富士フイルムビジネスイノベーション

024-XXX ~ 027-XXX

コンテンツID(2192)

エラーコード 原因/処置
024-340 024-341 024-342 024-343 024-345 024-346 024-347 024-348 024-349 024-350 024-351 024-352 024-353 024-354 024-355 024-356 024-357 024-358 024-359 024-360 024-361 024-362 024-363 024-364 024-365 024-366 024-367 024-368 024-370 024-371 024-372 024-373 024-375 原因 エラーが発生しました。
処置 本機の電源を切り、操作パネルのディスプレイが消灯してから、もう一度電源を入れてください。ふたたび同じメッセージが表示された場合は、弊社のテレフォンセンターまたは販売店にご連絡ください。
024-700 原因 オプション機能を利用するために必要なメモリー容量、またはハードディスクが装着されていません。
処置 本機の電源を切り、操作パネルのディスプレイが消灯してから、もう一度電源を入れてください。
それでも状態が改善されない場合は、弊社のテレフォンセンターに、電話でお問い合わせください。
024-702 原因 プリント中に、紙づまりが発生しました。
処置 詰まった用紙を取り除いて、もう一度プリント指示をしてください。
024-703 原因 製本可能な枚数の上限を超えているためプリントできませんでした。
処置 坪量の少ない用紙に変更してください。または、製本の作成を解除してください。
024-742 原因 プリントオプションで製本を指定したジョブのプリント枚数が、製本を作成可能な枚数を超えました。
処置 プリントオプションで、製本を作成可能な枚数ごとに分冊するか、製本の作成を解除してください。
024-746 原因 指定した紙質と組み合わせできない機能(用紙サイズ、用紙トレイ、排出トレイ、両面プリントのどれか)が指定されました。
処置 プリントデータを確認してください。
024-747 原因 プリンターパラメーターの組み合わせが不正です。原稿サイズ、用紙サイズ、給紙トレイ、両面印刷、排出トレイなどで、組み合わせできない機能が指定されています。
処置 プリントデータを確認して、もう一度プリントを指示してください。
024-748 原因 アノテーションで設定した[ページ桁数]と、[開始番号]で設定したページの桁数が合っていません。
処置 [ページ桁数]に、[開始番号]で指定したページの桁数を設定するか、[自動]を選択してください。
024-775 原因 プリントオプションで製本を指定したジョブのプリント枚数が、製本を作成可能な枚数を超えました。
処置 プリントオプションで、製本を作成可能な枚数ごとに分冊するか、製本の作成を解除してください。
025-596 025-597 原因 ハードディスクにエラーが発生しました。
処置 ハードディスクを交換してください。
026-400 原因 USB ホストポートに3つ以上の機器が接続されています。
処置 接続機器が最大2つになるように、取り外してください。それでも状態が改善されないときは、本機の電源を切り、操作パネルのディスプレイが消灯してから、もう一度電源を入れてください。
026-700 原因 アドレス帳の操作で、本機が対応してないプロトコルをLDAPサーバーから受信しました。
処置 もう一度同じ操作を実施してください。それでも状態が改善されない場合は、弊社のテレフォンセンターまたは販売店にご連絡ください。
026-701 原因 本機のアドレス帳への問い合わせ数が、本機の処理能力を超えました。
処置 しばらく待ってから、アドレス帳の操作をしてください。
アドレス帳の操作が1 件だけの場合は、本機のソフトウエアに不具合があります。
弊社のテレフォンセンターまたは販売店にご連絡ください。
026-702 原因 アドレス帳の操作で、LDAP サーバーから本機への通信数が、本機の処理能力を超えました。
処置 しばらく待ってから、アドレス帳の操作をしてください。それでも状態が改善されない場合は、弊社のテレフォンセンターまたは販売店にご連絡ください。
026-703 原因 ファクスまたはスキャン中、原稿を追加して継続したときに認証が解除されていました。
処置 原稿追加時に認証をしてください。
026-704 原因 DocuWorks 文書の処理中にエラーが発生しました。
処置 DocuWorks Viewer からプリンタードライバーを使用して印刷してください。
026-705 原因 メモリー容量が不足したため、DocuWorks 文書の処理ができません。
処置 弊社のテレフォンセンターまたは販売店にご連絡ください。
026-706 原因 印刷禁止指定されたDocuWorks 文書を処理しようとしました。
処置 DocuWorks Viewer を使用して印刷禁止指定を解除して、再プリントしてください。
