富士フイルムビジネスイノベーション

プリントした画像のふちが欠ける

コンテンツID(6924)

用紙ガイドがきちんと合っていないと、プリント画像が斜めになったり、ふちが欠けたりすることがあります。
また、ふち無し印刷は、用紙サイズに限らずできません。

プリントできる範囲は、標準で用紙の上下左右の端から4.1mmを除いた領域です。


設定の流れ

ここでは、パソコンでの操作と複合機での操作が必要です。パソコンでの操作は[PC]、複合機での操作は[複合機]と明示しています。

[複合機]用紙ガイドを確認する

  1. 用紙トレイ(ここではトレイ1)を手前に止まるところまで引き出します。

    注記
    • 本機がジョブを処理している間は、ジョブで使用している用紙トレイを引き出さないでください。
    • 紙詰まりや用紙セットの間違いをしないために、用紙トレイに残っている用紙の上に用紙を補給しないでください。
    • すべての用紙トレイを同時に引き出すと、機械全体が傾き、転倒などによりケガの原因となるおそれがあります。
  2. 用紙ガイドが、それぞれ用紙サイズの位置に合っているか確認します。




  3. 用紙ガイドがずれている場合は、セットされている用紙を取り出します。

  4. 用紙ガイドレバーをつまみながら、ガイドをそれぞれ用紙サイズに合った位置まで移動します。



  5. 取り出した用紙をそろえ直し、プリントする面を上にしてセットします。




    注記
    • [MAX]の線より上に用紙を入れないでください。
    • 用紙トレイの右側空きスペースには、用紙や物を置かないでください。
  6. 奥に突き当るところまで、用紙トレイをゆっくりと押し込みます。

    注記
    • 用紙トレイを押し込むときは、ゆっくりと押し込んでください。トレイを勢いよく押し込むと、故障の原因になります。

[PC]プリント領域を広げてプリントする

  1. アプリケーションソフトウェアの[ファイル]メニューから、[印刷]を選びます。

  2. [印刷]画面の[プリンター名]から本機を選び、[プロパティ]をクリックします。

    補足
    • アプリケーションソフトウェアによっては、メニューの呼びかたが異なることがあります。
  3. [とじしろ/プリント位置]をクリックします。



  4. [プリント領域]タブを開きます。



  5. [拡張]をクリックします。




    補足
    • [余白]タブの余白が、指定されていないことを確認します。
  6. [OK]をクリックします。

  7. プロパティ画面で[OK]をクリックし、[印刷]画面で[OK]をクリックします。

補足
  • 拡張後のプリント領域は、『管理者ガイド』の「16 付録」>「プリント可能領域」を参照してください。
  • コピー、プリント共に印刷領域を拡張する場合は、機械管理者モードで設定変更を行う必要があります。詳しくは、『管理者ガイド』の「5 仕様設定」>「プリンター設定」>「その他の設定」>「プリント可能領域」を参照してください。
 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答