日本

ガス分離膜

NEW

水や不純物存在下でも使用可能なガス分離膜 

  Apura™-1.5XF, 2.0C Apura™-FG
使用可能圧力範囲 ~ 83 bar (~ 8300 kPa)
使用可能温度範囲 ~ 60℃
分離対象 CO2, H2S, H2O Ethanes+, H2S, H2O
性能安定性 炭化水素、BTX(芳香族化合物)、飽和水蒸気を含むガスに対し高耐久性
経時による低フラックス低下
低可塑化
特徴 交換/メンテナンス頻度が低い
プロセス/設置面積が少ない
化学薬品・溶剤の不使用
ドライビングフォースが圧力差のため、エネルギー消費が少ない
稼動部品がない
オフグリッド/スタンドアローン操作が可能
ハイブリッドシステム化が可能
立ち上げ/立ち下げが非常に速い
顧客価値・効果 ガス処理設備のCAPEX/OPEX低減
生産性向上
プラント収益の向上
  燃料の品質向上・エンジンの長寿命化
環境影響 化学薬品不使用・安全性向上
メタン・CO2排出量の低減 VOC排出量の低減
アプリケーション 新規/既存ガス田の開発促進
遠隔地にアクセス可能 (沖合・砂漠・寒冷地)
さまざまな供給ガスに使用可能 (高濃度CO2,不純物含有等)
適用例
  • 坑口天然ガス調整 (Onshore/Offshore)
  • パイプライン調整
  • 酸性ガス除去
  • Enhanced Oil Recovery (EOR)
  • バイオガス・LFGの精製
  • ガスエンジン・ガスタービン用燃料ガス調整
  • VOC(揮発性有機化合物)除去
  • 合成ガス用途