日本

工場設備保全

人材育成

NEW

経験豊富な講師と充実した施設、教材で、実戦的な教育をご提供します。

オペレーターの自主保全教育

自主保全とは生産システムの効率を高めるために、設備を運転するオペレーター自身が行う活動です。自分の設備は自分で守ることが出来る、設備に強いオペレーター作りを展開しています。

教育コース

自主保全の基礎・実践コース 自主保全に必要な汎用的な設備の構造・原理から学びます。また、実習で体感しながら理解を深め、異常発見に必要な判断や処置方法も習得します。(ご要望に応じて、基礎的な機械・電気の講習・実習も含めたカスタマイズ教育の対応も致します)
 
1日〜
自主保全士養成・基礎技能コース(1・2級)* 自主保全士の検定試験「傾向と対策」教本を基に基礎講習・実技講習会で自主保全で必要な基礎を学び、過去の問題を解説しながら理解を深め習得します。
(オリエンテーション1回、基礎講習会2回、実技講習会1回)
8時間/
各講習

* 日本プラントメンテナンス協会が認定する資格

お問い合わせ

下記または当社営業担当までお願いいたします。