日本

Acuity Select Series

NEW

ライトシアン・ライトマゼンタインクの使用で、写真レベルの高画質を実現。メディア取り扱い性能が高く、幅広いメディアにプリントが可能。

圧倒的に美しい印刷品質

  • 必要に応じて7段階のドットサイズを使い分ける「バリアドット方式」のヘッドと、「FUJIFILM Inkjet Technology」で独自開発した専用インクの組み合わせで、美しく滑らかな色調を実現。写真レベルの高画質を提供します。
  • 専用インクにはライトシアン・ライトマゼンタの2色が含まれ、写真やイラストなどのハイライトから中間部で、非常に優れた粒状感と階調再現を実現しています。

20%マゼンタの例
7段階サイズのドットを打ち分けることで階調を表現。インク消費量は4色固定ドット並みながら、ザラつきのない滑らかな色調表現が可能です。

7段階可変ドット

FUJIFILM Speciality Ink Systems社製
UVインクを採用

メンテナンスが簡単

オートメンテナンスシステムの搭載*1 により、ヘッドクリーニングを自動で行えます。

  • *1 「Acuity Select 20」シリーズではオプションとなります。

幅広い用途・目的に柔軟に対応

  • カラーチャンネルは6チャンネルと8チャンネルの2種類を用意。フラットベッドも標準(2.5×1.25m)と2倍(2.5×3.08m)の2サイズをそろえています。
  • 「 Acuity Select HS 30」シリーズでは、最大57.6m2/時にも上る高い生産性を実現。短納期の仕事にも確実に対応できます。
  • ロールメディアオプション(別売)の導入により、ロール、シート、リジッドの各メディアに出力可能なハイブリッド機として運用できます。

フラットベッド方式

ロールtoロール方式(オプション)

多種多様なメディアが使える

大型レジスタピン機構と6つのバキュームゾーンで、優れたメディアハンドリング性能を実現。また、バキュームシステムの強い吸引力と、ランプシステムからの赤外線大幅カットにより、メディアの浮き発生も防止。厚さ50.8mmまでの多種多様な素材のシートとリジッドメディアに対応できます。

独自のインクジェット技術「FUJIFILM Inkjet Technology」

インクジェット技術は、「ヘッド」「インク」「画像処理」の3領域で構成されています。富士フイルムグループは、各領域で世界トップクラスの技術と商品を有しているほか、3領域を連携・統合したインクジェット・システムにおいても高い技術力・商品力を保持。インクジェットの可能性を広げ、さまざまな産業分野でイノベーションをリードしています。

  • * 本商品に適用されているFUJIFILM Inkjet Technology:UV硬化型インク

インクを使い分けることで多様な製作が可能に

  特長 色種 密着性 光沢感 色再現 柔軟性
Uvijet KO(標準) ライト系インクを新たに加え、更なる高画質を実現した標準インク CMYK Lc Lm W
Uvijet KN(柔軟・高密着) 優れた密着性、ライト系インクとクリアインクを取り揃えた万能インク CMYK Lc Lm WⅤ