富士フイルムビジネスイノベーション

ユーザーを管理したい(登録/集計管理/利用制限)

コンテンツID(1560)

ユーザーごとに、各機能の利用量を集計したり、利用を制限したりできます。
本設定を利用するためには、本機を認証モードに設定し、利用するユーザーを登録する必要があります。

概念図

商品によって一部表示や操作が異なる場合があります。

本体認証を設定する

補足
  • インターネットサービスに機械管理者モードでログインして、[認証/集計/権限]>[認証/集計設定]>[認証/集計の運用]から同様に設定できます。

  1. 機械管理者モードでログインします。

  2. ホーム画面で[image]をタップします。

    image

  3. [設定]をタップします。

    image

  4. [認証/集計管理]をタップします。

    image

  5. [認証・セキュリティ設定]をタップします。

    image

  6. [認証の設定]をタップします。

    image

  7. [認証/集計の設定]をタップします。

    image

  8. [本体認証/集計]を選び、[OK]をタップします。

    image

パスワードを運用する

ユーザーが本機のパネルで認証をするときに、パスワードを入力するかどうかを設定します。セキュリティーを強化するためにも、パスワードの運用をお勧めします。

補足
  • インターネットサービスに機械管理者モードでログインして、[認証/集計/権限]>[認証/集計設定]>[パスワードの運用]から同様に設定できます。

  1. 機械管理者モードでログインします。

  2. ホーム画面で[image]>[設定]>[認証/集計管理]>[認証・セキュリティ設定]>[認証の設定]を順にタップします。

  3. [パスワードの運用]をタップします。

    image

  4. [パスワード使用 - パネル入力時]をタップします。

    image

  5. [する]を選び、[OK]をタップします。

    image

集計管理機能を設定する

認証機能を使用している場合に、集計したい機能を指定できます。

補足
  • インターネットサービスに機械管理者モードでログインして、[認証/集計/権限]>[認証/集計設定]>[本体集計]から同様に設定できます。

  1. 機械管理者モードでログインします。

  2. ホーム画面で[image]>[設定]>[認証/集計管理]を順にタップします。

  3. [集計管理]をタップします。

    image

  4. [認証/集計の設定]をタップします。

    image

  5. [各機能の集計]をタップします。

    image

  6. 集計する機能をタップします。

    image

  7. [集計する]を選び、[OK]をタップします。

    image

  8. ホーム画面に戻るには、ホームボタンを押します。
    [再起動]画面が表示された場合は、[はい(再起動する)]をタップします。

ユーザーを登録する

補足
  • インターネットサービスに機械管理者モードでログインして、[認証/集計/権限]>[ユーザーアカウント一覧]の[設定]>[ユーザーの登録]から同様に設定できます。

  1. 機械管理者モードでログインします。

  2. ホーム画面で[image]>[設定]>[認証/集計管理]>[認証・セキュリティ設定]>[認証の設定]を順にタップします。

  3. [ユーザー登録/集計確認]をタップします。

    image

  4. [(未登録)]のUser IDをタップします。

    image

  5. 表示されるキーボードを使って、User IDを入力し、[OK]をタップします。

  6. [ユーザー名]をタップします

    image

  7. 表示されるキーボードを使って、ユーザー名を入力し、[OK]をタップします。

    image

  8. パスワードの運用をしている場合は[パスワード]をタップします。

    image

  9. 表示されるキーボードを使って、パスワードを入力し、[次へ]をタップします。

    補足
    • パスワードなしに設定する場合は、空欄にして[次へ]をタップします。

  10. [パスワードを再入力]にも同じパスワードを設定し、[OK]をタップします。

ユーザーごとに機能の利用制限を設定する

登録したユーザーに利用制限をつける場合は、次の手順で設定します。

補足
  • インターネットサービスに機械管理者モードでログインして、[認証/集計/権限]>[ユーザーアカウント一覧]で利用制限を設定するユーザーを選び、[ユーザーの権限]>[設定]から同様に設定できます。

  1. 機械管理者モードでログインします。

  2. ホーム画面で[image]>[設定]>[認証/集計管理]>[認証・セキュリティ設定]>[認証の設定]>[ユーザー登録/集計確認]を順にタップします。

  3. 利用制限を設定するユーザーを選びます。

    image

  4. [サービスの利用制限]をタップします。

    image

  5. 制限する機能を選び、[機能制限]をタップします。

    image

    補足
    • プリンター機の場合はプリンター機能だけが制限できます。機能を選ぶ必要はありません。

  6. 制限する内容を選び、[OK]をタップします。

    image

  7. 必要に応じて他の機能の制限を設定します。

  8. [上限ページ数の変更]をタップします。

    image

  9. 上限ページ数を設定し、[OK]をタップします。

    image

  10. [サービスの利用制限]画面で[OK]をタップします。

    補足
    • 必要に応じて、手順3から繰り返し、ほかのユーザーの利用制限を設定します。

以降、本機を操作するときは、User ID が必要になります。

カラーコピーの利用を認証ユーザーだけに設定する(カラー複合機の場合)

カラーコピーの利用を登録したユーザーだけに制限するには、次の手順で設定します。

補足
  • インターネットサービスに機械管理者モードでログインして、[認証/集計/権限]>[権限設定]>[アクセス制限設定]>[機能の制限]の[カラーコピー]から同様に設定できます。

  1. 機械管理者モードでログインします。

  2. image]>[設定]>[認証/集計管理]>[認証・セキュリティ設定]>[認証の設定]を順にタップします。

  3. [アクセス制御]をタップします。

    image

  4. [機能の制限]をタップします。

    image

    注記
    • 本機の操作パネルの操作を制限する場合は[デバイスへのアクセス]の設定を変更してください。本機の各サービスを制限する場合は[サービスへのアクセス]の設定を変更してください。

  5. [カラーコピーの使用]をタップし、表示されるメニューから[制限する]を選びます。

    image

  6. ホーム画面に戻るには、ホームボタンを押します。
    [再起動]画面が表示された場合は、[はい(再起動する)]をタップします。

以降、カラーコピーの利用には、User IDの入力が必要になります。

本ページをスマートフォンなどで表示する場合はQRコードをご利用ください。

QR code
 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答