富士フイルムビジネスイノベーション

手差しトレイで、定形サイズ以外の用紙にコピーしたい

コンテンツID(7204)

定形サイズ以外の用紙にコピーするには、[非定形サイズ]の設定が必要です。

ここでは、手差しトレイを利用するときの[非定形サイズ]の設定方法を説明します。


設定の流れ

  1. メニュー画面の[コピー]を押します。



  2. コピーする面を下にして、用紙を用紙トレイ5(手差し)にセットします。




    補足
    • はがき、封筒など、特殊用紙をセットできます。また、数枚コピーするときにも利用できます。
  3. セットする用紙のサイズにガイドを合わせます。



    用紙トレイ5(手差し)に用紙をセットすると、[トレイ5(手差し)]画面が表示されます。

  4. [トレイ5(手差し)]画面で[非定形サイズ(サイズ入力)]を選び、たてよこのサイズをよこ方向(X)98~483mm、たて方向(Y)89~320mmの範囲で1mm単位に入力します。




    注記
    • 非定形サイズ用紙のX方向が140mm未満の場合、正しくコピーできないことがあります。
    • 非定形サイズで両面にコピーするときは、X方向140~483mm、Y方向128~320mmの範囲で指定してください。
  5. 用紙の種類を選び、[閉じる]を押します。




    補足
    • up]を押して前画面、[down]を押して次画面を表示できます。
    • ドラッグまたはフリック操作でリストをスクロールすると、表示する画面の切り替えができます。
    • 穴あき紙を選んだ場合は、自動サイズ検知機能を使うことができません。
  6. 原稿サイズと出力する用紙のサイズに対して適切な倍率を設定し、[スタート]を押します。

    原稿が非定形サイズの場合は、「定形サイズ以外の原稿をコピーしたい [7205]」も併せて参照してください。

 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答