026-707 原因 パスワードで保護されている DocuWorks 文書を処理する場合で、パスワードが一致しませんでした。
処置 正しいパスワードをContentsBridge で指定してください。
026-708 原因 スキャナー(URL 送信)で、1つのジョブで蓄積できるスキャンデータサイズの上限を超えました。
処置 次のいずれかを実行してください。
1. スキャンパラメーターの解像度(スキャン画質)を落として再度実行する。
2. スキャンパラメーターの倍率で画像を縮小して再度実行する。(A3 → A4 など)
3.[URL 送信の最大蓄積サイズ]を小さい値にしている場合、大きな値に変更する。
026-709 原因 スキャナー(URL 送信)で、スキャンデータ蓄積で利用できるハードディスクの容量が不足しています。
処置 時間(1日程度)をおいて、文書の自動削除により空き容量ができたあと、再度実行してください。
026-710 原因 本機が対応していない暗号方式で暗号化されたS/MIMEメールを受信しました。
処置 次のどれかの方法で処置してください。
・ メール送信者に暗号方式(3DES) で暗号化したメールの送信を依頼してください。
・ 本機のFIPS140 認証モードを解除してください。
026-711 原因 スキャンで、マルチページファイルの上限サイズを超えました。
処置 次のいずれかを実行してください。
1. スキャンパラメーターの解像度(スキャン画質)を落として再度実行する。
2. 原稿枚数を減らして再度実行する。上限サイズは、TIFF、XPS、PDF は2GB、XDW は1GB です。
026-712 原因 CentreWare Internet Services からの操作中にエラーが発生しました。
処置 しばらくしてから、もう一度操作してください。
026-718 原因 プリントの指示で、原稿サイズ、用紙サイズ、給紙トレイ、両面印刷、排出トレイなどで、組み合わせできない機能が指定されています。
処置 プリントデータを確認して、もう一度プリントを指示してください。
026-719 原因 スキャナー(USB メモリー保存)の操作中にエラーが発生しました。
処置 しばらく待ってから、もう一度同じ操作を実施してください。それでも状態が改善されない場合は、弊社のテレフォンセンターまたは販売店にご連絡ください。
026-720 原因 スキャナー(USB メモリー保存)で、スキャンデータの転送先のUSB メモリーの容量が不足しています。
処置 USB メモリーの空き容量を確認してください。
026-721 原因 スキャナー(USB メモリー保存)の操作中にエラーが発生しました。
処置 次のことを確認してください。
・ USB メモリー差込口にUSB メモリーが正しく挿入されているか
・ コンピューターからUSB メモリーにアクセスできるか
・ 暗号化されていないUSB メモリーを使用しているか
026-722 原因 USB メモリーがフォーマットされていません。
処置 コンピューターを使用して、USB メモリーを次の形式でフォーマットしてから、もう一度同じ操作を実施してください。
・ 対応フォーマット:FAT12、FAT16(FAT)、FAT32
それでも状態が改善されない場合は、弊社のテレフォンセンターまたは販売店にご連絡ください。
026-724 026-725 原因 インターネットを使用するEP システムとの通信でエラーが発生しました。
処置 弊社のテレフォンセンターまたは販売店にご連絡ください。
026-726 原因 プリントジョブの指定時に機器構成情報が、実際の機器構成と一致していません。
処置 プリンタードライバー画面で機器構成情報と、実際の機器構成を合わせてください。
026-727 原因 次の原因が考えられます。
1. 保存先のパス名に、使用できない文字(①など)が使われています。
2. 保存先のパス名(拡張子を含む)が利用できる文字数を超えています。
処置 次のいずれかを実行してください。
1. については、保存先のパス名を変更してください。
2. については、保存先のパス名を1 ~ 255 バイト以内で設定してください。
026-730 原因 指定した用紙トレイにセットされている用紙のサイズが不明です。
処置 指定した用紙トレイの用紙ガイドの位置を確認し、再度ジョブを実行してください。
027-400 原因 本機との通信に失敗しました。
処置 他のメッセージが表示されている場合はそちらの内容を確認してください。パネル操作中なら操作を完了してください。リモートアクセス中ならアクセスが終了するまで待ってください。本機の電源を切り、操作パネルのディスプレイが消灯してから、もう一度電源を入れてください。それでも状態が改善されないときは、弊社のテレフォンセンターまたは販売店にご連絡ください。
027-442 原因 IPv6 のIP アドレスが重複しています。
処置 本機IPv6「ステートレス自動設定アドレス1」、またはネットワーク上機器のIPv6 アドレスを変更して、IP アドレスの重複を解消してください。
