日本

Luxel PLATESETTER

NEW

富士フイルム製CTPプレートとの組み合わせで、高い生産性と優れた描画性能、環境負荷低減を実現し、印刷ビジネスの付加価値向上に貢献しています。

機能・特長

高生産性

最高「70版/時」の超高速出力

制御基板を一新し、最新のGLV露光ヘッドを搭載。1,024chヘッドの最速モデル『Luxel PLATESETTER T-9800HDN-X』では、最高70版/時(2400dpi、1,030×800mmサイズ露光時)の圧倒的な高速出力を実現しました。瞬発力が求められる小ロット・超短納期のお仕事もスピーディにこなせます。プレートサイズは、最小304×305mmから最大1,165×950mmまで幅広く対応します。

効率的で安定した連続運転が可能

操作性に優れたオートローダーを接続することで、露光中のプレート供給や、長時間連続運転が可能になり、いっそうの生産効率向上が図れます。また、CTPの稼働状況の確認や各種設定・操作を、遠隔地のPCからWebブラウザ経由で行なう「リモートモニタリング」が可能。運用形態に合わせた、より効率的な出力管理が可能となり、CTP稼働の安定化が図れます。

環境性

完全無処理プレートに対応

『Luxel PLATESETTER T-9800HDN』シリーズ全機種で、完全無処理CTPプレートの露光が可能。アルカリ現像やガム洗浄などの処理工程が一切不要となり、「省材料・省工数・省エネルギー・省排出・省ウォーター」に寄与する“究極の省資源CTPシステム”が実現します。

消費電力を大幅に低減

運転時の消費電力低減を追求するとともに、非動作時の消費電力を約88%*1抑える「省エネルギーモード」を搭載し、大幅な省エネ化を実現しました。また、RoHS指令に準拠した低環境負荷設計を採用しています。

  • *1 T-9800HDN-ZとT-9800NHXとの比較。いずれもマルチカセットオートローダー接続時の数値です。
    設置環境により数値は変動します。消費電力の削減を保証するものではありません。

高付加価値

高精細ニーズに応えるシャープな網点再現

最新のGLV技術を応用した露光ヘッドの搭載により、キレのよいシャープな網点品質を実現。富士フイルム独自のスクリーニングテクノロジー『Co-Re SCREENING』や、ザラツキ感のない連続調写真のような再現性を実現する新世代FMスクリーニング『TAFFETA』との組み合わせにより、高い生産性を保ちながら高精細印刷が可能になります。

レンチキュラーモードを標準搭載*2

スパイラル描画補正によるピクセルシフトを解消する出力モードを搭載。レンチキュラーレンズとの干渉モアレ解消や、精密なバーコードなどの直線描画にも対応できます。

  • *2 Xモデル(2400dpi)の場合。E/Sモデルは工場オプションが必要。