富士フイルムビジネスイノベーション

手差しトレイで、定形サイズ以外の封筒にプリントしたい

コンテンツID(6907)

定形サイズ以外の封筒(ここでは、角形3号)を用紙トレイ5(手差し)からプリントする方法を説明します。

補足
  • 特殊な用紙にプリントする場合は[用紙設定ガイド]を利用すると、画面の案内に従いながらプリンタードライバー設定や用紙セットを簡単に行えます。

  • [用紙設定ガイド]について詳しくは、「いろいろな用紙をプリントするコツ」を参照してください。

設定の流れ

  1. 封筒のタイプとサイズを確認する
  2. [PC]原稿を作成する
  3. [複合機]用紙トレイ5(手差し)に封筒をセットする
  4. [PC]プリンターのプロパティを設定する

商品によって一部表示や操作が異なる場合があります。

封筒のタイプとサイズを確認する

  1. 封筒のタイプとサイズを確認します。

    定形サイズとしてプリントできる封筒の場合は、「手差しトレイで、封筒にプリントしたい」を参照してください。

  2. 封筒のサイズを、ミリ(mm)単位で測ります。

    image

    注記
    • 窓の付いた封筒は使用しないでください。

    • 環境によって(特に湿度が高い場合)、しわになることがあります。

    • のり付きの封筒は、フラップがのり付けされてしまう可能性があります。

    補足
    • 封筒のサイズを測るとき、1~2mm程度の誤差は問題ありません。

[PC]原稿を作成する

ここでは、Microsoft® Wordの場合を例に説明します。

  1. 新規ファイルを開きます。

  2. [レイアウト]タブを開き、[印刷の向き]で[縦]または[横]を選びます。

  3. 和封筒(短辺側にフラップがある封筒)→[縦]

    洋封筒(長辺側にフラップがある封筒)→[横]

    image

  4. [サイズ]>[その他の用紙サイズ]を選びます。

    image

  5. [用紙]タブを開き、[用紙サイズ]で[サイズを指定]を選び、封筒の幅と長さ(「封筒のタイプとサイズを確認する」で測った値)を入力し、[OK]をクリックします。

    image

    補足
    • [高さ]には長さを入力してください(Microsoft® Wordのバージョンによっては、[高さ]が[長さ]と表示されることがあります)。

    • 使用するアプリケーションソフトウェアによっては、用紙サイズが自動で設定されるものがあります。

  6. 原稿を作成します。

    image

[複合機]用紙トレイ5(手差し)に封筒をセットする

封筒の形状によってセット方法が異なります。

図を参照して、封筒のプリントする面を下にして、用紙トレイ5(手差し)にセットします。

封筒に用紙ガイドをきちんと合わせてください。

image

補足
  • 和封筒は、プリントする面を下にし、フラップ(ふた)を開いた状態で上辺が左側になるようにして、セットしてください。

  • 洋封筒は、プリントする面を下にし、フラップ(ふた)を閉じた状態で上辺が右側となるようにして、セットしてください。

  • フラップ(ふた)にのり/シールが付いている封筒は、プリントする面を下にし、フラップ(ふた)を閉じた状態で上辺が右側になるようにセットしてください。

[PC]プリンターのプロパティを設定する

[用紙設定ガイド]を活用して、プリンターのプロパティを設定します。「いろいろな用紙をプリントするコツ」を参照してください。

本ページをスマートフォンなどで表示する場合はQRコードをご利用ください。

QR code
 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答