富士フイルムビジネスイノベーション

原稿に合わせたコピー設定に変更したい

コンテンツID(7209)

文字、写真など原稿の状況によって、適した画質でコピーするための設定をします。

設定できる機能は次のとおりです。

補足

手順

  1. メニュー画面の[コピー]を押します。



  2. [画質調整]タブで機能を選び、設定します。



原稿の画質タイプを選ぶ[原稿の画質]

  1. [原稿の画質]を押します。

  2. 原稿の状況に合った項目を選び、[閉じる]を押します。




    • 自動
      [コピー]画面の[カラーモード]に応じて、機械管理者モードであらかじめ設定されている原稿の画質に設定されます。
    • 文字/写真
      文字と写真が混在した原稿をコピーするときに選びます。原稿の文字領域と写真領域を自動的に判断し、領域ごとに画質タイプが設定されます。
      写真領域に関しては、[印刷写真]、[印画紙写真]、[カラーコピー原稿]から写真部分のタイプをさらに設定してください。
      • 印刷写真
        原稿の写真部分が、パンフレットなど印刷物の場合に選びます。
      • 印画紙写真
        写真の切り貼り原稿の場合に選びます。コピーが青みがかるのを防ぎます。
      • カラーコピー原稿
        本機などのカラー機でコピーやプリントした原稿の場合に選びます。色が薄くなるのを防ぎます。
    • 文字
      原稿の文字部分をはっきりコピーしたいときに選びます。グラフ、イラストなどの場合も、はっきりとしたコピーになります。
      • 印刷/インク文字
        印刷された原稿やインク文字などの原稿の場合に選びます。
      • 鉛筆文字
        鉛筆で書かれたような、文字が薄い原稿を、濃くはっきりコピーします。
    • 写真
      写真をコピーするときに選びます。[文字/写真]の場合と同様、[印刷写真]、[印画紙写真]、[カラーコピー原稿]から写真タイプを選びます。
    • 地図
      地図などの色地の文字が入った原稿をコピーするときに選びます。

濃度/画像のシャープさ/彩度を調整する[コピー濃度/シャープネス/彩度]

  1. [コピー濃度/シャープネス/彩度]を押します。

  2. 任意の項目を調整して、[閉じる]を押します。




    • コピー濃度
      [うすく]~[こく]の間で、7段階のコピー濃度を選べます。
      [こく]に近づくほど色を濃くコピーし、[うすく]に近づくほど色を薄くコピーします。
    • シャープネス
      [つよく]~[よわく]の間で、5段階のシャープネスを選べます。
      [つよく]に近づくほど画像の輪郭が強調されます。[よわく]に近づくほど画像の輪郭をぼかしたようになります。
    • 彩度
      [つよく]~[よわく]の間で、5段階の彩度を選べます。
      [つよく]に近づくほどカラー原稿の色の鮮やかさの度合いが強くなり、[よわく]に近づくほどカラー原稿の色の鮮やかさの度合いが弱くなります。
    補足
    • [画質調整]画面の[コピー濃度/シャープネス/彩度]の[コピー濃度]と、[コピー]画面、および[らくらくコピー]画面にある[コピー濃度]は同じ働きです。
    • [おまかせ画質調整]の項目を設定している場合、[コピー濃度]、[シャープネス]、[彩度]を設定すると、[おまかせ画質調整]の設定は解除されます。

原稿の背景にある色を除去、コントラストを調整する[地色除去/コントラスト]

  1. [地色除去/コントラスト]を押します。

  2. [地色除去]、[コントラスト]を設定して、[閉じる]を押します。




    • 地色除去
      • しない
        原稿の下地の色はそのままでコピーします。
      • する
        カラーモードを[白黒]に設定している場合は、新聞や原稿の下地(背景)の色を除いてコピーします。
        カラーモードを[フルカラー]、[2色カラー]、または[単色カラー]に設定している場合は、白い原稿の下地を除去します。
    • コントラスト
      • 自動
        原稿に応じて明度と彩度を調整し、はっきりしたイメージにします。
        補足
        • この機能は、原稿送り装置では使用できません。
      • 調整する
        [つよく]~[よわく]の間で、5段階のコントラストを選べます。[つよく]に近づくほど明るい部分はより明るくなり、暗い部分はより暗くなり、明暗の差が広がります。[よわく]に近づくほど明るい部分と暗い部分の差がなくなります。
    補足
    • [原稿の画質]の設定が[写真]の場合、[地色除去]の機能は働きません。
    • [おまかせ画質調整]の項目を設定している場合、[地色除去]、[コントラスト]を設定すると、[おまかせ画質調整]の設定は解除されます。

画質イメージを選ぶ[おまかせ画質調整]

  1. [おまかせ画質調整]を押します。

  2. 任意の項目を選び、[閉じる]を押します。




    • 標準画質
      [地色除去/コントラスト]、[コピー濃度/シャープネス/彩度]、[色合い]、[カラーバランス]の画質調整の設定を初期値の状態でコピーします。
    • あざやか
      彩度を上げ、より鮮明な画像を再現し、生き生きとした雰囲気にします。
    • メリハリ
      濃淡のコントラストを強めた、めりはりのある画像を再現します。ポスターなど、人目を引きたい原稿をコピーするときに選びます。
    • 赤み強調
      濃度が低めの色を明るく赤みがかった暖かな色に再現します。たとえば肌色をピンクがかった色にしたいときや、暖色系の沈んだ色を暖かいイメージにしたいときに選びます。
    • 青み強調
      青系の色を澄んだ色に再現します。水や空の色をより青々としたいときや、寒色系の沈んだ色をクリアにしたいときに選びます。
    • 裏写り防止
      原稿のうら面の写りを防ぎます。
    補足
    • [おまかせ画質調整]で画質イメージを選んだあと、そのほかの画質調整機能を変更すると、[おまかせ画質調整]の設定は解除されます。

カラーバランスを調整する[カラーバランス]

  1. [カラーバランス]を押します。

  2. 任意の項目を選び、[閉じる]を押します。

    • 標準
      イエロー、マゼンタ、シアン、ブラックの4色の濃度を、常に0としてコピーします。


    • 基本調整
      イエロー、マゼンタ、シアン、ブラックの4色の濃度をトナーの色ごとに設定できます。


    • 専門調整
      イエロー、マゼンタ、シアン、ブラックの4色の濃度を、トナーの色ごとに[低濃度]、[中濃度]、[高濃度]のレベルに分けて設定できます。



      • 低濃度
        選んだ色の、薄い部分の濃淡を調整します。
        例: 薄いイエローが濃くプリントされる場合、[イエロー]の[低濃度]をマイナス(−)に設定します。
      • 中濃度
        選んだ色の、中間濃度部分の濃淡を調整します。
        例: 中間濃度のイエローが薄くプリントされる場合、[イエロー]の[中濃度]をプラス(+)に設定します。
      • 高濃度
        選んだ色の、濃い部分の濃淡を調整します。
        例: 濃いイエローが薄くプリントされる場合、[イエロー]の[高濃度]をプラス(+)に設定します。
    補足
    • [おまかせ画質調整]の項目を設定している場合、[カラーバランス]を設定すると、[おまかせ画質調整]の設定は解除されます。

色合いを調整する[色合い]

  1. [色合い]を押します。

  2. 色合いを調整して、[閉じる]を押します。




    補足
    • [コピー]画面の[カラーモード]で[フルカラー]が選ばれていることを確認してください。[白黒]に設定されているときは、色合いの調整は無効になります。
    • [おまかせ画質調整]の項目を設定している場合、[色合い]を設定すると、[おまかせ画質調整]の設定は解除されます。
 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答