日本

枚葉型インクジェットデジタルプレス
Jet Press 750S

NEW

Jet Press 750S の主な仕様

印刷速度

3600枚 / 時±5%

ヘッドモジュール

Sambaテクノロジーヘッド

装置サイズ

本体サイズ: L 7.30m × W 2.65m × H 2.06m / 設置面積: 10m × 5.2m

最大印刷用紙サイズ

750mm × 585mm

  • * 用紙サイズは4パターンに限定

用紙厚

片面: 0.07~0.34mm、両面 0.105~0.34mm

印刷品質

画質: オフセット印刷同等以上

専用ハーフトーン(FM)

ILS

検知バーによるリアルタイムスジ補正

オプション

  1. バリアブルオプション
  2. 自動スジ検知(画像部全面スキャンによる検知機能)
  3. 3.タブレット遠隔操作UI
  4. 厚紙通紙(0.2〜0.6mm)対応

先進的機構

Jet Press 750S は、高い信頼性を持つ用紙搬送機構、熱効率に優れた新乾燥機構をはじめ、卓越した画像品質、両面バリアブル出力対応、スキルレス化を実現する優れた操作性、ダウンタイムを最小限に抑える安定性などにより、戦略的かつ効率的な活用を可能にします。

1. 給紙機構

オフセット枚葉印刷機と共通の給紙機構が、高精度な用紙送りと安定稼働を実現します。

2. バーコード読み取りによる両面バリアブル出力

各用紙の先刷り面にバーコードを印字。後刷り面の印刷時にこのバーコードを読み取り、先刷り面に合致したデータを瞬時に転送します。

3. プレコンディショナー塗布

アニロックスローラー機構を採用したプレコンディショナー塗布ユニットでは、高速凝集剤であるプレコンディショナーを極めて薄く塗布。水性顔料インクとプレコンディショナーの反応により、非常にシャープなドットを形成することが可能です。

4. SAMBAプリントヘッド

用紙がジェッティングシリンダーに送られると、グリッパーとバキュームで固定。4色のSAMBAプリントヘッドがシングルパス方式で打滴を行ないます。独自の吸着胴システムが、出力安定性の向上に大きく寄与しています。

5. ノズル補正

すべての用紙をインラインセンサー(ILS)で検知し、必要に応じてノズル補正をリアルタイムで行ないます。このシステムはプリントヘッドの直後に配置されており、補正を素早く反映します。

6. 用紙乾燥

吸着コンベアに用紙を密着させ、直接熱を与えることで、効率よく確実に乾燥を行ないます。

7. 用紙冷却

排紙前には、用紙温度とインクの乾燥性を最適化するため、ファンで冷却を行ないます。

8. 排紙機構

印刷された用紙は、オフセット印刷機と同じ排紙機構によって積み上げられます。

大容量・高速データサーバ

出力と並行してバリアブルデータの転送が可能。3,600枚/時の生産性を維持しながら効率的なバリアブル出力が行なえます。