日本

FUJIFILM WORKFLOW XMF

NEW

「Adobe PDF Print Engine」を採用した次世代ハイブリッドワークフローシステム。システム内にジョブ管理やCMS、面付けエンジンなどを統合し、デジタル印刷機とオフセット印刷機の効率的な一元管理が実現します。

「Remote活用」で、管理体制が変わる
「働き方改革」で、「労働生産性」が高まる

「XMF」は、「見える化」と「働き方改革」による収益改善をサポートする統合力を持つ、ワークフローシステムです。2007年の発売開始以来、国内2000台、ワールドワイドで7000台の導入実績を持っています。「XMF」にすべてのジョブを登録しておけば、Webポータル『XMF Remote』によって誰でも・いつでも・どこからでも簡単に、進捗状況をはじめとするさまざま情報を正確に把握できることができ、「時間コスト」を含めた統合管理が可能です。的確な「時間コスト」の管理によって、「いかに労働生産性を高められるか」が「強い会社づくり」の最重要課題となります。 XMFには、労働生産性アップの鍵となる、次のことを同時に実現できる力があります。

  • 付加価値の高い商品を提供する
  • 仕事の効率を高める
  • 無駄な作業をなくす
  • 商品の不良、資材のロスを追放する

XMFならではの「課題解決力」とは?

世の中にワークフローシステムはいくつもありますが、「XMF」が明らかに他システムをリードしているのは、「課題解決力」のスケールの大きさ、そして現場での実績、成功事例の豊富さです。とくにWebポータル『XMF Remote』の活用による「経営改善」の効果に対し、国内外の導入先のお客様から多くの評価をいただいています。「入稿」から「制作・校正・検版・進捗確認・刷版」にいたるまで、印刷物の製作に関わっている「クライアント」から「印刷会社の営業・工務、DTP・刷版オペレーター」まで、すべての皆さまの“困りごと”を、「XMF」は、定評ある高度な機能を組み合わせ、次々と解決していきます。