富士フイルムビジネスイノベーション

いろいろな用紙をプリントするコツ

コンテンツID(7508)

プリントする用紙の種類やサイズをプリンタードライバーで正しく設定しないと、プリントに失敗したり機械が故障したりする場合があります。

[用紙設定ガイド]を活用すれば、プリンタードライバーの設定や用紙のセット方法が簡単に分かるため、次のようなトラブルを防げます。

  • プリントの汚れ擦れ

  • プリントが切れる、縦横の向きが上手くいかない

  • 紙詰まり

  • 機械内部でラベル用紙がはがれることによる故障

注記
  • [用紙設定ガイド]は、Windows® 標準ドライバー(ART EXドライバー)で使用できます。

設定の流れ

  1. 用紙タイプの選択
  2. 用紙サイズ/トレイ/種類の選択
  3. 用紙セットの方法
  4. プリントの開始

商品によって一部表示や操作が異なる場合があります。

手順

ここでは、封筒長形3号をトレイ5(手差し)からプリントする場合を例に説明します。

  1. アプリケーションソフトウェアの[ファイル]メニューから[印刷]を選びます。

  2. [印刷]画面の[プリンター名]から本機を選び、[プロパティ]クリックします。

    補足
    • アプリケーションソフトウェアによっては、メニューの呼びかたが異なる場合があります。

  3. [用紙設定ガイド]をクリックします。

    image

    注記
    • [用紙設定ガイド]が表示されない場合は、手順2の[プリンター名]で本機を選んでいることを確認してください。

    • 本機が選べない場合は、本機のプリンタードライバーをインストールしてください。プリンタードライバーのインストール方法については、プリンターの自動セットアップ(Windows®を参照してください。

  4. [用紙タイプ]から[封筒]を選び、[次へ]をクリックします。

    image

  5. [用紙サイズ]にプリントしたい封筒サイズ(ここでは、封筒長形3号)、[用紙トレイ選択]に[トレイ5(手差し)封筒]を選びます。選択可能な項目は、お使いの機種や構成によって異なります。

    image

    注記
    • [用紙トレイ選択]に[自動]を選ぶと、本機で「077-967」エラーが発生することがあります。指定した[用紙種類]や[用紙サイズ]が本機に設定されていません。

    • 「プリント結果が汚れる、擦れる」のCase 2. トレイの設定を変更する(用紙トレイ1〜4の場合)を参照し、用紙トレイの用紙種類を設定してください。

  6. 原稿のレイアウトに合わせ[印字向き]で印字方向を選び、[次へ]をクリックします。

    image

  7. フラップ(ふた)にのりやシールの付いた封筒をセットする場合は、[のり/シール付きの封筒を印刷する]にチェックを付けます。

    image

  8. 画面の案内に従って、用紙トレイ5(手差し)に封筒をセットし、[完了]をクリックします。

    image

    プリンタードライバーに設定内容が反映されます。

  9. [プロパティ]画面、続いて[印刷]画面で[OK]をクリックして、プリントを開始します。

本ページをスマートフォンなどで表示する場合はQRコードをご利用ください。

QR code
 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答