富士フイルムビジネスイノベーション

左側面部、および背面

コンテンツID(2710)

番号 名称 働き
1 左側面上部カバー 紙詰まりを処理するときに、リリースレバーを上げながら開けます。
2 左側面下部カバー 紙詰まりを処置するときに開けます。用紙トレイ6が装着されている場合は、用紙トレイ6を左に移動してから開けます。
3 アジャスターフット 本機の転倒を防止します。本機の設置後に床に接するまで時計回りに回転させます。
4 リセットボタン
(ApeosPort-VI C7771/C6671のみ)
漏電を検知すると、自動的に電源を遮断します。
5 リセットボタン 漏電を検知すると、自動的に電源を遮断します。
6 右奥カバー インターフェイスケーブルを接続するときに開けます。
補足
  • インターフェイスケーブルの接続後は、必ずカバーを取り付けてください。
7 Ethernetインターフェイスコネクター ネットワークケーブルを接続します。
8 USB3.0インターフェイスコネクター プリンター用のUSB ケーブルを接続します。
9 USB2.0インターフェイスコネクター メモリーカードリーダーまたはUSBメモリーのケーブルを接続します。
補足
  • メモリーカードリーダーとUSBメモリーを同時に本機に接続することはできません。同時に接続した場合は、最初に接続したものだけが認識されます。
10 セカンダリーイーサネットコネクター ネットワークケーブルを接続します。