富士フイルムビジネスイノベーション

ユーザー用紙の設定方法

コンテンツID(3040)

概要

ユーザー用紙を登録できます。登録したユーザー用紙は、用紙トレイに割り当てることができます。
設定は、「ユーザー用紙の設定」、「用紙トレイの設定変更」、「Print Serverの用紙設定」の順番で行います。

ユーザー用紙の設定

  1. <認証>ボタンを押します。

    <認証>ボタンを押します
     
  2. 数字ボタン、または表示されるキーボードを使って、機械管理者IDを入力し、[確定]を押します。

    [確定]を押します
     
    補足
    • パスワードの入力が必要な場合は、機械管理者IDを入力したあと[次へ]を押し、パスワードを入力します。
  3. メニュー画面の[仕様設定/登録]を押します。

    [仕様設定/登録]を押します
     
  4. [仕様設定] >[共通設定] >[用紙/トレイの設定]を押します。

    [用紙/トレイの設定]を押します
     
  5. [ユーザー用紙の設定]を押します。

    >[ユーザー用紙の設定]を押します
     
  6. 登録するユーザー用紙を選んで、[確認/変更]を押します。

    [確認/変更]を押します
     
  7. 任意の項目を設定します。

    任意の項目を設定します

    任意の項目を設定します
     

    設定項目は以下となります。(一部オプション設定)
    名称用紙種類アライメント補正エアアシスト調整転写出力調整レジループ量調整紙折り位置の調整用紙端の転写出力調整用紙搬送速度調整定着温度の調整転写荷重調整

 

1. 名称

ユーザー用紙に名称を付けられます。ひらがな、カタカナ、漢字、英数字、記号を使って、全角で30文字まで設定できます。

  1. [名称]を選んで、[確認/変更]を押します。

    [確認/変更]を押します
     
  2. ユーザー用紙に付ける名称を入力し、[決定]を押します。

    [決定]を押します
     
    補足
    • [A4 普通紙]など、内容が分かりやすい名称にすることを推奨します。

 

2. 用紙種類

用紙の種類を設定します。

  1. [用紙種類]を選んで、[確認/変更]を押します。

    [確認/変更]を押します
     
  2. トレイにセットした用紙と同じ[用紙種類]を選んで、[閉じる]を押します。

    [閉じる]を押します
     

3. アライメント補正

用紙にプリントする出力イメージの、斜行度、直角度(菱形変形)、倍率、印字位置の補正を行います。

  1. [アライメント補正]を選んで、[確認/変更]を押します。

    [確認/変更]を押します
     
  2. [アライメント補正]タイプを選んで、[閉じる]を押します。

    [閉じる]を押します
     
参照

 

4. エアアシスト調整

エアアシストとは、用紙の重送や紙詰まリを防ぐため、用紙を給紙するときに空気を送り込む機能です。[自動]、[有効]、[無効]のどれかを選びます。[自動]を選んだ場合は、用紙種類や用紙質量に応じて、エアアシスト量が自動的に調整されます。

  1. [エアアシスト調整]を選んで、[確認/変更]を押します。

    [確認/変更]を押します
     
  2. [自動]、[有効]、[無効]から選んで、[閉じる]を押します。

    [閉じる]を押します
     

5. 転写出力調整

トナー画像が用紙に最適な状態で転写されない場合に、ユーザー用紙に最適な転写電流を設定できます。

  1. [転写出力調整]を選んで、[確認/変更]を押します。

    [確認/変更]を押します
     
  2. 転写出力調整を行い、[閉じる]を押します。

    [閉じる]を押します
     
参照

詳しくは、転写出力調整用のサンプル出力方法を参照してください。

 

6. レジループ量調整

プレレジフィードの補正量を、-6.0~3.0mmの範囲で、0.3mm単位に設定できます。

  1. [レジループ量調整]を選んで、[確認/変更]を押します。

    [確認/変更]を押します
     
  2. レジループ量を調整し、[閉じる]を押します。

    [閉じる]を押します
     

7. 紙折り位置の調整

紙折りまたは製本して出力する場合に、紙折り位置を調整できます。

  1. [紙折り位置調整]を選んで、[確認/変更]を押します。

    [確認/変更]を押します
     
  2. 紙折り位置調整を行い、[閉じる]を押します。

    [閉じる]を押します
     
参照

詳しくは、紙折り位置調整を参照してください。

 

8. 用紙端の転写出力調整

用紙の先端または後端だけに転写不良による色むらが発生する場合、転写ユニット内の転写ロールの電流比を調整すると、転写不良が改善することがあります。転写出力調整を行っても、転写不良が改善しない場合に行います。

  1. [用紙端の転写出力調整]を選んで、[確認/変更]を押します。

    [確認/変更]を押します
     
  2. 先端、後端、後端側1段目、後端側2段目の調整値を設定し、[閉じる]を押します。

    [閉じる]を押します
     

9. 用紙搬送速度調整

厚紙やうす紙を使用しているときに、特定箇所に濃度むらが発生する場合、用紙搬送速度を調整すると改善することがあります。

  1. [用紙搬送速度調整]を選んで、[確認/変更]を押します。

    [確認/変更]を押します
     
  2. 定着速度、レジ速度の調整値を設定し、[閉じる]を押します。

    [閉じる]を押します
     

10. 定着温度の調整

特殊な用紙を使用している場合、トナーが用紙から剥がれることがあります。定着器の温度を上げると、トナー剥がれが改善することがあります。温度は-10℃~10℃の範囲で、1℃単位に設定できます。

注記
  • 設定する前に、必ず弊社の営業担当者にお問い合わせください。

  1. [定着温度の調整]を選んで、[確認/変更]を押します。

    [確認/変更]を押します
     
  2. [▲][▼]ボタンで定着温度を調整し、[閉じる]を押します。

    [閉じる]を押します
     

11. 転写荷重調整

使用する用紙に合わせて転写圧力を調整し、適切な画質で出力します。

  1. [転写荷重調整]を選んで、[確認/変更]を押します。

    [確認/変更]を押します
     
  2. [自動]、[サンプル番号指定]から選んで、[閉じる]を押します。

    [閉じる]を押します
     

確認プリント手順

  1. [確認プリント]を押します。

    [確認プリント]を押します
     
  2. [用紙選択]で用紙をセットしたトレイを選んで、[両面/片面][枚数]を設定します。

    [枚数]を設定します
     
  3. <スタート>ボタンを押すと確認用のサンプルが出力されます。

    補足
    • 出力したサンプルを確認して、補正値を調整します。

 

用紙トレイの設定変更

登録したユーザー用紙は、用紙トレイに割り当てることができます。
用紙トレイの設定変更を行います。

 

Print Serverの用紙設定

「用紙トレイの設定変更」が完了したら、登録したユーザー用紙をPrint Serverに設定します。
詳しくは、GX Print Serverユーザーズガイド-ジョブプロパティ編を参照してください。

  1. ジョブプロパティの[用紙]>[詳細設定]をクリックします。

    [詳細設定]をクリックします
     
    • 用紙トレイの自動選択

    [用紙]>[給紙方法]が[自動選択]の場合、ここで設定されている項目と設定が一致する用紙トレイから給紙されます。

  2. [編集]をクリックして、[用紙種類]で登録したユーザー用紙を選びます。

    参照

    詳しくは、GX Print Serverユーザーズガイド - ジョブプロパティ編の「4 用紙」を参照してください。

 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答