027-443 原因 IPv6 のIP アドレスが重複しています。
処置 本機IPv6「ステートレス自動設定アドレス2」、またはネットワーク上機器のIPv6 アドレスを変更して、IP アドレスの重複を解消してください。
027-444 原因 IPv6 のIP アドレスが重複しています。
処置 本機IPv6「ステートレス自動設定アドレス3」、またはネットワーク上機器のIPv6 アドレスを変更して、IP アドレスの重複を解消してください。
027-445 原因 手動設定したIPv6 のIP アドレスが間違っています。
処置 正しいIPv6 アドレスを設定し直してください。
027-446 原因 手動設定したIPv6 のIP アドレスが重複しています。
処置 本機IPv6 の「手動設定アドレス」、またはネットワーク上機器のIPv6 アドレスを変更して、IP アドレスの重複を解消してください。
027-447 原因 IPv6 アドレスが重複しています。
処置 本機のIPv6「リンクローカルアドレス」、またはネットワーク上機器のIPv6 アドレスを変更して、IP アドレスの重複を解消してください。
027-452 原因 IPv4 のIP アドレスが重複しています。
処置 本機のIPv4 アドレス、またはネットワーク上の機器のIPv4 アドレスを変更してください。
027-500 原因 SMTP サーバーに接続できませんでした。
処置 SMTP サーバー名を正しく指定するか、IP アドレスで指定してください。
027-501 原因 POP サーバーでエラーが発生しました。
処置 もう一度同じ操作を実施してください。それでも状態が改善されない場合は、弊社のテレフォンセンターまたは販売店にご連絡ください。
027-502 原因 POP3 プロトコル利用時に、POP3 サーバーへのログインに失敗しました。
処置 CentreWare Internet Services からPOP3 サーバーで使用するユーザー名とパスワードが正しく設定されているか確認してください。
027-503 原因 POP サーバーでエラーが発生しました。
処置 もう一度同じ操作を実施してください。それでも状態が改善されない場合は、弊社のテレフォンセンターまたは販売店にご連絡ください。
027-504 原因 SMTP サーバーでエラーが発生しました
処置 もう一度同じ操作を実施してください。それでも状態が改善されない場合は、弊社のテレフォンセンターまたは販売店にご連絡ください。
027-513 原因 スキャナー(PC 保存)のSMB 転送で、SMB サーバーへのアクセス権がありません。
処置 指定した保存場所で、ファイルやフォルダーの読み取りおよび書き込みができるように設定してください。
設定方法については、システム管理者に確認するか、お使いのOSにより、マイクロソフト社またはアップルジャパン社の公式ホームページをご参照ください。
027-516 原因 次の原因が考えられます。
1. スキャナー(PC 保存)のSMB 転送時に、転送先のSMB サーバーが見つかりませんでした(TCP/IP のセッション確率に失敗)。
2. スキャナー(PC 保存)のSMB 転送時に、転送先に指定しているSMB サーバーから、本機への応答がありません。
3. スキャナー(PC 保存)のSMB 転送先に指定しているSMBサーバー名の名前解決に失敗しました。
処置 1. 次のどれかの方法で処置してください。
・ ネットワークケーブルの接続を確認する
・ サブネットを越える通信の場合、WINS サーバーの設定を確認し、サーバー名のアドレス解決が正しくできるかを確認する
・ 転送先のSMB サーバーのファイアウォール設定において、ファイル共有サービス(137 番ポート(UDP)、138 番ポート(UDP)、139 番ポート(TCP)による通信)が許可されていること
2. 転送先に指定しているSMB サーバーで、ファイル共有サービスが有効になっているか、確認してください。
・ Microsoft ネットワーク用のファイル共有サービスが有効になっていること改善されない場合は、次の設定を確認してください。
・ TCP/IP 設定においてNetBIOS over TCP/IP が有効になっていること
3. 次のどれかの方法で処置してください。
・ 本機に設定してある転送先サーバー名をFQDN 文字列( 例:mypc01.fuji0.co.jp) で入力している場合、本機のネットワーク設定で、DNS サーバーアドレスが正しく設定されていることを確認する 
・ DNS サーバとの接続に問題がない場合、本機に設定してある転送先サーバー名が、DNS サーバに登録されていることを確認する
027-518 原因 スキャナー(PC 保存)のSMB 転送で、指定したパスワードが間違っています。
転送先がMacintosh の場合、指定したユーザーがWindows 共有を使用できるユーザーとして登録されていません。
処置 共有フォルダーに設定したパスワードを確認してください。
転送先がMacintosh の場合、Windows 共有を利用できるユーザーを、ユーザー名に指定してください。
