富士フイルムビジネスイノベーション

折り目の位置調整‐天地断裁、折り目の領域(天地トリマークリーサーD2装着時)

コンテンツID(3510)

概要

中とじ製本時、冊子が開いて排出しないように、折り位置の上下に折り目を設定します。
[外三つ折り]、[内三つ折り]、[二つ折り]、[観音折り]、[巻四つ折り]、[蛇腹3 本折り]、[蛇腹4 本折り]、[蛇腹5 本折り]から選びます。

天地断裁、折り目の領域

天地断裁、折り目の領域

(*) 用紙先端から45 mm 未満の場合は、プリントできません。
 また、用紙先端から62 mm 以下の場合は、用紙走行性を保証していません。

注記
  • 中とじ/中折り以外の場合、用紙坪量が157g/㎡以上の用紙に折り目をつけられます。
    用紙坪量が156g/㎡以下の用紙にも折り目の設定はできますが、折り性能(折り目の位置で手折りが行えること)は保証されません。
  • 中とじ製本時は、用紙坪量が60~350g/㎡の用紙に折り目がつけられます。
補足
  • 7mm以下の天地断裁では、用紙の断裁面に傷がつくことがあります。
  • よこ279mm未満、または450mm以上の場合、折り目は3本までになります。
  • 折り増し時に紙しわが発生するときは、[折り目の圧力]を弱くしてください。
  • 断裁後に放置すると、吸湿により用紙が伸びます。吸湿の程度は、用紙ごと(用紙銘柄、用紙質量、合紙や表紙と本文、など)に異なるため、同じ寸法で断裁しても、用紙をそろえたときの断面がずれることがあります。
 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答