日本

スクリーニング

NEW

高精細な画像品質と刷りやすさを高いレベルで両立したスクリーニングです。

「滑らかさ」と「刷りやすさ」を実現

視覚特性を用いた高度なシミュレーションを実施し、人の目に最も滑らかに感じられるドットパターンを選択していく、富士フイルム独自の「ザラツキ最適化アルゴリズム」によって、従来までのFMスクリーニングが苦手としていた「人物や風景」などの描写においても、ムラやザラツキ感を抑えた、極めて高品位な画像再現を実現しています。また、もう一つの独自技術「ドットパターン最適化アルゴリズム」を組み合わせることで、FMスクリーニングの重要課題「滑らかさ」と「刷りやすさ」をバランスよく同時に解消することができます。もちろん、「ロゼッタパターンのない連続調写真のような印刷仕上がり」、「高精細印刷効果で彩度が向上」、「モアレが発生しにくい」など、FMスクリーニングのアドバンテージはすべて継承しています。

抜群の印刷適正

周囲長が短く、形そのものが滑らかで、デジタルデータ上と印刷後の形状差が少ないTAFFETAのドットパターンが、全濃度域にわたって抜群の印刷適性を発揮。より安定したFMスクリーニング印刷が可能になります。

対応機種も拡大

TAFFETA20/25/30とラインアップがそろい、富士フイルムの全サーマルCTPセッターに搭載可能となりました。