日本

Luxel PLATESETTER

NEW

富士フイルム製CTPプレートとの組み合わせで、高い生産性と優れた描画性能、環境負荷低減を実現し、印刷ビジネスの付加価値向上に貢献しています。

機能・特長

菊半33版/時の高生産性

露光光源に、『T-9500シリーズ』で実績のある「ファイバー系レーザーダイオード」を採用。64チャンネル化により、安定した描画性能と同時に、露光の大幅な高速化を実現しました。この進化した光学系と、「高速回転ドラム」「高精度クランプ」「真空吸着システム」といった駆動系との相乗効果により、「菊半33版/時」(T-6500Xの場合)の出力スピードを達成しています。

さらに向上した露光安定性

新光源は、露光ビームの縦横対称性により、細線部の縦線と横線のバランスに優れ、忠実な網点描画が可能。従来機に比べ、露光品質・安定性が大きく向上しました。

快適な作業性

新設計の筐体の採用により、操作性・搬送性が一段と向上。快適な作業環境を実現します。

①手差し時のカバー開閉が不要に
「スライド式本体カバー」の採用により、手差し挿入・排出時のカバーの開閉が不要になりました。

②搬送安定性が向上
本体内部の搬送機構の見直しにより、さらに安定した出力が可能になりました。

③省スペース化
従来は外付けであったブロアユニットを内蔵。また、自動現像機との接続に使用する外付けコンベアが不要になり、オプションのビルトインブリッジが選択可能です。

幅広く使える柔軟性

プレートサイズは、最大830×660mmから最小324×330mmまで、さらにオプションで270×278mmまでの小サイズに対応。幅広い用途で柔軟に活用できます。

磨きがかかった高精細適性

露光光源の刷新により、高精細スクリーニング適性も大幅にアップ。富士フイルム独自の高精細スクリーニング『Co-Re SCREENING』や、連続調写真のような再現性・高彩度をもたらすFMスクリーニング『TAFFETA』との組み合わせで、高精細ニーズへの対応が可能になります。また、これらのスクリーニングを使用することで、印刷時のインキ使用量を削減することも可能です。

万全の環境性

Eco-modeにより、待機時の消費電力を大幅に抑えることができます。また、『SUPERIAシリーズ』のサーマルプレートや自動現像機との組み合わせにより、現像液使用量・廃液量の削減が可能。完全無処理プレート『SUPERIA ZP』にも対応しているため、「廃液ゼロ」も実現でき、より高次元な環境負荷削減・コストダウンが図れます。

モデル 通常待機時 Eco-mode時 電力削減率
T-6500CTP X 470W 80W 83.0%
T-6500CTP S 350W 70W 80.0%
T-6500CTP E 270W 70W 74.1%