027-519 原因 スキャナー(PC 保存)のSMB 転送で、指定されたスキャン画像の保存場所またはファイル名に問題があります。
次の原因が考えられます。
・ 画像の保存場所かファイル名に、問題がある
・ 指定された保存場所がサーバー上に存在しない
・ 指定された保存場所かファイル名に、禁則文字が使用されていた
・ 指定された保存場所は、分散ファイルシステム(DFS)設定のため、別の共有フォルダーにリンクされている
処置 次のどれかの方法で処置してください。
・ 保存場所が正しいか確認する
・ 指定したファイル名がSMB サーバー上に作成可能なファイル名かを確認する
・ システム管理者に分散ファイルシステム(DFS)の設定を確認する

確認方法は次のとおりです。
1. SMB サーバー上で、[スタート]メニュー>[すべてのプログラム]>[管理ツール]>[分散ファイルシステム]を選択する。 2.[分散ファイルシステム]ウインドウの左枠から指定した保存場所を選択し、ウインドウの右枠に表示される[ターゲット]情報を確認する。
3. 確認した情報に基づいて、SMB サーバー、共有名および保存場所を直接指定する。
027-520 原因 スキャナー(PC 保存)のSMB 転送で、SMB サーバー上でのファイル名またはフォルダー名の取得に失敗しました。
処置 SMB サーバーのアクセス権を確認してください。
027-521 原因 SMB スキャンで指定可能なファイル名またはフォルダー名のサフィックスが制限値を超えました。
処置 SMB スキャンサーバーのファイル名または転送先フォルダーを変更してください。または、転送先フォルダー内のファイルを移動または削除してください。
027-522 原因 スキャナー(PC 保存)のSMB 転送で、次の理由により、SMBサーバー上でのスキャン画像ファイルの作成に失敗しました。
・ 指定されたファイル名は、サーバー上にすでに存在している
・ 指定されたファイル名は、使用されている
・ 指定されたファイル名は、ディレクトリーとしてすでに存在している
・ 指定されたファイル名に、禁則文字が使用されている
処置 次のどれかの方法で処置してください。
・ 指定したファイル名が、保存場所に作成可能なファイル名かを確認する
・ 指定したファイル名が、別のユーザーによって使用されていないかを確認する
・ 指定したファイル名と同じ名前のファイル、またはフォルダーがあるかを確認する
027-523 原因 スキャナー(PC 保存)のSMB 転送で、SMB サーバー上でのロックフォルダー作成に失敗しました。指定したフォルダーは、すでに存在します。
処置 指定した名前と同じ名前のファイルまたはロックフォルダーがSMB サーバー上にあるかを確認してください。
027-524 原因 スキャナー(PC 保存)のSMB 転送で、SMB サーバー上でのフォルダー作成に失敗しました。指定したフォルダーは、すでに存在します。
処置 指定した名前と同じ名前のファイルまたはフォルダーがSMBサーバー上にあるかを確認してください。
027-525 原因 スキャナー(PC 保存)のSMB 転送で、次の理由により、SMBサーバー上でのファイルの削除に失敗しました。
・ ファイルが存在しない
・ すでにファイルがオープンされている
・ 指定したファイル名はディレクトリーとして、すでに存在している
処置 指定した保存場所で、ほかのユーザーがファイル操作を行っていないかを確認してください。
027-526 原因 スキャナー(PC 保存)のSMB 転送で、SMB サーバー上のロックフォルダーの削除に失敗しました。
処置 既存のlock directory(*.LCK)が転送先に残っていた場合、手動で削除したあとに、もう一度同じ操作を実行してください。
027-527 原因 スキャナー(PC 保存)のSMB 転送で、次の理由により、SMBサーバー上でのフォルダーの削除に失敗しました。
・ ファイルが存在しない
・ ディレクトリーが空ではない
・ 指定したディレクトリー名がディレクトリーではない
処置 指定した保存場所で、ほかのユーザーがファイル操作を行っていないかを確認してください。
027-528 原因 スキャナー(PC 保存)のSMB 転送で、SMB サーバー上の格納先に空き領域がありません。
処置 保存場所に空き領域があるかを確認してください。
027-529 原因 スキャナー(PC 保存)のSMB 転送で、SMB サーバーから予期しないエラー応答を受信したか、または本機内部で予期せぬエラーが発生しました。
処置 弊社テレフォンセンターまたは販売店にご連絡ください。
027-530 原因 ファイル名が重複しています。スキャンファイル名が重複したときに、「上書き禁止」を設定しています。
処置 ファイル名が重複したときの処理を、「ジョブを中止(保存しない)」以外に設定してください。
027-531 原因 サーバーへ接続したあとに、ファイリングポリシー不正(追加選択時)が検知されました。
