字で入力することをおすすめします。
  2. 作成したフォルダーを右クリックし、表示されるメニューから[プロパティ]を選びます。

    image

  3. [共有]タブを開き、[詳細な共有]をクリックします。

    image

  4. [このフォルダーを共有する]にチェックを付け、[アクセス許可]をクリックします。

    image

  5. [Everyone のアクセス許可]欄の[変更]の[許可]にチェックを付け、[適用]をクリックします。続けて[OK]をクリックします。

    注記
    • お客様が運用しているセキュリティーのルールに従って設定してください。

    image

  6. [OK]をクリックします。

    image

  7. [共有]タブを開き、[共有]をクリックします。

    image

  8. ドロップダウンリストから[Everyone]を選び、[追加]をクリックします。

    image

  9. [共有]をクリックします。

    image

  10. [終了]をクリックします。

    image

  11. [セキュリティ]タブを開き、[グループ名またはユーザー名]欄から[Everyone]を選び、[編集]をクリックします。

    image

  12. [Everyone のアクセス許可]欄の[変更]の[許可]にチェックを付け、[適用]をクリックします。続けて[OK]をクリックします。

    image

  13. [閉じる]をクリックして、プロパティ画面を閉じます。

[複合機]設定を変更する

  1. メニュー画面で[登録/変更]を押します。



  2. [宛先表登録(短縮宛先登録)]を押します。




    補足
    • 一般ユーザーによる宛先表の登録、変更が制限されている場合は、メニュー画面の[登録/変更]からの宛先表登録はできません。機械管理者にご相談ください。
  3. 変更したい短縮番号を押します。




    補足
    • ドロップダウンリストから[登録済み番号を表示]を選ぶと、登録済みの短縮番号のみが表示されます。
    • 数字ボタンで4桁の番号を入力すると、指定した短縮番号が画面の一番上に表示されます。
  4. 変更が必要な項目を選び、設定します(ここでは[サーバー名/IPアドレス]を選びます)。



  5. 「コンピューター名を確認する」で確認したフルコンピューター名を入力し、[決定]を押します。



  6. 手順4〜5を繰り返し、変更が必要なほかの項目を設定します。

    • 共有名:
      「共有フォルダーを作成する」で作成した共有フォルダー名を入力します。
    • 保存場所:
      スキャン文書を共有フォルダーの中のフォルダーに保存する場合は、保存先のフォルダー名を入力します。直接保存する場合は、[(未設定)]のまま何も入力しません。
    • ユーザー名:
      「Windowsにログオンするためのユーザー名とパスワードを確認する」で確認したユーザー名を入力します。
    • パスワード:
      「Windowsにログオンするためのユーザー名とパスワードを確認する」で確認したパスワードを入力します。
  7. すべての設定が終わったら、[決定]を押します。

  8. メニュー画面が表示されるまで、[閉じる]を押します。

    補足
    • [仕様設定]以降または[登録/変更]以降の機能を設定したあとで、<メニュー>ボタンを押すと1回でメニュー画面に戻ります。
 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答