富士フイルムビジネスイノベーション

ペーパーレスファクスを利用したい

コンテンツID(1330)

ペーパーレスファクスは、ファクス受信した文書を用紙にプリントすることなく、任意のボックスに保存できる機能です。
ボックスに保存したファクス文書は、インターネットサービスを使用してパソコンで取り出したり、任意のパソコンに転送したり、メールに添付して送信したりできます。
また、ダイレクトファクスを使用すると、パソコンから直接ファクス送信ができるので、ファクスの送信・受信をペーパーレス化できます。

参照
補足
  • 本機能は、お使いの機種によっては利用できません。利用するにはオプションが必要になります。詳しくは、弊社の営業担当者にお尋ねください。

商品によって一部表示や操作が異なる場合があります。

ペーパーレスファクスの設定方法について

ペーパーレスファクスの設定方法は3つあります。

  • 通常機能で設定する

    ファクス受信した文書をボックスに保存する設定を行うことで、ペーパーレスファクスを有効にできます。保存したボックスに対して、ジョブフローを関連付けることで、任意のパソコンに転送したり、別のファクスに転送したりすることができます。

  • ペーパーレスファクス設定を使って設定する

    ペーパーレスファクス設定を使用することで、ペーパーレスファクス受信用のボックスの作成やボックスに保存したファクス文書の転送先の設定など、ペーパーレスファクスに関する基本的な設定を、簡単に行うことができます。

  • ペーパーレスファクス仕分けキット(オプション)を使って設定する

    ペーパーレスファクス仕分けキットは、ファクス受信した文書のプリント、ボックスへの保存、転送、および仕分けを自動で行う、有償の追加型アプリケーションです。

ペーパーレスファクスを設定する

通常機能でファクス受信した文書を別のファクスに転送する設定を例に説明します。
本機の操作パネルと、Webブラウザー(インターネットサービス)から設定する方法があります。

操作パネルで設定する場合

設定の流れ

  1. 受信ファクスをボックスへ振り分ける機能を有効にする
  2. 受信ファクスを登録したボックスに保存する
  3. 別のファクスへ転送するジョブフローを登録する
  4. 保存先のボックスにジョブフローを関連付ける

受信ファクスをボックスへ振り分ける機能を有効にする

  1. 機械管理者モードでログインします。

  2. ホーム画面で[image]をタップします。

    image

  3. [設定]をタップします。

    image

  4. [アプリ設定]をタップします。

    image

  5. [ファクス設定]をタップします。

    image

  6. [ファクス動作制御]をタップします。

    image

  7. [受信回線別ボックスセレクター]をタップし、表示されるメニューから[有効]を選びます。

    image

  8. [<]をタップして、[ファクス設定]画面に戻ります。

引き続き、受信ファクスを登録したボックスに保存するを行います。

受信ファクスを登録したボックスに保存する

補足
  • 事前に、ファクス受信文書を保存するためのボックスの作成が必要です。

  • 保存先のボックスを作成するときに[よく使うボックスに表示]を有効にすると、ボックス操作画面の[よく使うボックス]で作成したボックスが表示されます。

    image

  1. [受信文書の保存先/排出先]をタップします。

    image

  2. [受信回線別 ボックスセレクター]をタップします。

    image

  3. [回線1の保存先]をタップします。

    image

  4. [設定する]をタップします。

    image

  5. [親展ボックス番号]をタップします。

    image

  6. 保存先のボックス番号を入力し、[OK]をタップします。

    image

  7. [OK]をタップします。

    image

  8. [<]をタップして、[アプリ設定]画面まで戻り、引き続き別のファクスへ転送するジョブフローを登録するを行います。

別のファクスへ転送するジョブフローを登録する

  1. [ジョブフロー設定]をタップします。

    image

  2. [ジョブフロー登録]をタップします。

    image

  3. [新規作成]をタップします。

    image

    補足
    • 作成済みのジョブフローをタップすると、現在のファクス転送設定を編集、削除できます。

  4. [名称]をタップします。

    image

  5. 表示されるキーボードを使って、ジョブフローの名称を入力し、[OK]をタップします

    image

  6. [ファクス送信]をタップします。

    image

  7. [アドレス帳]または[宛先を追加する]をタップします。

    image

  8. 転送先の宛先を設定して、[OK]をタップします。

    image

  9. ほかの宛先も設定する場合は手順7~8を繰り返します。設定が終わったら画面左上の[×]をタップして[新規作成]画面に戻ります。

    image

  10. [OK]をタップします。

    image

  11. ホーム画面に戻るには、ホームボタンを押します。

保存先のボックスにジョブフローを関連付ける

  1. ホーム画面で[ボックス操作]をタップします。

    image

  2. ジョブフローを関連付けたいボックスを選びます。

    image

  3. [ボックス設定]をタップします。

    image

  4. [ジョブフローの関連付け]を選びます。

    image

  5. [ジョブフローを選択する]をタップします。

    image

  6. 作成したジョブフローを選び、[OK]をタップします。

    image

  7. [自動実行]を有効にして、[OK]をタップします。

    image

  8. [OK]をタップします。

  9. ホーム画面に戻るには、ホームボタンを押します。

インターネットサービスから設定する場合

  1. 受信ファクスをボックスへ振り分ける機能を有効にし、保存するボックスを設定する
  2. 別のファクスへ転送するジョブフローを登録する
  3. 保存先のボックスにジョブフローを関連付ける

受信ファクスをボックスへ振り分ける機能を有効にし、保存するボックスを設定する

補足
  • 事前に、ファクス受信文書を保存するためのボックスの作成が必要です。

  1. インターネットサービスを起動します。

  2. 機械管理者モードでログインします。

  3. [アプリ]の[ファクス]をクリックします。

    image

  4. 受信設定の[受信回線別ボックスセレクター]をクリックします。

    image

  5. [有効]にチェックを付けます。

    image

  6. [ボックスセレクター一覧]の[回線1のボックスセレクター]をクリックします。

    image

  7. [有効]にチェックを付けます。

    image

  8. [ボックス番号]に保存先のボックス番号を入力します。

    image

  9. [保存]>[保存]を順にクリックします。

    image

別のファクスへ転送するジョブフローを登録する

  1. [アプリ]の[ジョブフロー]をクリックします。

    image

  2. [ジョブフロー一覧]の[編集]をクリックします。

    image

  3. [追加]をクリックします。

    image

  4. [ジョブフロー名]にジョブフローの名称を入力します。

    image

  5. [ファクス送信]をクリックします。

    image

  6. 転送先の宛先を設定して、[OK]>[保存]を順にクリックします。

    image

保存先のボックスにジョブフローを関連付ける

  1. [アプリ]の[ボックス操作]をクリックします。

    image

  2. [ボックス]の[一覧表示]をクリックします。

    image

  3. ジョブフローを関連付けたいボックスをクリックします。

    image

  4. [ジョブフローの関連付け]をクリックします。

    image

  5. [確認/変更]をクリックし、作成したジョブフローをクリックします。

    image

  6. [関連付け]にチェックを付け、[保存]をクリックします。

    image

  7. [閉じる]>[保存]を順にクリックします。

    image

本ページをスマートフォンなどで表示する場合はQRコードをご利用ください。

QR code
 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答