処置 ファイル名が重複したときの処理に「追加」を設定している場合、ファイルフォーマットがマルチページでないことを確認してください。
027-532 原因 NEXTNAME.DAT ファイルアクセスに失敗しました。
処置 ファイル名が重複したときの処理に「追加」を設定している場合、NEXTNAME.DAT ファイルが正しいことを確認してください。
027-533 原因 内部エラーが発生しました。
処置 もう一度同じ操作を行ってください。それでも状態が改善されないときは、弊社のテレフォンセンターまたは販売店にご連絡ください。
027-543 原因 SMB サーバー(NetBIOS)名が不正です。
処置 SMB サーバーのサーバー名が正しいかを確認してください。
027-547 原因 SMB のプロトコルエラーです。
指定されたドメイン名に禁則文字を検出しました。
処置 SMB 認証時に発生した場合:
ネットワーク管理者にドメイン名を確認して、正しく設定してください。また、本機に設定されたドメイン名が正しいかを確認してください。
本機に設定されたドメイン名の確認方法は、次のとおりです。
1. 機械管理者モードで入り、[仕様設定/ 登録]>[仕様設定]>[ネットワーク設定]>[外部認証サーバー/ ディレクトリーサービス設定]>[SMB サーバー設定] を選択する。
2. 対象のSMB サーバーを選択し、ドメイン名を確認する。

スキャナー(PC 保存)のSMB 転送時に発生した場合:
ログイン名入力時に指定したドメイン名が正しいかをネットワーク管理者に確認してください。
サーバー上のドメイン名の確認方法は、次のとおりです。
1. アクティブディレクトリーのドメインコントローラー上で、[スタート]メニュー>[すべてのプログラム]>[管理ツール]>[Active Directory ドメインと信頼関係]を選択する。
2.[Active Directory ドメインと信頼関係]ウインドウの左枠から[Active Directory ドメインと信頼関係]>[ドメイン]を選択し、右クリック後、[プロパティ]を選択する。
3.[ドメインのプロパティ]ウインドウの[全般]タブを選択し、[ドメイン名(Windows 2000以前)]のドメイン名を確認する。
027-548 原因 SMB のプロトコルエラーです。
指定されたユーザー名に禁則文字を検出しました。
処置 ネットワーク管理者にサーバー上のユーザー名を、禁則文字を使用しないで設定してもらってください。
サーバー上のユーザー名の確認手順は、次のとおりです。
1. ユーザー情報が設定されたアクティブディレクトリーのドメインコントローラー上で、[スタート]メニュー>[すべてのプログラム]>[管理ツール]>[Active Directory ユーザとコンピュータ]を選択する。
2.[Active Directory ユーザとコンピュータ]ウインドウの左枠から[ドメイン]>[Users]を選択し、ユーザー情報をリストする。
3.[Active Directory ユーザとコンピュータ]ウインドウの右枠から対象ユーザーを右クリックし、[プロパティ]を選択する。
4.[ユーザのプロパティ]ウインドウの[アカウント]タブを選択し、[ユーザーログオン名(Windows 2000 以前)]のユーザー名を確認する。
027-549 原因 SMB のプロトコルエラーです。
処置 もう一度同じ操作を実施してください。それでも状態が改善されない場合は、弊社のテレフォンセンターまたは販売店にご連絡ください。
027-564 原因 SMB のプロトコルエラーです。
SMB サーバーが見つかりませんでした。
処置 認証サーバーと本機がネットワーク通信できる状態にあるかを確認してください。
たとえば、次の内容を確認してください。
・ ネットワークケーブルの接続確認
・ TCP/IP 設定確認
・ 137 番ポート(UDP)、138 番ポート(UDP)、139 番ポート(TCP)による通信の確認
027-565 原因 SMB のプロトコルエラーです。
処置 もう一度同じ操作を実施してください。それでも状態が改善されない場合は、弊社のテレフォンセンターまたは販売店にご連絡ください。
027-566 原因 SMB のプロトコルエラーです。
SMB(TCP/IP)が起動されていません。
処置 CentreWare Internet Service の[プロパティ]タブの[ポート起動]画面で、SMB(TCP/IP)が起動されていることを確認してください。
027-569 原因 SMB(TCP/IP)ポートが起動されていません。
処置 CentreWare Internet Services の[プロパティ]タブの[ポート起動]画面で、SMB(TCP/IP)が起動されていることを確認してください。
027-572 027-573 027-574 027-576 027-578 原因 SMB のプロトコルエラーです。
処置 もう一度同じ操作を実施してください。それでも状態が改善されない場合は、弊社のテレフォンセンターまたは販売店にご連絡ください。
