日本

開発用途向け産業用インクジェットプリンター

マテリアルプリンターDMP-2850

NEW

多分野での研究開発に最適の研究開発用途向けインクジェットプリンター。

インクジェット開発にさらなるイノベーションを。

世界中の研究機関へ多数の導入実績を誇り、2012年には「プリンタブルエレクトロニクス大賞」を受賞している『マテリアルプリンター』。フラットパネルディスプレイ、各種電池、3Dプリントなどのさまざまな分野で、広く活用いただいています。富士フイルム独自のインクジェット技術『FUJIFILM Inkjet Technology』(FIT)により、R&Dシーンが求める高水準の汎用性・操作性・経済性を兼備。この、世界に認められた信頼のマテリアルプリンターが、最先端開発のさらなるイノベーションを強力にサポートします。

使用分野

ディスプレイ エレクトロニクス ライフサイエンス 3Dプリント ケミカル グラフィック 光学 太陽電池/燃料電池
プリント可能素材
プラスチック・ガラス・金属シート・シリコン・細胞膜・ゲル・薄膜・紙など

オールインワン開発用途インクジェットプリンター

インクジェットの開発に必要な「吐出観察カメラ」、「基材観察カメラ」、「吐出波形エディター」を搭載。
吐出調整から描画までの一貫作業が可能。

迅速で効率的な液交換(マテリアルカートリッジ)

  • 専用の使いきりカートリッジに対応。
  • 液の交換はカートリッジを入れ替えるだけ。
  • ヘッドの洗浄も不要。
  • 必要な液量は数mL程度。
  • 多種の高価な液を、無駄なく簡単にテスト可能。

多種の液に対応

  • 溶剤系・UV系・水系の広範な種類の液に適合。
  • 最高70℃までの液温加熱で、より高粘度の液にも対応。