027-584 原因 SMB のプロトコルエラーです。
SMB サーバーが共有セキュリティーモードで動作しています。
処置 SMB サーバーがWindows 95、Windows 98、またはWindows Me のOS に設定されている可能性があります。SMB サーバーをWindows 95、Windows 98、およびWindows Me 以外のOS に設定してください。
027-585 原因 SMB のプロトコルエラーです。
ログインできない時間帯です。
処置 システム管理者にログインが許可されている時間帯を確認してください。
027-586 原因 SMB のプロトコルエラーです。
パスワードの有効期間が過ぎています。
処置 システム管理者から有効なパスワードを取得してください。
027-587 原因 SMB のプロトコルエラーです。
パスワードの変更が必要です。
処置 Windows でログインし、パスワードを変更してください。システム管理者に、次回ログイン時のパスワード変更をしなくてよいように、設定を変更してもらってください。
027-588 原因 SMB のプロトコルエラーです。
ユーザーが無効になっています。
処置 システム管理者に、ユーザーの有効化を依頼してください。
027-589 原因 SMB のプロトコルエラーです。
ユーザーがロックアウトされています。
処置 システム管理者に、ロックアウトの解除を依頼してください。
027-590 原因 SMB のプロトコルエラーです。
ユーザーの有効期間が過ぎています。
処置 システム管理者から有効なユーザーを取得してください。または、システム管理者にアカウントの期限の延長を依頼してください。
027-591 原因 SMB のプロトコルエラーです。
ユーザーが制限されています。空パスワードは許可されていません。
処置 ユーザーのパスワードを設定してください。
027-701 原因 本機からネットワークケーブルが抜けています。
処置 ネットワークケーブルが抜けていることを確認し、ケーブルを接続し直してください。
027-702 原因 指定した宛先用証明書がありません。
処置 宛先用証明書を本機に登録してください。
027-703 原因 指定した宛先用証明書の有効期限が切れています。
処置 有効期限が切れていない宛先用証明書を本機に登録してください。
027-704 原因 指定した宛先用証明書のCA 証明書がありません。
処置 宛先用証明書の証明書パスを確認して、必要なCA 証明書を本機に登録してください。
027-705 原因 指定した宛先用証明書が、廃棄対象になっています。
処置 廃棄対象ではない宛先用証明書を指定してください。
027-706 原因 メールの送信時に、本体メールアドレスに関連付けられたS/MIME 証明書が存在しませんでした。
処置 メールアドレスに対応したS/MIME 証明書を、本機にインポートしてください。
027-707 原因 メールの送信時に、本体メールアドレスに関連付けられたS/MIME 証明書の有効期限が過ぎていました。
処置 新しくS/MIME 証明書を発行してもらい、本機にインポートしてください。
027-708 原因 メールの送信時に、本体メールアドレスに関連付けられているS/MIME 証明書が、信頼できない証明書でした。
処置 信頼できる証明書を本機にインポートしてください。
027-709 原因 メールの送信時に、本体メールアドレスに関連付けられているS/MIME 証明書が、廃棄されていました。
処置 新しいS/MIME 証明書を本機にインポートしてください。
027-710 原因 受信したメールに、S/MIME 証明書がありません。
処置 送信者に、S/MIME 証明書を添付してメールを送信するよう、連絡してください。
027-711 原因 受信したメールから、送信者のS/MIME 証明書が取得できませんでした。
処置 送信者のS/MIME 証明書を本機にインポートするか、送信者が送信するS/MIME 署名メールに、S/MIME 証明書を添付してください。
027-712 原因 受信したメールのS/MIME 証明書が、有効期限を過ぎているか、信頼できない証明書でした。
処置 送信者に、期限の有効なS/MIME 証明書を添付してメールを送信するように連絡してください。
027-713 原因 受信したメールが、送信経路で改ざんされている可能性があるため、受信したメールを破棄しました。
処置 送信者に、メールが改ざんされている可能性があることを連絡し、メールを再送信してもらってください。
027-714 原因 受信したメールのFrom フィールドと、S/MIME 署名メールのメールアドレスが異なっていたため、受信したメールを破棄しました。
処置 送信者に、From フィールドとS/MIME 署名メールのメールアドレスが異なっていることを連絡し、メールを再送信してもらってください。
027-715 原因 受信したメールのS/MIME 証明書が、本機に登録されていないか、本機で使用するように設定されていません。
処置 送信者のS/MIME 証明書を本機にインポートするか、すでにS/MIME 証明書が登録済みの場合は、本機で使用するように設定してください。
027-716 原因 受信したメールのS/MIME 証明書が信頼できないため、受信メールを破棄しました。
処置 送信者に信頼できるS/MIME証明書を添付して送信するように連絡してください。
027-717 原因 メール送信で使用するSMTP サーバーのアドレスをDNS サーバーから取得できませんでした。
処置 DNS サーバーが正しく設定されているか確認してください。
027-720 原因 アプリケーション連携先のサーバーが見つかりません。
処置 DNS サーバーのアドレスが正しく設定されているか確認してください。または、連携するアプリケーション(ApeosWare Flow Service)がインストールされているコンピューターが、DNS 登録されているかを確認してください。
027-721 原因 アプリケーション連携先が存在しません。
処置 連携するアプリケーション(ApeosWare Flow Service)が正しく動作しているかを確認してください。
027-722 原因 アプリケーション連携先との接続中に、タイムアウトになりました。
処置 ジョブフローを、もう一度実行してください。
027-723 原因 アプリケーション連携先(ApeosWare Flow Service)の認証に失敗しました。
処置 ジョブフロー作成時に、入力するユーザー名、パスワードを確認してください。
027-724 原因 アプリケーション連携(ApeosWare Flow Service)に失敗しました。
処置 ApeosWare Flow Service が正しく動作しているか確認してください。正しく動作している場合はログを確認してください。
027-725 原因 アプリケーション連携でジョブ操作に失敗しました。
処置 連携するアプリケーション(ApeosWare Flow Service)が正しく動作しているかを確認してください。動作している場合は、ログを確認してください。動作していない場合は、ネットワーク環境を確認してください。
027-726 原因 アプリケーション連携先(ApeosWare Flow Service)のステータスが不明になりました。
処置 ApeosWare Flow Service が正しく動作しているか確認してください。正しく動作している場合はログを確認してください。
027-727 原因 アプリケーション連携でパラメーターが不正です。
処置 ジョブフローを、もう一度実行してください。
027-728 原因 外部サービスへの送信要求ファイル数が、送信可能最大数を超えました。
処置 送信可能枚数を超えない枚数で、もう一度実行してください。
027-730 原因 SMTP メールで、分割可能なページ数の上限を超えました。
処置 ページ分割に設定してあるページ数を大きくするか、原稿のページ数を少なくしてください。
027-735 原因 SSL を使った転送指定に対して、本機のSSL 設定が無効になっています。
処置 本機のSSL 設定を有効にしてください。または、転送プロトコルをHTTP に指定してください。
027-736 原因 サーバー証明書検証指定に対して、本機のサーバー証明書検証が無効になっています。
処置 本機のサーバー証明書検証設定を有効にしてください。または、転送時のサーバー証明書検証指定を無効にしてください。
027-750 原因 スキャン文書に対して、ファクス転送/ プリント/ インターネットファクス転送/IP ファクス(SIP) 転送を実行しようとしました。
処置 スキャン文書は、ファクス転送/ プリント/ インターネットファクス転送/IP ファクス(SIP) 転送できません。ジョブフローを正しく設定してください。
027-751 原因 ジョブフローに従って実行するときに、エラーが起きました。
処置 ジョブフローの設定内容を確認してください。
027-752 原因 ジョブフローの必須入力項目が入力されていません。
処置 次のどちらかの方法で処置してください。
・ 必須入力項目があるジョブフローは、親展ボックスに関連付けない
・ ジョブフローの必須入力項目に既定値を設定する
027-753 原因 次の原因が考えられます。
1. ジョブフローを実行するために必要なポートが、起動されていないか使用できない状態で、サービスを実行しようとしました。
2. S/MIME 通信を無効に設定している状態で、暗号化またはデジタル署名ありのメールを送信するジョブフローを実行しました。
処置 1. については、機械管理者にポートの状態を確認してもらってください。
2. については、S/MIME 通信を有効に設定するか、暗号化、およびデジタル署名なしでメールを送信するようにジョブフローの設定を変更してください。
027-754 原因 ジョブフローで[DocuWorks 署名]または[PDF 署名]について設定している場合に、設定内容に矛盾が生じています。
処置 [DocuWorks 署名]または[PDF 署名]のシステムデータの設定(本機の現在の設定)と実施したジョブフローの署名の設定を確認してください。システムデータの設定とジョブフローの設定が異なっている場合には、どちらかの設定を変更してください。
027-761 原因 本機に外部アクセス機能を使ったオンデマンドプリントを指示しましたが、印刷要求をしてから実際に印刷処理を開始するまでの時間が、本機に設定されている時間を超えました。
処置 複数文書を外部アクセス機能を使ってオンデマンドプリントした場合は、文書数を減らして再度実行してください。
外部アクセス機能を使ったオンデマンドプリントで複数の文書を指示した場合、最後の文書を受け付けるまでの印刷処理時間は考慮されません。そのため、大量の文書の場合やデータ処理時間がかかる複雑な文書の場合は、最後の文書を受け付ける前にタイムアウトする可能性があります。印刷指示する文書の形態に合わせて、有効時間を設定してください。それでも状態が改善されない場合は、弊社のテレフォンセンターまたは販売店にご連絡ください。
027-762 原因 外部アクセス機能を使ったオンデマンドプリントジョブが本機に指示されましたが、指示されたジョブチケットが次のように不正でした。
・ 本機ソフトウエア不具合によるジョブチケット異常書き換え
・ 送信元の外部サーバーのバグによるジョブチケット異常書き換え
・ ネットワークトラブルによるジョブチケット異常書き換え
・ 意図的なジョブチケットの改ざん
処置 もう一度プリントを指示してください。それでも状態が改善されない場合は、弊社のテレフォンセンターまたは販売店にご連絡ください。
027-763 原因 外部のアカウンティングサーバーとユーザー情報の照合ができませんでした。
処置 次のどれかの方法で処置してください。
・ 外部アカウンティングサーバーが正しく動作しているか確認する
・ ネットワークに障害がないか確認する
・ ネットワークケーブルを正しく接続する
・ 本機の設定を確認する
027-770 原因 プリントジョブに問題があります。
処置 ジョブを再度実行してください。
027-771 原因 本機に接続しているサーバーのハードディスクがいっぱいになりました。
処置 サーバーのデータを削除してください。
027-772 原因 SMTP サーバーとの通信でエラーが発生しました。
処置 [仕様設定]>[ネットワーク設定]>[本体メールアドレス/ ホスト名]に設定されているホスト名を、ASCII 文字で設定してください。
それでも状態が改善されない場合は、ネットワーク管理者にSMTP サーバーがHELOコマンドに対応しているか確認してください。
027-773 原因 SMTP サーバーとの通信でエラーが発生しました。
処置 しばらく待ってから、もう一度操作してください。
027-774 原因 指定したメールアドレスに使用できない文字が含まれています。
処置 宛先のメールアドレスは、ASCII 文字だけで設定してください。
027-775 原因 送信する宛先数が多すぎます。
処置 宛先数を減らしてください。
それでも状態が改善されない場合は、ネットワーク管理者にSMTP サーバーがEHLOコマンドに対応しているか確認してください。
027-776 原因 SMTP サーバーとの通信でエラーが発生しました。
処置 [仕様設定]>[ネットワーク設定]>[本体メールアドレス/ ホスト名]に設定されているホスト名を、ASCII 文字で設定してください。
それでも状態が改善されない場合は、ネットワーク管理者にSMTP サーバーがEHLOコマンドに対応しているか確認してください。
027-777 原因 送信先のSMTP サーバーがSMTP-AUTH に対応していません。
処置 [仕様設定]>[ネットワーク設定]>[メール送受信設定]>[SMTP サーバー設定]>[送信時の認証方式]を[利用しない]に設定してください。
027-778 原因 送信先のSMTP サーバーが、本機に設定してあるSMTP-AUTHの認証方式に対応していません。
処置 ネットワーク管理者に、SMTP サーバーに認証方式を確認してください。
本機が対応している認証方式は、PLAIN(平文型)認証/LOGIN(BASE64 型)認証/ CRAM-MD5(チャレンジ&レスポンス型)です。
027-779 原因 SMTP サーバーの認証に失敗しました。
処置 SMTP-AUTH に設定してあるログイン名とパスワードを確認してください。
027-796 原因 メール受信時に添付文書だけをプリントするように設定している場合に、文書が添付されていないメールを受信したので、そのメールが破棄されました。
処置 メール本文やメールヘッダー情報などもプリントする場合は、CentreWare Internet Services のプロパティ画面で、設定を変更してください。
027-797 原因 受信メールの出力先が不正です。
処置 正しい出力先を指定して、もう一度メールを送信してください。


 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答